teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


爆食?

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 5月24日(水)16時13分33秒
  好きなものくらい食べていいと思いますが・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00010009-jisin-ent

ひょっとしてここかも?
http://www.tamagawa-sc.com/shop/?id=282
 
 

それは

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 5月10日(水)19時54分34秒
  「アビー・ロード」のジャケットなので、映画は「レット・イット・ビー」です。

「なぜ当時~」、恐らく「青春」で忙しかったのだとお察しします。

http://20century.blog2.fc2.com/blog-entry-463.html
当時、「おらがマチの生んだスター」として秋田を挙げての大々的な応援振りがうかがえます。
 

ビートルズ

 投稿者:TOKUTA  投稿日:2017年 5月 5日(金)23時27分16秒
  DAIさん

私の見たビートルズの映画は、「ビートルズがやってくるヤ!ヤ!ヤ!」と「レット・イット・ビー」の2本立てだと思います。

Wikipediaで調べました。

こんな素晴らしい映画を見ていたなんて!

今覚えているシーンは、4人で並んで交差点を歩くシーンと4人が写っているレコードのジャケットです。どの映画ですか?

「お引越し」鑑賞しました。
淳子さんの演技は感動ものです。
間合い、顔の表情、目の動き、感情の現し方、女優としての風格が感じられます。

DAIさんはエキストラで出演されたのですね。うらやましい限りです。

なぜ、当時もっと淳子さんの応援をしなかったのか、少し後悔しています。

今は「はらぺこ同志」のDISC2を見ているところです。
「本当にあった怖い話」「病院坂の首縊の家」、DAIさんお勧めの「ドリフのダメな女シリーズ」は鑑賞済みです。
 

私も追いかけたいヨコハマ

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 5月 3日(水)05時04分33秒
  TOKUTAさん
素敵な思い出ありがとうございます。

http://yokohama-now.jp/home/?cat=73
ここに紹介されている、映画になったヨコハマもいいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=NEDl7ZTi0Jc
これの二番目、三番目に「楽園」のCMが入っています。
そうです、「サンタモニカの風」です。風力2とは、微風です。

私はGSから入り、音楽に浸ってきました。GSが下火になっていく中で、72年秋に出た「ゴー・オール・ザ・ウェイ」(ラズベリーズ)を聞いた時は衝撃でした。ラズベリーズも解散した後はボーカルだったエリック・カルメンを聞いていました。

高校二年から高校三年に上がる春、「三色すみれ」を歌う桜田淳子の、あごの何とも言えない愛くるしいラインを見た時、妹みたいな(それまではずっと年上のアイドルだった)存在に感じ、以降大学受験の傍ら、「さくらんぼ」にも入り、郵便局員の誤配で「さくらんぼ」は頓挫・・・。

「ひとり歩き」「白い風よ」「十七の夏」と続くこの流れはいいですね。これに「涙のいいわけ」「サンタモニカの風」「ミスター・ブルースカイ」「黄色いリボン」「三色すみれ」を加えたらたまらないです。
https://www.youtube.com/watch?v=xAjwCkXylKg

「イタズ」でお母さん役をやった時は痛かった・・・・。お母さん???って。
「危機一髪の女」のコミカルな味わい、「湖に立つ女」では片平なぎさに先行するミステリーの女王の予感・・・。

「お引越し」に出てくる祭りの舞台は自宅から徒歩5分もかかりません。「後ろを振り向かないで下さい」のADの声を無視して振り向いた、その先にオーラをまとった桜田淳子がいた。

ビートルズ映画なら「ヘルプ」を是非、観て下さい!

