teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


無明

 投稿者:かず  投稿日:2006年 9月21日(木)00時58分17秒
  信用創造と多重債務は,言葉は違うが,構造は似ていないか?  
 

資本主義的共産主義

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月31日(木)15時50分53秒
  都会的な場所から。

なるほど。欲しいだけ貰える、というのは理想状態だね。俺が求めているのも、自らのリズムに則って勉強し続けたい、ということなので(つまり、古代ギリシアの哲学者)、O氏はそれを実現している、と言える。

共産主義は不勉強であるのでなんとも言えないが、多分、彼らが否定しなければならない理想状態がO氏のそれなんだろうと思う。
O氏は資本を独占し、労働力を買い、その分配を得ている。労働者を搾取しているからこそ、その理想状態があるのだ。てな具合に。
誰も搾取されることのない理想状態、を共産主義は目指しているのだろう。
ただ、搾取されるのが好きな人、ってのもいるんじゃないかと俺は思ってる。
例えば、両手を机の上で組むSPC・M氏は、なぜO氏を目指さないのか。なぜ労働し続けるのか。
新橋のサラリーマンは、なぜ資産を得ようとしないのか。
なんとはない予想だが、たとえ「金持ち父さん」を読んでもO氏に会っても、資産の花園に目を向けない人は、「しがないサラリーマン」「あくせく働く人々」というものに、聖性を認めているんじゃないか。つまり、一生懸命働くことは、いいことだ。俺らは、いい者、金持ち、わる者。正直者は、馬鹿を見る。そんな、俺らは、すてきだ。
貧乏人の自己肯定である。
俺は、貧乏が苦しい。働くことが本当につらいからである。
やむなく、資産へ向かわねば、破綻してしまう。
だから、人それぞれ、向かうべき場所は決まっていて、それを「共産主義が正しいからこうしよう」「いや資本主義が正しい」というのは、無駄なのかな、と思った。
あと五年で資産のつぼみをいくつか手に入れたいものだ。
 

生活費が気にならない生活

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月31日(木)12時12分2秒
  O氏は,生活費くらいの金額の大きさだと,金額の大小は気にならないということ
だったと思うが,そうすると,「ものに値段がない」あるいは「無償で物品をほしいだけ
もらえる」という感覚になると思うが,これは共産主義の理想状態に近いのでは
ないか?
資本主義のなかで,共産主義のとなえる状況が局所的には生じているということなのか,
と思いました.
 

すばらしいおれ2

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月30日(水)22時49分10秒
  「ひとつひとつの事実にそれぞれの意味があると考える」というのは,
「いかなる俗事に携ろうとも、それを汝の内省する機会として取
 上げよ。 」と通じるところがあるのではないかと思った.

「ボヴァリー夫人、それは私だ」
知らない.と,ここでwikipediaを見た.解.

きょうも銭湯に行ってきた.かえるの置物があった.
おれが,もしだれかといっしょにふろに入ってたら,おそらく
「これ,生きてんのかなぁ?」と投げかける.
禅の問答っぽくて,おれってえらいと思った.
 

影は見えるか?

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月29日(火)22時33分14秒
  いや、見えんな。
見えないものを警告するのは滑稽であるが、なんというのか、転ばぬ先の杖というか、なんとはない心配である。あるいはこの不安こそ、我が無意識に巣食った影を君に投影しているだけかもしれぬ。心理学は不可解だ。
瞬間的に思索するというのは、記述してしまうと別にとりとめのないことではあるが、まあ、気づく前に考えるということだ。当たり前の話のように思うかもしれないが、俺はそうは思わぬ。
普通の人は、考える前に惰性で神経を動かしておる。そんな気がする。
ゆえに常識が大事なのであり(常識とはもはや思索されない概念の化石である)、慣習に安住するのであり、まさかひとつひとつの事実にそれぞれの意味があるとは思っておらぬ。
「ひとつひとつの事実にそれぞれの意味」があるかどうか、まだ証明されていない問題ではある。だが、証明されていない、というだけでは止められぬ思索の自動性、いわば思索に肉体を引っ張られているような、大型犬を散歩させているようで散歩させられているような、そんな感じ。
まあ、それは俺のことなのかもしれないな。
だとしたら、先の投稿文章は、すべて俺のことを書いていたことになる。
まあフローベールも言っている。
「ボヴァリー夫人、それは私だ」
 

すばらしいおれ

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月29日(火)22時10分1秒
  瞬間的に思索をするおれってかっこいいなぁ.でも,どういうこと?
わからない.
たしかに,信じるという意思があるので,その意思がないと信じない部分があるかな?
きのう,一日家にいて,きょうも家にいたかったので,いた.
論文は進んでないけど,幸せです.
影にはまったく気づいてません.
見えますか?
 

