teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10/11流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年10月12日(火)03時04分25秒
  今日は樽宅で「一夜城」レコ-ディング(ほぼ完成!)その後、横浜へ。
横浜駅相鉄口でスピ-カ使って金色流し。台風に阻まれていたため、久方ぶりである。
自転車で止まってずっと聞いてくれた好青年や、突然来てくれた幼なじみのG君感謝。役人ストップ入ったのち桜木町へ。
ランドマークに大観覧車という横浜最高の夜景の中で流し、遠巻きに人が集まる。「一夜城」「ええじゃないか」とやっている時、バングラディシュ出身という男性二人が乱入。彼等は「それそれ」という掛け声がお気に入りらしく、叫びながら踊りまくっておった。
アンケ集まったのは数枚なれど、音楽万歳。土俵の土を確かめるかのように、流しを再開し初めた。あぁ楽しかったなり。
今後も頑張るぞよ。
 
 

9/20流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 9月27日(月)03時57分20秒
  モヤイ像前は、相変わらず待ち合わせの人々と、懐かしい顔ぶれで満ちていた。

昔、寺子屋の同僚で受付だったTさんや、渋谷駅前流しで知り合ったOさんなどであった。
青天の霹靂で来てくれる有難い方がいて、出会いは嬉しいため、
迷惑かもと思いながらも、毎月祭りのお知らせメールを出してしまう次第である。

金色曲以外に、さだまさし「秋桜」やseinoソロ曲「三月の風」を演奏する。
アコースティックでのバラードの流しは、秋にやると哀愁がある。
しかし、しんみりとした曲だけにとどまらない。
近況のトークや二人の掛け合い話もやってみた。
最近プロモータ金色阿弥さんより、樽兵衛と二人で出来ることを求めたら
との指摘があり、何が出来るか模索したところ、漫才にたどり着いた次第。
昨日9/26大塚ライブでもお便りコーナー兼コントでたくさん喋ったのだが、
流しでもお楽しみ要素は取り入れていく所存なので、乞うご期待である。
樽兵衛が「目玉の親父」になるネタや「コンジキハのテーマ」という歌など出来たしね。
和風B'zの予定が和風テツ&トモに?!

最後はザ・関ヶ原をやってみた。異国の方を含め人々が立ち止まり、
拍手をもらい終了した。
しかしそのあと、その筋と思われる方のお話を受けることと成ったので、
渋谷流しは今後原宿に変更します。

いろいろ試練もあるが、負けずに9/27(月)は横浜相鉄口で、10/4(月)は原宿の橋の上でやる予定なり。
どうぞ宜しくお願いいたします!!
 

9/11流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 9月12日(日)19時48分8秒
  諸行無常の秋ですね。過ごし易い気候になってきました。

和心が100人超の大成功の後、観音巻の脱退や名古屋遠征やTV出演などを経て、
また新たな目標へ向け、その区切りは新たな企画満載で和心という形で1月に行われると思うのですが、
そこへ向けて再びプロモートを兼ねた路上修行の日々が始まります。

9/11流しは横浜駅前で行いました。
最初はアコギで恰好も普通ではにかみがちにやっていましたが、
人は止まらない、何より自分らも感情移入が甘くなる、という訳でバッチリ着込んで堂々と演奏しました。
さらに、周りがうるさいので、ひとつカバーでも織り交ぜて人を引こうかという話が樽兵衛からあり、さだまさし「秋桜」をしっとりと演奏。季節がら特に情感がこもります。
すると、隣の今時っぽいお兄さんたちから、「感動!」と拍手をいただきました。

その後、「秋の夜の無常」「愛の錯覚」などを演奏。
愛の錯覚はちょっとイカレタ感じで樽兵衛の激しく掻き鳴らすアコギと共に
超スピードでやったら、アーティスティックな感じの三人組が面白いといって聞いてくださいました。
その後、友人の友人でお互い名前忘れていたが、会えば懐かしいイケ面のO君に再会し、
彼らも三人組で、「一夜城」を手を叩いて盛り上げてくれました。

軽い道程を行くとその時は楽でも返ってくるものも少ないものです。
それはあたかも、火打ち石で火を起こす為には摩擦が必要なようで、空を飛ぶ為には空気抵抗が必要なようでもあります。
今回もはにかんで私服のままならたぶん駄目でしたが、熱演したらビラもはけ、人の温かい心にも触れることができました。生存という言葉の定義以上に生きていくには日々修行・摩擦が要されるみたいです。頑張らねば。

楽しいからいっか。

さて、路上修行次回は9/20(月)渋谷モヤイ前です。
その次は9/26(日)大塚CAVEでの一時間ライブを経て、9/27(月)横浜駅相鉄口です。
渋谷、横浜と交代交代に月曜8時に流しをやっていこうと決定いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします!!
 