RYOさん
あちこちから引っ張ってきて済みません。
 

追いかけたい横浜

 投稿者:TOKUTA  投稿日:2017年 5月 3日(水)01時27分24秒
  私が淳子さんのとりこになったのが、14歳の時・・・

買ったレコードが「気まぐれヴィーナす」以降「サンタモニカの風」まで購入。
これがまさしく高校時代。アイドルを語る人間はなし。

当時はニューミュージック系がはやりで、中島みゆき、長渕剛、オフコース、伊勢正三などのアルバムも購入した。

私にとっての横浜の歌はブルーライトヨコハマ、ヨコハマたそがれ、追いかけて横浜ですね。

中島みゆきアルバム、当時よく聞いていたが、わたしは淳子さんの「時代」「化粧」が好きですね。

ドラマに関しては、昭和37年生まれで当時ドラマはあまり見ていなかったので題名くらいしか覚えていません。

ビートルズは、小学校6年の時に友達と有楽町スバル座へ映画を見に行きました

レットットビー、イエローサブマリン、、イエスターデイ の3本です

当時は何が何だかさっぱりわからない映画を見に行った記憶があります。


ポール・マッカートニー、ジョンレノン リンゴスターは知っていました。各々小の曲が
入っているアルバムは購入したみたいで家にありました。

高校時代は大学受験のこと以外考えることができず淳子さんのことが徐々に薄らいでいきました

でも、「気まぐれヴィーナス」から「サンタモニカの風」のシングルはちゃんと買っているのです。

自分の部屋でビクターのコンポでよく言いていました。

近いうちにレコードが聞けるレコ-ドプレーヤの購入を考えています
 

ポール・マッカートニーに会えた

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月30日(日)22時53分42秒
  4月29日夫婦で東京ドームにポール・マッカートニーに会いに行った。
7時から9時半までノンストップで歌い続けてくれた。
まさにオープニングの「ア・ハーディズ・ナイト」な夜だった。イントロで「オオーツ」って言う期待や驚きのどよめきが起き、館内の多くはポールに合わせて口ずさんでいた。
定番の「イエスタディー」「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「ヘイジュード」に混じって「アンド・アイ・ラブ・ハー」では大きくどよめき、間奏でお尻をセクシーに振って見せ、お茶目さは健在。またナマで聞けるとは思って居なかった「エリナー・リグビー」では涙が溢れた。「ジェット」「ハイハイハイ」などのウイングスの定番、焔の演出がド派手な「死ぬのは奴らだ」では一段とパワーアップしていた。
徹子さんも観に行かれたのだから、淳子さんもきっとどこかの日に行ったのではないかと勝手に思います。
先輩、ベルグさん   書き込みお待ちしています。
 

追いかけてヨコハマ

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 4月28日(金)20時35分49秒
  日活映画でヨコハマというと「俺は待ってるぜ」でしょうか?
もっとも1957年の映画なので、かなり昔のヨコハマですが、かなりいい雰囲気だと思います。

日本テレビには70年代のヨコハマを舞台にしたアクションドラマがありますが、「俺たちの勲章」以外でも「大追跡」「プロハンター」があります。
「大追跡」では中島みゆきバージョンの「追いかけてヨコハマ」が流れたこともあります。出演は淳子さんと「かたぐるま」で共演した加山雄三さん、柴田恭平さん、「許せない結婚」で共演した藤竜也さんなどです。
「プロハンター」の出演はは藤竜也さん、「病院坂の首縊りの家」で共演した草刈正雄さんなどです。
 

高島嘉右衛門

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月27日(木)21時37分24秒
  横浜は易聖と呼ばれた高島嘉右衛門が創った街、という点で他の都市とは成り立の違いが良かったと思います。なんで地下鉄の駅名に「高島」があるのか、も易聖の存在で明らかです。

日活のB級アクションや「俺たちの勲章」では、MM21以前の運河や猥雑な感じが独特でした。68年の「ブルーライトヨコハマ」はそんな「ハマ」の魅力を歌っていたと思います。
「太陽にほえろ!」のマカロニ編で沖雅也が「ハマ」のデカをやっていた、その当時の横浜もモロに日活B級アクションの世界でした。

78年2月の「追いかけてヨコハマ」、同年7月の太田宏美の「横浜ドール」と、横浜はにわかに注目を浴びました。67年のTV「ぜったい多数」は東急で渋谷に横浜から向かう沿線が映っていますが、人家もまばらな感じでした。

それがMM21以降、リトル東京化して、味わいがなくなったと思ってしまいます。

さて、大人買いされるなら、お薦めが淳子ちゃんのコントシーンが見られる、「8時だよ全員集合」です。2005年に出た2の方です。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%94%BE%E9%80%8150%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%9B%A4-8%E6%99%82%E3%81%A0%E3%83%A8-%E5%85%A8%E5%93%A1%E9%9B%86%E5%90%88-2005-DVD-BOX/dp/B0009P7VK8

2015年の大晦日に亡くなった母は、「港の見える丘」を歌うのが好きでした。個人的にも、山下公園よりこちらの方が好きです。

撮影の合間に桜田淳子がどこを訪れたか、それも今ならまだ覚えていらっしゃる方がおいでかと思います。

TOKUTAさん
こんな感じで、旧い横浜の面影が残っているところ、そこに桜田淳子の足跡がたどれることを期待しています。
私は昭和31年8月生まれです。
 

今の横浜

 投稿者:TOKUTA  投稿日:2017年 4月27日(木)18時01分30秒
  DAIさん、その通りです。

「昭和の名作ライブラリー」です。
昨日「病院坂の首縊りの家]」も購入しました。
ペーパームーンのシーンはしっかり見ます。

淳子さんの出演DVDは遅まきながら、全てそろえようと思います。
大人買いです。(昔、買えなかったものですから・・・)

DAIさんのいうとおり、今のみなとみらい地区は横浜らしさはないですね。
なんでもありっていう感じです。

私も、馬車道、山下公園、元町、高校時代から好きでよく行きました。
当時のデートの初級編がこのコースでした。

今ではなかなか行けないのですが、年に数回、赤レンガ倉庫でやっているビールフェアに行った帰りに、立ち寄ったりしています

近いうちに、以前DAIさんが書いていた、新横浜のロッテのお菓子を買いに行こうと思います
 

心がけていること

 投稿者:DAI  投稿日:2017年 4月27日(木)05時15分14秒
  桜田淳子関連のサイトの中には、録音から起こしたとしか思えない記載のあるものがあったりするようです。

私は、以下のことを心がけています。
録音、録画機材を会場に持ち込まない。
記録を中心とせず、記憶に依って書く。
殊にセットリストを詳細に書かない。

以上はGSサポーターやっている内に、GSスターから注意、指導して頂いて身について来たものです。
管理人のRYOさんも、こういう感じでいらっしゃると思います。
物足りないと思われる方もおいでかと思いますが、ファンとしての良識ある境界線だと思って頂ければ幸いです。
自分を基準に考えてしまえば何でもありになってしまいますので、この辺で宜しくお願いします。
 

レンタル掲示板
/189