信仰の付従性

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月28日(月)22時42分51秒
  文脈というのは面白いですな。
なるほど。
君に対する警告とも批評ともとれる。
答えはどちらでもない。
信じるということへの、一般的なお喋りであった。
僕はまだ信仰がわからぬので、暫定的な「信仰にたいする予感」というか、「信仰かくありや?」というくらいの意味しかない。
いずれにしても、創価学会的な信仰は君には持てないだろうと思う。
持つにはあまりに学問をしてしまったし(オウム真理教の幹部は博士等、高学歴が多いが、僕の言う学問は彼らの学問と違う)、瞬間的に思索をしすぎるし、何よりも賢い。
それがよいかわからんが、俺はよいと思っておる。
君の意識として、何も疑ってはいないのかもしれないが、「ぼくは、自分を信じきる」と言明するためには「疑い」がなければならず(疑いという雲がなければ信じるという太陽もない、と僕は思っている。これを民法的に、信仰の付従性と名づける)、例えば男なければ「女らしく」という形容もないのと同じである。
強い信仰があればあるほど、その信仰者の疑いは激しいと思う。それが無意識であれ。

もし君に警告があるとすれば、その強い信仰ゆえ、背中に映えた黒い影に気をつけろ、ということだ。君が輝けば輝くほど、君の背中は黒くなる。影に押しつぶされてはならぬ。

これは僕にも言える。
まあ、的外れかもしれないが、とりあえずここまで。
 

信仰

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月28日(月)22時11分43秒
  「信じきってまた疑う。
  それを繰り返して倦まぬこと。
  それが信仰であって、疑いのない信仰はただの狂信であり、
  統一教会であり、創価学会である。」
これは,「ぼくは,自分を信じきる.」ということに対して,
それは狂信であると言っているのか?
「ぼくは,自分を信じきる.」ということに対する警告なのか?
どうなんでしょう?もしくはさとるの信仰について書いただけなのか?
 

信仰

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月22日(火)23時06分32秒
  信じきってまた疑う。
それを繰り返して倦まぬこと。
それが信仰であって、疑いのない信仰はただの狂信であり、統一教会であり、創価学会である。
見よ。
いかれた信仰者は、すべて深く疑っていたということを。
イエスしかり、時宗しかり。
おそらく禅師が僕を惹きつけるのは、その不完全な信仰の形である。
みな、どうも、片手落ちのようであるが、しかし、信じている。情熱的である。そして、間違える。それでもまた、禅問答をやってしまうのだ。
この不可解な持続が信仰であり、人生の真髄であり、そして、笑いなのだ。
憂鬱たれ。
そしてまた、信じることができるか。
 

年金対策はワンルームマンション経営で!

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月22日(火)21時53分4秒
  http://www.nihonzebio.com/  

O Wonderful

 投稿者:かず  投稿日:2006年 8月22日(火)21時39分30秒
  O Wonderful,Wonderful
ぼくは,自分を信じきる.
 

資本論

 投稿者:時宗  投稿日:2006年 8月22日(火)21時19分0秒
  資本論の第一巻は,文庫版の3巻くらいまであった.
量が多くてたまらん.でも,第1章は商品についてだが,
おもしろそう.
 

大拙、臨終の言葉

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月21日(月)22時29分33秒
  秘書'What would you like something?'
大拙'No,nothing,thank you.'

最後の言葉は、Englishであった。
たまたまにしては、禅に溢れた言葉だ。
腸閉塞にて死去。
南無。
 

妙ということ

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月21日(月)22時27分5秒
  O wonderful, wonderful, and most wonderful wonderful! and yet again wonderful…  

発表!

