teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いま写します紅葉が散ります 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年12月 3日(日)16時10分57秒
返信・引用
  そろそろウスタビが終わる。
締めに見たくて また町田を歩いた。
やはりもう♀の盛期も過ぎた様だ。
クロスジフユが増えた。
 
 

追うても逃げない虫が寒い 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年12月 1日(金)19時41分58秒
返信・引用 編集済
  昨日から続く弱い雨。
望み薄で狭山丘陵の近場の朝をチョイと覗いてみた。
やっぱウスタビはいない。
短時間でソソクサと退散。
チャバネフユエダシャクも出始め 冬到来。
↓カバエダシャク
 

ほんに小春のあたたかいてふてふ 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月27日(月)18時10分43秒
返信・引用 編集済
  ウスタビに会いに また町田を歩いた。
クロスジフユが翔び始めた。
いよいよ冬だ。
曇天下 まだルリタは眠りについてないようだ。
ヒメカマキリもまだいた。
 

つと立ちて火蛾捨つる小雨深き闇 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月26日(日)20時11分16秒
返信・引用 編集済
  先週 恒例のウスタビが見れなかったので 会うべく町田の電柱を見上げながら歩いた。
やはりパラパラと夜燈に寄った個体などに会えた。
 

生きものみんな日向へ出てゐて秋風 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月21日(火)20時43分39秒
返信・引用
  午前中 ウスタビでも見れないかと 狭山丘陵の近場を歩いた。
見れなかったが 夜 灯りを見回る元気も無い。w
 

秋風の腹たててゐるかまきりで 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月12日(日)19時59分32秒
返信・引用 編集済
  また里降りCを狙って町田を歩いた。
キタテのみ。
ヒメカマキリを3頭見た。
前回のトゲナナフシ4頭に続き 人生初な数。
 

ぶらさがつてゐる烏瓜は二つ 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月11日(土)19時48分41秒
返信・引用
  カミ様と買い物のついでに早すぎる紅葉狩りに。
無謀にも武蔵村山でスミナガシ蛹を探してみた。
幼虫でさえ少ないのに…。w
 

草を咲かせてそしててふちよをあそばせて 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年11月 1日(水)20時09分25秒
返信・引用
  恒例の里降りCタを狙って町田を歩いた。
キタテのみ。
前回に続き またアサギが地面を吸っていたが これまであまり見ていない光景だ。
他 トゲナナフシを4頭も見たが これも人生初だ。
この時期 いつものヒメヤママユがポツポツ…チョコボールがこんなとこに出るだろうか?。w
 

落葉ふかぶかと茸はしめやかにある 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年10月 5日(木)22時52分26秒
返信・引用
  恒例の里降りC クモガタ♀を狙って町田を歩く。
曇天 低温 チョウが翔ばない。
しゃーない オオルリボシ マルタンの画像を抑えようとするが ダメダメ。
レ レンズが…ということにする。
結局 ターゲットは撮れなかったが ヒメカマキリ ルリボシ モリアオガエル etc に会えて それなりに楽しんだ。
 

あてなくあるくや蛇のぬけがら 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 9月 9日(土)21時51分49秒
返信・引用 編集済
  一日晴れるのは二ヶ月振りとか。
ともかくも家を出て ノープランで町田へ。
そういえばヤママユでも見れるかな~? と 車中で朝飯のカフェオレ&カレーパン。w
何頭か見れた。
出れば何かに会えるもんだな~。
 

Re: モドキつながり

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 8月27日(日)16時09分23秒
返信・引用 編集済
  > No.772[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

帰り際黒い蝶が一瞬脚にとまって、前翅裏に目玉が三つあるように見えましたが …
どうせクロヒカゲだと思います。


クロヒモに縁がないw というか 結構 見てきてはいるんですが マジにやった事が無いんです。
唯一 広島では二度ほど狙って行った事はありますが…。
なので 触発されちゃうかもですね。w

