teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


心がけていること

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月27日(木)05時15分14秒
  桜田淳子関連のサイトの中には、録音から起こしたとしか思えない記載のあるものがあったりするようです。

私は、以下のことを心がけています。
録音、録画機材を会場に持ち込まない。
記録を中心とせず、記憶に依って書く。
殊にセットリストを詳細に書かない。

以上はGSサポーターやっている内に、GSスターから注意、指導して頂いて身について来たものです。
管理人のRYOさんも、こういう感じでいらっしゃると思います。
物足りないと思われる方もおいでかと思いますが、ファンとしての良識ある境界線だと思って頂ければ幸いです。
自分を基準に考えてしまえば何でもありになってしまいますので、この辺で宜しくお願いします。
 
 

これからも宜しくお願いします

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月24日(月)22時12分15秒
  TOKUTAさん
こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
連休中に診られる、ということは「昭和の名作ライブラリー」のDVD-BOXでしょうか?
横浜・元町の洋菓子屋というと、なんだか坂の上のフェリス女学院ご用達って感じもします。

横浜は「俺たちの勲章」で描かれていたのがTVで本格的に見た、という感じです。89年の「横浜みなとみらい博覧会」で味を失った感じがします。

島田荘司描く御手洗潔シリーズで出てくる馬車道界隈は味わいが今もある感じがします。

「アニーよ銃をとれ」など、ミュージカルが最も輝いていた、と個人的には思います。
そういう点で「病院坂の首縊りの家」の「ペーパームーン」は素敵なシーンに感じます。
 

失礼しました・・・

 投稿者:TOKUTA  投稿日:2017年 4月24日(月)21時40分48秒
  DAIさん、RYOさん、さっそく返信ありがとうございます。

先日は突然の、書き込みで失礼しました。
自己紹介させていただきます。
私は、生まれも育ちも横浜です。
最初にアイドルで好きになったのが淳子さんです。中2の時です。
当時はお小遣いが少なくて、ファンクラブにも入れなく、レコードを親にねだって買ってもらっていました。

昨年の秋頃にユーチューブで淳子さんの動画を見てから一気に淳子ファン魂がふつふつと湧き上がってきたのです。

それ以来、ネットで淳子さんのサイトを調べてむさぶるように読んでいる状況です。
私は歌手時代しか知らなかったので、女優としての淳子さんを知りたくて、DVDを購入しているところです。
”オーロラの下で”、”お引越し”、横浜が舞台の”はらぺこ同志”を連休中に見る予定です。
まさか、横浜を舞台にしたドラマを撮っていたなんてと思っているところです。
 

はじめまして

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 4月23日(日)21時55分48秒
  TOKUTAさん、はじめまして。
デビュー45周年は大いに期待したいですね。
これからもよろしくお願いします。
 

TOKUTAさん

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月23日(日)06時33分19秒
  初めまして、DAIと申します。こちらこそ宜しくお願いします。
さて、ここの掲示板の管理人はRYOさんです。
私はRYOさんが、忙しくてなかなか書けないところをサポートしている、昨年還暦を迎え、再任用で働いているおっさんです。

私は生まれも、中二までの育ちも敦賀という奇縁をもっています。会誌「さくらんぼ」を当時、社宅に配達していた郵便局員が、オヤジの職場に配達するという誤配があって、「さくらんぼ」及び会員から「さよなら」され、受験勉強に邁進させられました。74年の秋のことです。ですから「恋のひとりごと」という詩集は、会員だった頃に届けられた、かけがえのないものです。

なんか皆さん、今燃え尽き症候群状態で、スクリーンミュージックが終わったあと、書き込みが滞っている状態なんで、ありがとうございました。
 

REMENBER桜田淳子

 投稿者:TOKUTA  投稿日:2017年 4月23日(日)00時15分58秒
  こんばんわ!初めて投稿します。
最近、淳子さんの70年代の動画をみてあらためて淳子さんのファンであったことを思い出しました。仕事や、家族のことで目一杯だった日々が過ぎ、子供がみな親の手から離れて時間が空いたので
昔買ったレコードを倉庫から探したら淳子さんの”青春賛歌”のLPが出てきました。他には”気まぐれビーナス”以降のシングルが・・・
夜のヒットスタジオの淳子さんの動画も何回も見て当時(当方、淳子さんの4歳下です)のことを思い出しています。
スクリーンミュージックの宴、仕事で行けなかったのですが、次回は必ず行きたいと思います。
生淳子に会ったことはNHKホールでのレッツゴーヤングで今から40年前のことです。
デビュー45周年が来年なので期待しえ待っているところです。
時々こんな感じで投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。
 

燃え尽き?

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 4月19日(水)21時45分42秒
  DAIさん、書き込みありがとうございます。
開演前の期待感に淳子さんも充分過ぎるくらい応えていただき、皆さん余韻に浸って、一時の虚脱状態なのでしょう。

敦賀のイベントにもぜひいらしていただきたいものです。
 

残念ですが・・・

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月18日(火)23時23分21秒
  開演前、開園後、この落差に「・・・・・」です。


敦賀市は私の生まれ、育った街ですが、桜田淳子が過ごした街でもあります。
その敦賀市は今年、市制80周年の記念すべき節目の年を迎えます。
今も尚、つい昨日のことのように遠くを見つめるような目で、桜田淳子のいた日々の思い出を語ってくれる敦賀市民。

私は、「敦賀市市制80周年記念事業」の一環で、外国旅客船を乗り入れることになった敦賀港関連のイベントに、桜田淳子が招待されるのではないか、と密かに期待しています。

皆さんはいかがですか?
 

桜田淳子 その四

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月16日(日)17時44分7秒
  ピアニスター HIROSHIさん、ここが「?」でした。

「2001年宇宙の旅」と来れば「ツァラトストラはかく語りき」のはずが、「美しき青きドナウ」、「ウエストサイドストーリー」と来れば「オープニングテーマ」と思いきや、挿入歌の「トゥナイト」、しりとりで「ドクトルジバコのテーマ」に「エッ?知りません」「ラーラのテーマです」に「・・・・」と。ド忘れか?

挙手されている方を指名するはずが、外野からの声に応じ、折角挙手された方を残念なことにさせてしまったのは、どうかなとは思いました。
 

来年は

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月14日(金)20時15分17秒
  淳子ちゃんが来年還暦だなんて・・・・。
改めてお誕生日おめでとうございます。
ジュリーは来年、古希を迎えます。

気が付けば、です。
還暦のお祝いをライブで、と淡く期待します。
 

レンタル掲示板
/188