 投稿者:時宗  投稿日:2006年 8月 2日(水)00時05分12秒
  今日,学生20人,菱田先生ともう一人先生の前で,
発表してきました.
発表内容は以下のページにおいてあるので,
ひまなときに見てみてください.
http://home.att.ne.jp/theta/kazu/
 

「はい,見えます」

 投稿者:時宗  投稿日:2006年 8月 1日(火)23時44分47秒
  たいへんよい.
Iさん,すばらしい.
利息返済前の利益を12で割ったり,利回りを計算したりしているが,
これはなにか意味があるのか?
と思ったが,640万円全部equityだったら,この金額になるのだな.
数字に間違いはない.
リスクとしては,どのようなことが考えられますか?

> その利率で借りるために、僕が法人である必要はないという。
> その際、別に目星の物件が見つかっていなくてもよいそうだ。
よし.
 

(無題)

 投稿者:大拙  投稿日:2006年 8月 1日(火)20時52分32秒
  なかなかエキサイティングだったから、書く。
不動産経営の話。
この前話した640万円の物件は、Iさん(17歳の娘さんがいる事務員)が勝手に見つけてきたそうだ。
ネットだの、不動産屋だの、ふつーに転がっている物件である。
しかし僕の思い違いがあって、あれは青山の物件ではなく、池尻大橋の物件であった。

やたらに不動産経営に興味があるのに気づいたらしく、Oさんが資金の作り方について相談に
乗ってくれた。
やはり銀行からの借り入れである。Oさんは、銀行金利は2%だという。高くて3%。その利率で
借りるために、僕が法人である必要はないという。
銀行がダメでも信用金庫がある。やはり3%くらいだそうだ。
Oさんが覚えていてくれたら、軽く、信用金庫の人に僕を紹介してくれるそうだ。最近、頭が
あまり働かないOさんが覚えていているか、微妙であるが、しつこくない程度にせっつくつもり
である。やはり、飛び込むでいくより、紹介のほうが金を借りられるだろう。その際、別に
目星の物件が見つかっていなくてもよいそうだ。
計算してみよう。
640万を借りる。利率は3%。年間利息は192000円。
640万の部屋を月60000円で貸す。そのうち10000円は管理費として支出する。利益は50000×12
で年間60万。固定資産税がおよそ年間7,8万。故に利息返済前の利益は52万円。月に43000円。
利益52万÷負債640万=利回り8%
利息返済後は52万-19万=33万円。月に27500円。
33万÷負債640万=利回り5%

そして数年後、キャピタルゲインが生まれたところで売却、キャッシュフローを得て、また
再投資する。
ある一定のラインを超えたところで、自動的に、何もせず、雪だるま式に資金が増えていく。
何か、数字に間違いがあるだろうか。
一緒に投資しようぜ。

「君に、あの不動産の価値が見えますか」
「はい、見えます」
「そこから入るがよい」
 

自由になる資金の発生額

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月13日(木)23時29分29秒
  > 自分の自由になる資金の発生額は,簡単に言えば,上がりのことだ.
言い間違えた.簡単に言えば,(上がり-(利息+経費))のことだ.
言い換えると,次の物件に固定することができる金額と言える.
 

追加

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月13日(木)23時18分20秒
  固定される資金額と支払わなければならない金額は異なる場合がある.
前例で,「利子を支払う前に上がりが入ってくる場合」と,
「利子を,上がりが入ってくる前に支払う場合」で,
支払わなければならない金額は同じだが,
固定される資金額は異なってくる.
 

利回り

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月13日(木)23時09分21秒
  自分の自由になる資金の発生額は,簡単に言えば,上がりのことだ.
固定されている資金額は,こちらのほうは少し難しい.
前回の話と同じだが,例えば10億の資金があったとしよう.
そして,物件購入代金20億の物件の話があったとする.
銀行金利は2%,上がりは2億とする.
15億借り入れできるとする.年間利息は3000万円となる.(元本は返済しないとする)
借入金はすべて物件購入代金に当てるとして,自己資金を5億円投入する.
すると物件購入代金に投入した5億円はまず固定される.
そして,利子を支払う前に上がりが入ってくるなら,
固定される金額は5億円となる.
逆に利子を,上がりが入ってくる前に支払うとすると
さらに,3000万円が運転資金として必要になってくる.
この1回目の利子を支払ったあとに上がりが入ってくるが,
そこからは2回目の利子用に3000万円を取っておかなければならない.
なので,3000万円は,じゅんぐりじゅんぐりで返ってこない.
その物件を売り払うまで.(または元本返済を終える.この例ではないのだけど)
なので,この3000万円は固定される金額となる.
ということで,金額だけじゃなく,支払いや受け取りの順番で,
固定される金額が変わってくる.
ということで,現金流,是大関心事となる.
 