いいんだ、どうせクロヒカゲモドキは食べられないし。

ポルチーニモドキですね。w
食べた事は無いんですが 美味そうですね。
 

モドキつながり

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 8月24日(木)22時05分42秒
返信・引用
  辺蟲憐さんへのお返事です。

> しばらく翅ともわからず 茶色のタイサンボク的な巨花が咲いてるのか 枝先を折って それが枯れてるのかわかりませんでした。

ああ、何事が起こっているのか自体がすぐには飲み込めない、って状態ですね。

> そんなデカいガは見た事もなく ガとわかった瞬間 虫好きなのに 恐ろしさに失神 and/or 失禁してしまいそうでしたよ。w

人生最初に遇ったシンジュサンは高いカーブミラーにとまっていたので、竿でツンとつついてみました。
そうしたら、ひらりひらりとアゲハチョウのような優雅な飛び方で地上に下りてきましたよ。

アゲハチョウの仲間だったら集団吸水とかで多数頭かたまっていても恐ろしくないのに …
大きさもそんなものだし。
恐ろしげな模様もシンジュサンの戦略なんだろうけど。

> ホソバセを1町撃墜したぐらいですかね~…遠い目。

山梨ではきちんとホソバセセリは見られたんですけどね。
で、またまた山梨に行って、一ヶ月遅くなったけどクロヒカゲモドキはいないかと探し回りました。

そうしたら林内の地上に現れたのは ヤマドリタケモドキでした。
知る人ぞ知る大変美味なキノコです。
冷凍してありますが、パスタにするかな。

帰り際黒い蝶が一瞬脚にとまって、前翅裏に目玉が三つあるように見えましたが …
どうせクロヒカゲだと思います。
いいんだ、どうせクロヒカゲモドキは食べられないし。
 

蛹の時

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 8月21日(月)23時21分51秒
返信・引用 編集済
  > No.770[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

そらあ、何というかさぞ壮観だったでしょうね。
すごい迫力で、その原体験に導かれて昆虫マニアの人生に踏み込む人もいるだろうし …

虫嫌いの子だったら、恐ろしさに失神 and/or 失禁してしまうか。


少し成長してからわかったんですが 庭木はクロガネモチでした。
手入れされた大き目の木だったので 余計にシンジュサンが目立ったというか 皆 同じ姿勢 同じ向きでじっとしてて パッと見 大きいし 翅が8枚。
しばらく翅ともわからず 茶色のタイサンボク的な巨花が咲いてるのか 枝先を折って それが枯れてるのかわかりませんでした。
そんなデカいガは見た事もなく ガとわかった瞬間 虫好きなのに 恐ろしさに失神 and/or 失禁してしまいそうでしたよ。w

シンジュサンとスカシドクガが見られた以外は、今年の夏シーズンは稔り少ない年でした。
情報はある程度仕入れたので、来年に向けての蛹の時だったかも。


蛹の時…何か本のタイトルにありそうな。
私も今期は貧果でした。
ホソバセを1町撃墜したぐらいですかね~…遠い目。
 

Re: 八王子のホソバせせり探索

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 8月13日(日)09時16分22秒
返信・引用
  > No.769[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> 子供の頃 1本の庭木で 5ペアだったか 同時に交尾してたのを見た事があります。
> 幼かった私にはかなり衝撃でした。

そらあ、何というかさぞ壮観だったでしょうね。
すごい迫力で、その原体験に導かれて昆虫マニアの人生に踏み込む人もいるだろうし …

虫嫌いの子だったら、恐ろしさに失神 and/or 失禁してしまうか。

シンジュサンとスカシドクガが見られた以外は、今年の夏シーズンは稔り少ない年でした。
情報はある程度仕入れたので、来年に向けての蛹の時だったかも。
 

Re: 八王子のホソバせせり探索

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 8月11日(金)11時28分54秒
返信・引用
  黒猫さんへのお返事です。

探しに行ったのは 7/10 なので時期的にはちょうどよいかな、とは思うのですが … 今年は発生時期が読みにくかったですからね。
そのあと念のためもう一度行ってみましたが。


