新着順:459/10838 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ド・ロネイダ氏の夢想絵画

 投稿者:沢口リリキ  投稿日:2017年 8月11日(金)04時28分35秒
  通報
  ~申し訳ありません、評不要でお願い致します~


ド・ロネイダ先生は
しばし、おし黙り
遥か青空へ目をやった

あまりにもその振る舞いが
不自然極まりなかったので
生徒の中の一番の太っちょが
空に呑まれていった

ド・ロネイダ先生が
手からスルリと逃げた
風船を追うように手を伸ばしたら

昼は闇のマントを広げ
夜が訪れ
太っちょは月の子供貴族を名乗った

ド・ロネイダ先生は
月の子供貴族の復学をねがい
周りの生徒と一緒に
口笛を吹いた

すると風が目覚めて
音色を奪い
教導の取引所で
金色の犬と交換した

「神聖!神聖!
逆立ちのマロニエを呼べ 呼べ」

「ド・ロネイダ!ド・ロネイダ!
金色の犬は潔癖症」

月の主張を聞いたド・ロネイダ先生は
怒りにわななき
月の子供貴族と金色の犬を
大きなお腹に隠した

それを目撃した天空の舟が
星に錨をおろしてしまうと
生徒はみんな校歌を合唱し
暗い海の底に沈んでいった

海はやがて
校舎裏の排水溝に吸い込まれ
青い星に生まれ変わり
月の子供貴族を囲んだ

ド・ロネイダ先生は
しばし、押し黙り
画用紙に今見た光景をスケッチすると

「学校長がその絵を盗むにしても
ド・ロネイダ氏に非はないでしょう」
と、金色の犬が裁判所で証言した

「鳥かご学院前」のバス停では
事情通のマダム白魔女が
淑女のように微笑み
ド・ロネイダ先生に目配せをした

ド・ロネイダ先生は
しばし、おし黙り
事情通のマダム白魔女を
逆立ちのマロニエの木の枝に
好き勝手に飾って満足した

それを見ていた周りの生徒が
「神聖!神聖!」
と、騒ぎ立て

いつしか校庭に
千年分の夜が溢れだし
みんな幸せの光に
ふわふわと包まれた

周りの生徒が
安息の儀式を始めると
いつもの授業が取り戻された

ド・ロネイダ先生は
しばし、おし黙り
遥か青空へ目をやった

月の子供貴族に思いを馳せて



 
》記事一覧表示

新着順:459/10838 《前のページ | 次のページ》
/10838