授業

 投稿者:さーさ  投稿日:2006年 7月13日(木)22時04分7秒
  利回り=自分の自由になる資金の発生額/固定されている資金額とは?


 「よしキャバでも行くか」「よしいいね」という金額が年500万=自分の自由になる資金の発生額?
 必ず支払わなければならん金額が年1000万=固定されている資金額?

 とすると、500万÷1000万=利回り50%か?

 準ヤクザのM氏(O社長の近辺に現れる怪しい不動産屋)の持ってきた資料には、
利回りとして、収入(家賃)÷建物購入代金として表示されていた。この場合、
支払利息は考慮されていない。おそらく、その利回りと、支払利息のパーセンテージを
勘案して「いい物件」「悪い物件」を見分けるのだろう。

「キャッシュフローですぅ~」は、かなり重大な概念であるようだ。
つまり、「この物件は必ず将来、値上がりする。できたら持っていたい」という物件すら、
キャッシュフロー次第で手放さなくてはならぬようになる。みたいだ。まあ当たり前だが。
 だから、銀行の利息は重要であり、また、「繰越欠損金~」(般若心経より)が重要なのだ
そうだ。

 O氏は、素人の僕やIさん(ちょっとヘラヘラしてるときのある、元派遣社員の女性)に
物件のことを話しながら、自分自身の考えをまとめたり発展させていたりする。先日、久々に
事務所の方に顔を出したら、いきなりヘビーな物件話であった。素人の僕やIさんに話して、
その反応を見たいようであった。つまり、O氏も迷っている物件である(実はこの物件、下記に
記した土地代金25億円、云々である)
 で、そのついでにキャッシュフローのこと、なぜ繰越欠損金が重大かなど述べていた。
 授業である。
 それをなるべくそのまま君に伝える。細大漏らさず、とまでは行かないが、概説で理解は
できることと思う。
 俺が賢いだけでは足りないのだ。君が賢くなれば、俺も金持ちになれる。そんな確信がある。
 で、土地代金25億円の物件、O氏は頑張っている。
「こうやって、うーん、と悩んで(「物件買うべきか買わざるべきか?」)、うまく行けば、強くなる。うまく行かなかったら、もっと悩んじゃう(笑)。それで、うまくいったときの資金を
ですね、例えば駐車場の開業に回したり、レストランをやったりする。で、また今回のように
大きな儲け話がきたら、またうーんと悩む。こうして大きくなるんですね」
 簡単なことだが、この話し方、話す内容、完全に、僕を将来の「エグゼクティブ」「経営者」
と見ている。
 ありがたいことである。
 ま、私の欲望は不労所得1000万で止まるんだけどな。
 

願わくは不労所得

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月12日(水)23時22分36秒
  利回りに関して,自分の意見ができました.
利回り=自分の自由になる資金の発生額/固定されている資金額
かな.

借り入れ利息6700万は,私の考えでは分母に入れないと思ったのだが,
もし,上がりが上がってくる前にその利子を払わなければ
ならないとしたら,分母に入れて計算したほうが
現実に即していると思った.

「キャッシュフローですぅー。」
 

利回り

 投稿者:さーさ  投稿日:2006年 7月12日(水)22時25分55秒
  なるほど。
角度によって利回りの意味が変わってくるな。

とりあえず、今回の話しでは。
25億の土地。
+
建物建設費(ビルをその土地に建てるのだ)約6億。
+
諸経費約1億
+
借り入れ利息6700万
=
約33億

借り入れ利息の代金(6700万)を見ると、どうやら土地代金や建築費用に対する2%である。
ということは、すべて銀行から借りるとして、という計算である。
で、その建築されたビルからの収入は年間約2億2千万の予定。
利回りは、6,78%、と計算されていた。
つまり、2億2千万円÷33億円=約6%である。

南無阿弥陀仏
 

追加

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月12日(水)00時00分51秒
  利回りと言った場合,
物件自体の利回りを指すこともあると思います.
その場合は
> 1000万円の土地で、上がりが100万円(年)。
だけの情報から,10%となります.