もしかしたら 7/10はチョイ早めだったかもですね。

ここでは見ませんでした …

親蝶はあまり離れないと思われるので 厳しいかもですね。

「生きた」シンジュサン
「もう、お前はいい」


私もまだ撮影した事が無いので 羨ましい。
子供の頃 1本の庭木で 5ペアだったか 同時に交尾してたのを見た事があります。
幼かった私にはかなり衝撃でした。
 

Re: 八王子のホソバせせり探索

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 8月 4日(金)04時39分36秒
返信・引用
  > No.767[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> 確かに少し遅いかもですが やっぱもう潰れてるんですかね?。

探しに行ったのは 7/10 なので時期的にはちょうどよいかな、とは思うのですが … 今年は発生時期が読みにくかったですからね。
そのあと念のためもう一度行ってみましたが。

ただ目撃報告のあった場所に一日中貼り付いていたわけではないのでただ運が悪かったのかも。

> 蛹巣も見つかりませんでしたか?。

ここでは見ませんでした …
都内の山頂近くと群馬県でそれらしきものに出遇いましたが。

それと「縁」ということで、今までチャンスがなかった「生きた」シンジュサンにやっと遇えて感激しました(例によって、鳥に食われて翅四枚だけ散らばっているのは見た経験がある)。
東京の山に登ろうとバス停を降りたらすぐでした。

わーい!と喜びましたが、その後高尾山近くでまた一個体、群馬に行ったらまた一個体と出てきてさすがに「もう、お前はいい」という気分です(写真は、バス停近く・高尾山・群馬産)。
 

Re: 八王子のホソバせせり探索

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月30日(日)18時57分48秒
返信・引用
  黒猫さんへのお返事です。

個人的には都内で初めてです。
23 区内にもいるとは聞いていましたが、縁がないのか山梨でしか遇えなかったんですよね …
こいつ、オオチャバネセセリ。


流石に私もこやつを狙って都心方向を攻める気にはなっていませんね~。
種として狙った事も無く 何かのついでにいた…のみです。
10月下旬まで近隣で見られるんで 黒猫さんはよほど縁が無かったんでしょうね。

タイミングの問題か、もういなくなったのか肝心のホソバは見かけませんでした。

確かに少し遅いかもですが やっぱもう潰れてるんですかね?。
蛹巣も見つかりませんでしたか?。
しばらくは残るので 産地探しの手がかりに最適ですよね。
それと成虫は翔ぶ時間があるんで 意外とスルーしやすいですよ。

↓町田オオチャ(9月) 町田ホソバ(今期) 相模原緑区ホソバ蛹巣(今期)
 

八王子のホソバせせり探索

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 7月30日(日)11時57分48秒
返信・引用
  10 年以上前に目撃報告がある場所です。
着いてほどなく …
で、出たー!
うれしくなって何枚も撮影しました。

個人的には都内で初めてです。
23 区内にもいるとは聞いていましたが、縁がないのか山梨でしか遇えなかったんですよね …
こいつ、オオチャバネセセリ。
まあ、ホソバも山梨で見るものと思っていましたが。

タイミングの問題か、もういなくなったのか肝心のホソバは見かけませんでした。
 

すすきのひかりのゆれてはふれては 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月19日(水)17時09分20秒
返信・引用
  相模原~町田ホソバセに行った。
蛹巣を発見できなかったので心配していたが 両ポイントとも何とか1♂ずつ確認できた。
いたとは言え過去最低。
ヤバい感は払拭できなかった。
 

Re: 生えたままの芒としてをく 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月 9日(日)03時09分0秒
返信・引用
  > No.763[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

来週、私も都内産ホソバセセリの生存確認に行ってみましょう。

一町撃墜するも 今期 各産地低調かもです~。

「ベニ」「モン」「カラスシジミ」

座布団三枚っ!。
 

Re: 生えたままの芒としてをく 山頭火

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 7月 8日(土)12時56分39秒
返信・引用
  > No.762[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

