投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


感想 11月14日~11月16日ご投稿分(前半)

 投稿者:チーム「カロリーハーフ」前半担当(シルクブルー)メール  投稿日:2017年11月20日(月)22時03分14秒
編集済
  11/14~11/16日ご投稿分(前半)の感想です。
よろしくお願い致します。

●「写真集」 あさぎさん 11/14
「ささやき声が束になる」という一文が現実の世界と写真集の世界の区切りのような役目をしているのでしょうか。また、この一文から図書館の中の様子などが想像できました。
満員とはいえないまでも、空席は少ない。幾人もの人たちのささやき声がBGMのようにあふれている。その中で写真集に見入る「僕」。写真集の世界に入り込み、その世界を存分に感じ、激しい雨音で一瞬現実の世界に戻るものの、すぐに幻想の世界へ、そして最終的に僕の内的世界へすべてが飲み込まれる。
短編の幻想的な映画を見ているようでした。

●「i」 @すみっこさん 11/15
「僕」はすべてをその人のために捧げてもいいぐらい愛している人がいる。
けれど何か事情があって、その人とは離れていなければならない。迎えに行くこともできず、その人が自らの意志でこちらへ来るのを待っているしかない。
いつか結ばれることを希望しながら、生き続け、待ち続ける。
具体的な状況がわからないのですが、それは読み手の想像に任せるということでしょうか。
(タイトルの「i」は、「僕」ということでしょうか。読み解けなくて申し訳ないです)
狂おしいまでの愛・自らの無力さの自覚・切なさが感じられました。
(「僕」の純粋な心が個人的に好感がもてました)
 

くれ様

 投稿者:@すみっこ  投稿日:2017年11月20日(月)18時25分37秒
  今回投稿の「今日のデザート何にしよう?」にご批評、感想頂きありがとうございます。くれさんからご指摘の部分を推敲しています。比喩を色々考えていますが、まだまだこれというのが見つかっていませんが頭が柔らかくなりそうで楽しいですね。方向が違ってしまいそうですが。二連目の部分の展開の仕方までアドバイス下さりありがとうございます。推敲の参考にさせて頂きます。この度は佳作一歩前の評価ありがとうございました。
 

こたきひろし さん

 投稿者:齋藤純二メール  投稿日:2017年11月20日(月)17時07分50秒
編集済
  おめでとう、の言葉をありがとうございました。
初めての評がこたきさんへというのは、一生忘れないだろうなあ。
そして題名は、なぜか「水族」。
 

齋藤純二さま

 投稿者:夏生  投稿日:2017年11月20日(月)16時48分44秒
  拙作「輪っか」を細部まで御丁寧にお読みくださいまして、ありがとうございます!

相変わらずの書き不足で読みずらかった箇所、多々あったかと思います。
あたたかいお言葉、ご感想、とてもうれしく思いました。

齋藤さまがお書きになった返詩の方が素晴らしく、自分はまだまだ、と痛感しました。
これからも学ばさせて頂きます!よろしくお願い致します。

 

シルクブルー様へ

 投稿者:葉月 祐メール  投稿日:2017年11月20日(月)16時39分59秒
  こんにちは。ご多忙の中、お祝いのお言葉をありがとうございました。
プレッシャー含め、感じるものすべてをエネルギーとして、書き続けていきたいと思います。
詩を書く事についてを考える時があり、ここへ投稿された数々の作品を読む事が多いのですが、シルクブルーさんの「帰郷」に、立ち止まり考えさせられる事が多いです。(一言「帰ろう」と呟くところなど、とても印象に残っています。)
先輩皆伝者である皆さまを見倣い、自分にとっての詩とは何であるのか、与えられた課題と向き合いながら、歩んでいきます。どうぞこれからも、学ばせてください。

また、評不要での投稿になるかと思いますが、いつか投稿にもチャレンジさせていただければと思いますので、その時はどうぞ、よろしくお願いします!
 

中也さんへ

 投稿者:シルクブルーメール  投稿日:2017年11月20日(月)16時12分32秒
  評者のお祝いのお言葉ありがとうございます。
投稿作品に真摯に向き合い、精一杯の対応をしていきたいと思います。
 

沢口リリキさんへ

 投稿者:シルクブルーメール  投稿日:2017年11月20日(月)16時03分30秒
編集済
  評者のお祝いのお言葉ありがとうございます。
投稿作品一つ一つに未熟ながらも誠実に向き合っていきたいと思います。
投稿されるペースは気にされることはないと思います。
作品が次々と書けることもあれば、なかなか書けない時もあります。
また、書けば書くほど、要求が大きくなっていきますので、最初の頃より投稿ペースが落ちてしまうのはよくあることではないでしょうか。
焦らずに、じっくりと推敲して、自分なりに納得のいく作品を一つ一つ書いていかれればと思います。
 

雨音さんへ

 投稿者:シルクブルーメール  投稿日:2017年11月20日(月)15時43分55秒
  評者のお祝いのお言葉と素敵な詩(激励の詩なのでしょうか)をありがとうございます。
すべてにおいてまだまだ未熟者なので、MYDEARにどれくらいの貢献ができるのかわかりませんが、頑張ります。

 

夏生さんへ

 投稿者:シルクブルーメール  投稿日:2017年11月20日(月)15時33分6秒
  評者のお祝いのお言葉をありがとうございます。
投稿作品に真摯に向き合い、精一杯の評(というより感想になりますが)をしていきたいと思います。
 

山下 一歩さんへ

 投稿者:シルクブルーメール  投稿日:2017年11月20日(月)15時25分53秒
  評者のお祝いのお言葉ありがとうございます。
投稿作品一つ一つに、つたないながらも誠実に対応していきたいと思います。
 

/1109