7/12流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 7月13日(火)02時17分27秒
  この時期にしては涼しい、風が湿り気をそっとさらっていくような日であった。

渋谷では流し始める前に絵に描いたようなやくざとチンピラの人に
「こんなところでやっていいわけねえだろ!」と追われた。
樽ベエはすごまれた時、警察の名を出して抗していた。
結局この場を去ったのだが、そんな無頼漢の今日の名言。
「やつらは本当に、社会のクズだ。俺らだってクズかもしれない。
 しかし、クリエイティブなクズだ!!」
クリエイティブなクズ!!聞いたこともない。
普段やってる彼の落語よりも余程、誇り高きその言葉に座布団を差し出したい
気分になった。

田町では「やくざに追われて来ました。」といったら仕事帰りの皆さん心優しい。
立ち止まってくれた。MCって苦手だけどやはり大事なんだと思った。
一夜城熱唱中で、発電機が止まった。困った状況だが、偶然見てくれていた方が
エンジンの仕事をしており原因を究明してくださったため、続行できた。
その方は仕事をして、スポーツクラブでエアロビクスをして、こちらに来られたそうだ。
精悍な紳士であり、その心優しさと、タフさには打たれた。

その後もええじゃないか、空海渡来仏などを演奏した。
明日はBSの予選会だ。頑張って参る。
 

7/5流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 7月10日(土)03時01分20秒
  この日は近くで別のイベントが始まりそうだったので、さっと先に始める。
グアテマラ人の人が足を止めてくれた。日本語喋れないって言っているから、
“Where is Guatemara?”と言ったら日本語で“南米!”と言われて驚いた。
富士山を描きに出てきたんだって。ジパングはどう映るのだろう。
エキゾチックなロマンに満ち溢れているのだろうか。
栃木県のレストランを友人が経営しているので歌わないか、と言われた。
レストランで金色、その不思議さも良いだろう。
三曲やったところで警官ストップが入った。
普段はここでは止められないので、向こうのイベントは許可ありで、
その通報によるものだろう。その厳しさもまた、修行なり。
でも結構アンケートは集まって、収穫があった。

 

7/3流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 7月 4日(日)22時57分56秒
  とうとう、運命の七月になってしまった。
金色史上最大のイベント和心に向けて緊張してきた。
緊張してすべての時間をそれに捧げる筈が、
駒を持って盤に進ませ、束の間気持ちを落ち着けようとする自分がいる。
そしてまた走り出す。
医者に数日後の死を宣告されたとしても、多分こんな感じで生きるんだろうな、
と思う。

流しは晴天に恵まれ、また不忍池ほとりで、一夜城、ええじゃないか、お経、
ザ・関ヶ原と演奏した。
田町の流しを見てくれた女性が来てくだされ、和心チケット二枚を買って頂いた。
有難い。無駄でない努力はヤル気に繋がる。
そのほか、流し常連っぽいおじさん・お兄さん衆もできており、
気さくに話しかけてくれる。
「あんたら恥ずかしいと思うよ、でもそこからだよ。」
「みいりあったかい??どうだい??」
図々しい位に心に壁がないのは、上野近辺の気風らしい。

さて、しかし流浪のバンドマン達は、来週は他の場所での流しも
考え中である。乞うご期待。
 

6/19流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 6月22日(火)03時05分38秒
  六月の上野不忍池は池ではなく、蓮の絨毯のようである。