来週、私も都内産ホソバセセリの生存確認に行ってみましょう。

写真は関係ないですが、一日のうちに「ベニ」シタヒトリ・ハイ「モン」キシタバ・ミヤマ「カラスシジミ」が見れたということで、合わせ技でベニモンカラスシジミと遇ったことにしておきます。
山梨です。
 

生えたままの芒としてをく 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月 7日(金)20時31分52秒
返信・引用 編集済
  ホソバセ蛹の〆?として 町田~相模原のポイントへ。
両ポイントとも1巣も見つからない。
こりゃヤバいのか?。
ホソバセ蛹 2015 オオムラ 今回↓
 

青すすきどうやら風がかはつた 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月 2日(日)17時24分5秒
返信・引用
  ブリくんの越生に続けw と日高を彷徨いてきた。
目星を付けておいた谷戸から尾根までしっかり見るもヌル。orz
と なりそうなので その前に毛呂山のポイントに寄った。
去年 二度目に行った折 当てにしていた道路脇のススキが刈られた事件を避ける意味で やや早めにと思いきや 何と もう刈られていた。w
やはり貧果で 辛うじて刈られ残った株で何とか2巣。
 

Re: すすきすこしほほけたる虫のしめやかな 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 7月 1日(土)22時12分57秒
返信・引用
  > No.759[元記事へ]

ワカシさんへのお返事です。

越生いましたよー

グッジョ!。
いかにもな環境ですな。
さーすが~。
 

Re: すすきすこしほほけたる虫のしめやかな 山頭火

 投稿者:ワカシ  投稿日:2017年 6月29日(木)17時41分41秒
返信・引用
  > No.758[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> 越生~鳩山ホソバセを探しに彷徨きまわる。
> 途中 発生の早い狭山に寄るもまだ蛹 チョイ遅れか…。
> 当てにしてた越生のポイントが綺麗~に刈られていた。
> 他を探しまわるがヌル まだ終齢か? が 鳩山で1巣発見。
> 私的には同町お初なので良しとしよう。
> ↓狭山ホソバセ蛹巣。

越生いましたよー

http://burikun.exblog.jp/

 

すすきすこしほほけたる虫のしめやかな 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月27日(火)20時49分3秒
返信・引用
  越生~鳩山ホソバセを探しに彷徨きまわる。
途中 発生の早い狭山に寄るもまだ蛹 チョイ遅れか…。
当てにしてた越生のポイントが綺麗~に刈られていた。
他を探しまわるがヌル まだ終齢か? が 鳩山で1巣発見。
私的には同町お初なので良しとしよう。
↓狭山ホソバセ蛹巣。
 

Re: ベニモンを探しに行って、見事にトラップにかかった!

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月18日(日)05時27分24秒
返信・引用
  辺蟲憐さんへのお返事です。

> 恥ずかしながら ベニカラは何故か四国のをやってないんで モチベーションかかるかもです。

エポックメイキングだった皿ヶ峰ではとうに絶産となっているそうで、その周囲のどこにいるやら私には判りませんが。

> 確かにカラシん時に アサイチお初って言ってたのを思い出しました。
> 縁があまり無い種ってあるんでしょうね。

数年前、山梨に行って、第三室の白斑が大きいのを見つけてあわてて撮影したのですが、写真をよく視たら「第三室の白斑が大きい」フツウイチモンジでした。
そうそう、ここで人生はじめてオオチャバネセセリを見て小さく感激しました …
見る人は 23 区内でも見てる種なのだけど縁がなくって。

今までの経験で最レアだったのは「リンゴシジミの死骸」かな。

> それは災難でしたね で 大事無いんですか?。
> 発疹からの外傷 行の勲章が増えてますな。

ワナは外そうとしてもだめでしたが、靴を脱いだら何とか取れました。
怪我とかなかったのは、ヒルよけにショートブーツを履いていったのがよかったのでしょう。

カラスを観に行ってドクガにやられ、ベニモンカラスでワナにやられ …
これで今年リンゴシジミのために北海道に飛んだらヒグマにやられるかなあ。

とは言え、ベニモンを探したあたりはイノシシの糞だらけで、三年前には銃を持った猟師さんたちに遇ったから、藪の中でごそごそ動いてて撃たれなかっただけラッキーでした。
 

Re: ベニモンを探しに行って、見事にトラップにかかった!