さらに,
> 1000万円を銀行から2%で借りる。
という情報を付け加えて,利回り8%と言うこともあると思います.
 

利回り

 投稿者:かず  投稿日:2006年 7月11日(火)23時54分37秒
  O氏の話の中では,利回りは次のようである.
私の意見は,まだない.

利回り=(上がり-支払利息)/ 投資した自己資金
なので,

> 1000万円の土地で、上がりが100万円(年)。
> 1000万円を銀行から2%で借りる。年間利息20万円。
この例でいくと,利回り=(100-20)/0 で無限大です.

上記の例で,自己資金を200万円投入して,800万円借りる(金利2%)と
利回り=(100-16)/200=0.42=42%
となります.

金利が4%になると
利回り=(100-32)/200=0.34=34%
です.
 

利回り

 投稿者:さーさ  投稿日:2006年 7月11日(火)23時17分48秒
  1000万円の土地で、上がりが100万円(年)。
1000万円を銀行から2%で借りる。年間利息20万円。
この場合、利回りは100万円÷1020万円で、約9,8%、でよいのだろうか。

私はまだ確かに理解していない。
銀行利息が4%になったら大変である。が、その場合、
100万円÷1040万円で、利回り約9,6%であるか?
だったら、利回り0,2%しか変わりがないじゃないか。たいしたことない。
と思いきや、上がり100万円に対して考えると、20万円と40万円の利息の違いはでかい。
上がりに対して20%の利息返済額と、40%の利息返済額。まったく違う。

ちょっと教えてくれ、上記のこと。
いわゆる「利回り」で見ると、利息が数%増えることの重みがわからん。

何か重大なミスを僕は犯しているだろうか。
 

目標

 投稿者:さーさ  投稿日:2006年 6月29日(木)22時41分48秒
  気づかなかった。投稿者が時宗になっている。生まれ変わりではなく、時宗そのものになっているところが偉大だ。ちなみに、NHKの大河ドラマ「北条時宗」では、狂言の和泉元彌がやっていたみたいだな。最低な人選だ。
途中目標、40歳で不労所得1000万円には大賛成だ。俺もそう考えていた。緊迫した労働はせいぜい数年しかしたくない。というか、できんだろう。
社長、取締役、顧問、まあなんでもいいんだが、そういう役職についたら当然に役員報酬が入ってくる。役員賞与も入る。これも給与である。(ただし、法人税法上、役員賞与は会社の利益の配分と見なされ、損金に算入できないらしいが)
机の上で両手を組んで話すM氏(SPC、ノンリコースが大好きな人)のように、サラリーマンと同じ生活態度でしかないのに代表取締役、というのもいるが、俺としてはわざわざ会社をやるなら、ある程度貴族のように時間を使いながら、それでも給与が入ってきます、ということにしたい。
であるなら、まず収入は給与。使えるなら経費。やっぱりお金の入る口は、それぐらいじゃないか? 地主なら別だが。地主は個人であるにもかかわらず、不労所得が入ってくる。給与という形ですらなく。俺らは何らかの形で法人にならなければ、十分な不労所得は生まれないんじゃないか。地主のように、生まれによって不労所得が保障されていないのだ。
俺としては、不労所得1000万で経済的なゴールといっていい。
あとはいらん。
あとはそれこそ芸術的に阿弥陀的に生きたい。
早くそうならんことを。
 

不労所得

 投稿者:時宗  投稿日:2006年 6月28日(水)23時32分7秒
  途中目標,目指すは40歳で,不労所得1000万円でいいのかなぁ?
"所得"ってどうやって数字にするんだ?
給与もあるし,経費で使えちゃうところもあるし...
でも,その二つしかないかな?
...株買ったりするのは,会社のお金でやるだろうし...
 

般若心経

 投稿者:時宗  投稿日:2006年 6月21日(水)23時07分44秒
  きのう,きょうと般若心経,聞きまくり.mp3があります.
http://www.jodoji.com/jodoji/sounds.htm
鈴木さんからもらった三味線のやつも,聞いてます.
結構,お気に入り.
般若心経,楽しい.
 

書込み通知

 投稿者:かず  投稿日:2006年 5月31日(水)15時49分39秒
  書き込みがあったときに、メールでお知らせがくるサービスがあります。
投稿欄のすぐ下の「書込み通知」というところを
クリックすると手続きができます。
 

レンタル掲示板
/2