その横でこの日も奏でた。いい天気で、人々が聞いてくれた。
我は、夏使用の白っぽい着物を買ってきて羽織ってみた。
樽べえは三分刈り程度に伸びた頭、観音巻はターバンを巻いていて、
ライブハウスの祭りより簡易ではあるが、路上でももちろん和装である。
台湾人5人組と記念写真を撮ったり、不忍池を一週歩くのを日課にしている
妹と住んでいるというおばあさんと語ったり、した。
流しをやっている前方には、鉄棒がある。
美容と健康の為に、最近数回の流しの後は、空中逆上がりと足掛け周りを
くるくるくるくるしてから帰ることにしている。
“昔とった杵柄”、出来るものだ。
そして心地よい疲労感と不均衡感と氷結果汁に酔いつつ、
御徒町将棋道場を経て帰途につきました。
 

5/31流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 6月 1日(火)19時07分0秒
  降水確率70%。しかし、怖気づかず、モヤイ像前へ。
念ずれば、天も味方に付き、金色三人での流しが始まった。

今日はカルチャーセンター演歌講座の後でどうもまったりとしたテンションで
あったので、「かぜのうた」からをメンバーに要望した。
それから、「空海渡来仏」「一夜城」
この日はポップスバンド金色でいってみたので、いつもと又違った温和な
感じの方々に、お聞きいただけた気がする。
大阪から来た乗りのいいお兄さん達と記念写真を撮ったり、
数年前の寺子屋の門下生が前触れも無く来てくれたので話したりした。
アンケートも数枚集まった。
いよいよ7/31和心のチケットも手に入ったので、今後は流しでチケット行商も
行おうと思う。チケを買ってくれた人には「金色お楽しみ映像」がついてくるので
是非ご購入あれぃ!
 

5/25流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 5月26日(水)00時45分8秒
  泣き出した空に、流しをやるや止めるやメールでメンバーと議論であったが、
迷ったら行け!という格言があるんで渋谷モヤイ前に行くことと成った。
すると、想いが届いたのか我らが到着した数分後、空は機嫌を直したのである。

愛の錯覚、テクノHANNYA、ええじゃないか、の三曲を行う。
テリー伊藤っぽい個性的な雰囲気を漂わせているお兄さんが、ずっと聞いてくれた。
彼は大道芸をやっているらしく、我らの動きの大きな見せ方をお褒め頂いた。
さらに動きは洗練させたいものだ。
その他もまばらなお客さんではあったが、何枚かアンケートが集まった。

流し後は、イベンターを名乗るご婦人と話した。
ジャズ、民俗音楽など、色々なジャンルを手がけているそうだ。
路上には石ころのように出会いが転がっていて、どの石も大切にしたい。
その中にはきっと、宝石もあるに違いない。
 

5/8流しレポ

 投稿者:seinosinメール  投稿日:2004年 5月 8日(土)23時43分32秒
  上野の不忍池は、包容力のある感じに水をたたえ、
相変わらずゆったりとした雰囲気を醸し出している。

その空気を「愛の錯覚」の激しい和旋律がつんざいた。
遠巻きに人が集まる。
今日は金色を目当てで来ていただいた方も普段より多くて、有難かった。
田町で出会った方、江戸天下祭りで出会った方、和風アングラバンドの方、
和心イベントで知り合った絵描きの方、カンノン巻の昔のバイト友達など、
様々である。
通りがかりの方も興味深げに止まってくれ、
やはり音楽は万人を急接近させる、一つの摩訶不思議な言語だなぁと、おもふ。
「一夜城」「テクノHANNYA!」
興に乗ってくると、酔い酔いのおっさんが乱入。
新メンバーを迎えるように一緒に浮かれ踊ったが、マイクを取られそうになるの
には閉口で御座った。それでは、商売できなくなるんで笑顔でスルー。
「ええじゃないか」で締めた。
終わったら、
「It's cool!」
外国人の男性がCD購入を希望してきた。
CD「金色絵巻物」の持ち合わせが無かったため、お金を頂いてお送りすることにした。
オーストリアのVIENNAという街に住んでいるそうで、
明日は京都を見て帰られるそうだ。
オーストリアは音楽の国で、モーツアルトを初めとする
クラシックがもっとも盛んであると気さくに語ってくれた。
「Enjoy your trip!」笑顔で握手して別れた。

摩訶不思議な言語と向こうの国の言葉を操ったあと、
ぐったりと池のほとりに座り込む。
金色の雅な音色の後は、音の無い音楽が、
不忍池からゆらり流れてきて僕を癒してくれた。
 

レンタル掲示板
/8