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月17日(土)09時47分51秒
返信・引用
  > No.755[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

「見つけたら凄いぞっ!」でなくて「いなくなってたらヤバい!」って方向のモチベーションでしょうかね。
十年以上目撃報告が途絶えています。


真剣?に考えてしまいました。w
結局 複合的で 他の要素を含め 合わせた時のベクトルが長いか短いかってとこなんでしょうね。

ところで、昨日無理に時間を作って多額の交通費をかけて、時期は遅くなったけどもしかすると卵でも、あるいは産卵に来るとか余生を楽しんで吸蜜に来る♀でも、と静岡に行ってきたのです。
前回、何人かが写真をUPしている場所はここに違いない、というとこをついに見つけたもので。


頭下がります~。
ベクトル 長いですね。w

卵は見られませんでした。
出てきたのがこいつ ↓。
おまえにゃ用はない、とも言いたくなりますが … それでも人生二個体めの出会いです。


お疲れさまでした。
恥ずかしながら ベニカラは何故か四国のをやってないんで モチベーションかかるかもです。

確かにカラシん時に アサイチお初って言ってたのを思い出しました。
縁があまり無い種ってあるんでしょうね。
レアだろうが何だろうが 童心に戻ると言うか 嬉しいですよね。
東京アサイチポイント見っけたいですよね~。
見てはいるんですけど…イチャモンジャ。

- うんてんしゅさ~ん!

それは災難でしたね で 大事無いんですか?。
発疹からの外傷 行の勲章が増えてますな。
私も狙う場所の性格がワナワナしてますんで 気をつけないとですね。
 

ベニモンを探しに行って、見事にトラップにかかった!

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月16日(金)12時49分40秒
返信・引用
  > No.754[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> そんなとこばっか探してるんで 八王子低地ならチョイモチベーションかかるかもですね。
> どうせすぐ潰れてしまうでしょうから…。orz

「見つけたら凄いぞっ!」でなくて「いなくなってたらヤバい!」って方向のモチベーションでしょうかね。
十年以上目撃報告が途絶えています。

ところで、昨日無理に時間を作って多額の交通費をかけて、時期は遅くなったけどもしかすると卵でも、あるいは産卵に来るとか余生を楽しんで吸蜜に来る♀でも、と静岡に行ってきたのです。
前回、何人かが写真をUPしている場所はここに違いない、というとこをついに見つけたもので。

卵は見られませんでした。
出てきたのがこいつ ↓。
おまえにゃ用はない、とも言いたくなりますが … それでも人生二個体めの出会いです。

結局ベニモンに遇えず。
「トラップにかかった」んだろ? … と言われそうですが、現地に到着する少し前、タクシーにちょっと待っててもらってイボタの花をチェックに斜面をのぼったところ、「ぱかっ」という音とともに足に衝撃が。

  - うんてんしゅさ~ん!

と大声で助けを呼びましたよ。
何とイノシシのワナに自分がかかってしまいました。
これは人生初体験。
 

Re: カラシ

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月14日(水)11時56分54秒
返信・引用 編集済
  黒猫さんへのお返事です。

もっとも「八王子」というと広いですからね。
ホソバセセリが確認されたというのは裏高尾とかじゃなくって、標高 100m くらいの場所のことなのです。


長池周辺とかですか?。
そうそう けいさんのはあきる野だったかもです。すみません。
高尾ならバンバン出てると思いますので 私も全く関心は無く 八王子低地のつもりで書いていましたよ。w
そんなとこばっか探してるんで 八王子低地ならチョイモチベーションかかるかもですね。
どうせすぐ潰れてしまうでしょうから…。orz
 

Re: カラシ

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月14日(水)05時04分19秒
返信・引用
  > No.751[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

あー、なるほど。

もっとも「八王子」というと広いですからね。
ホソバセセリが確認されたというのは裏高尾とかじゃなくって、標高 100m くらいの場所のことなのです。
 

Re: カラシ

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月12日(月)23時06分42秒
返信・引用
  > No.750[元記事へ]

ワカシさんへのお返事です。

越生も鳩山も速攻で見つけられそうですねw
特に越生(笑)


越生はワカシさんが出してるし 鳩山は記録されてるから 簡単に行けると踏んでるんですが はて?どうでしょうかね~。
確かに越生は毛呂山より かな~り条件いいですよね。

あ、ケロ山カラシポイントにヒメボタル飛んでましたよ(笑)
(写真はMyポイントです)


をっ! 予告通り さーすがー。
 

Re: カラシ

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月12日(月)22時48分50秒
返信・引用 編集済
  > No.749[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

八王子のホソバセセリはご覧になったことありますか?
新産地ではないけど。ここ10年以上目撃報告がないようてす。


ありません。
っていうか もう出てるし 絶滅宣言のようなものも出てないんで モチベーションが今一なんです。
確か蜻蛉の手帖のけいさんが何年か前にアップしてましたよ。w

↓J’sさんを案内した時 午後の部の狭山の個体 降ったり止んだりの雨の中を翔んでたな~。
相模原→町田→狭山と三都県を一日で制覇 Tommyさんを案内した時と同じコース。w
 

Re: カラシ

 投稿者:ワカシ  投稿日:2017年 6月12日(月)15時15分34秒
返信・引用
  > No.748[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> Tさんへのお返事です。
>
> 久々に燃料を投下させてください!
> 日高でカラシ見つけました!!

>
> グッジョ!。
> Tommyさんの事だから 当然既知産地じゃないですよね?。
> 日高~飯能はハンノキさんが出してるんで 私はもっとチビシーとこばっか彷徨ってます。
> 今年は行きませんでしたけどね。w
>
> そうそう そちら方面ではホソバセの毛呂山は出したんで 今期は越生~鳩山ら辺の新産地を出したいな~ なーんてコシタンで狙っております。w
>

越生も鳩山も速攻で見つけられそうですねw
特に越生(笑)

あ、ケロ山カラシポイントにヒメボタル飛んでましたよ(笑)
(写真はMyポイントです)

http://burikun.exblog.jp/

 

Re: カラシ

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月12日(月)06時57分3秒
返信・引用
  辺蟲憐さんへのお返事です。

> そうそう そちら方面ではホソバセの毛呂山は出したんで 今期は越生~鳩山ら辺の新産地を出したいな~ なーんてコシタンで狙っております。w

八王子のホソバセセリはご覧になったことありますか?
新産地ではないけど。ここ10年以上目撃報告がないようてす。
 

Re: カラシ

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月11日(日)22時20分42秒
返信・引用
  > No.747[元記事へ]

Tさんへのお返事です。

久々に燃料を投下させてください!
日高でカラシ見つけました!!


グッジョ!。
Tommyさんの事だから 当然既知産地じゃないですよね?。
日高~飯能はハンノキさんが出してるんで 私はもっとチビシーとこばっか彷徨ってます。
今年は行きませんでしたけどね。w

そうそう そちら方面ではホソバセの毛呂山は出したんで 今期は越生~鳩山ら辺の新産地を出したいな~ なーんてコシタンで狙っております。w
 

カラシ

 投稿者:T  投稿日:2017年 6月11日(日)19時50分45秒
返信・引用
  辺蟲憐さんご無沙汰しております。

久々に燃料を投下させてください!
日高でカラシ見つけました!!
 

Re: どこかで頭のなかで鴉がなく 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月11日(日)19時04分32秒
返信・引用
  > No.745[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

あや、今年は毛呂山には行かれなかったのてすか?

流石にもう飽きてて…。w
あそこでやり残したのはアオハダトンボとCタテ幼っくらいですかねー…。
もう少し手前の行政区分を あっち方面に行く度に彷徨ってるんですが 今んとこ成果無しです。
どうしても厚木の画像が欲しいんですが これで3連敗です。w
何しろTommyさんのだけですからね~。
スモモだとチビシーので 今回も付近を彷徨ってみましたが ニレがめっかんないっす。orz
 

Re: どこかで頭のなかで鴉がなく 山頭火

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月11日(日)17時15分35秒
返信・引用
  辺蟲憐さんへのお返事です。

> また厚木カラシを狙ってみた。
> 途中 恒例の町田カラシに寄るも姿無し。

あや、今年は毛呂山には行かれなかったのてすか?
 

どこかで頭のなかで鴉がなく 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月10日(土)19時46分2秒
返信・引用
  また厚木カラシを狙ってみた。
途中 恒例の町田カラシに寄るも姿無し。
ガ像をチョイ摘めたのみ。orz
厚木もテリ張りさえ見れない。
もうそろそろ終わりのウツギで待つも現れず。
↓ムシトリカラスw
 

Re: カラスの仲間を求めて

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月 3日(土)07時41分37秒
返信・引用
  辺蟲憐さんへのお返事です。

> やっぱ御神木を失ったのが痛いんでしょうね。

次の世代の木が育つまで10年待ちましょう。

> をっ! 流石~ ド完ぴん

この子を見た代償がこれです↓。

> 自分で見つけといて印籠を渡すのって やめ時も難しく 悲しくも大変な作業ですね。

なが~い目で視てやってください。
 

Re: カラスの仲間を求めて

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 6月 1日(木)23時42分6秒
返信・引用 編集済
  > No.741[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

あそこ、もうだめですか、残念。
隣接する市には普通にいるだろうに、なぜだろうか。


やっぱ御神木を失ったのが痛いんでしょうね。

やっぱり温暖化の中休みで、「遅れてる」というより通常のカレンダーに戻ったのでしょうかね。
昨日、ドクガポイントで新鮮な♂一個体だけ見れましたよ。


をっ! 流石~ ド完ぴん って事は まだ町田の可能性も… 無理か。
自分で見つけといて印籠を渡すのって やめ時も難しく 悲しくも大変な作業ですね。
見つける事の方がどんだけ楽な事か。w

そうそう、数年前知人が都区内の公園で「無尾型クロアゲハ」を目撃しています。
撮影はできなかったそうですが、決してナガサキではなかったとのこと。


赤上がりだったかどうかでその意味が変わってきますね。
ただの異常型であればシブいですね。
そう言えばTommyさんがナガサキ有尾を見たって言ってたな~。
私的には真っ黒なナガサキ♀をコシタンで狙ってるんですが…。w
 

Re: カラスの仲間を求めて

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 6月 1日(木)06時08分37秒
返信・引用
  > No.740[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> ベニカラは意外とポツンとショボいクロウメに多いから 条件が良さげに見え過ぎてるのかもですね。

貴重な情報ありがとうございました。
これほどの場所なので、藪のベルト地帯の周辺にはぽつんぽつんとクロウメモドキがありますが、休憩ついでに雑に視てました。

どうしてもこのベルト地帯が気にかかるのは、食痕だらけのが生えていたりするからです。
これでスジボソヤマキチョウが出てきたら笑っちゃうしかないな、とか思いながら。

> その代わりイタドリの葉裏にドクガの幼虫がみっしり。
> 当たり年ですね。
> ドクガ好きならたまらない年なんだろうけど(私は結構好きです)。


昨日午前中だけまた行ってきましたが、ハルニレに多いなとか思っていたら、イタドリ(これはドクガの好物なのは判っていたけどやっぱり)ヨモギ、イネ科の草にまで付いてました。
豊作なのか、こういう場所なのか …

調子に乗って幼虫を撮影したり、ハルニレの枝をつかんで引き寄せたりしたら、とうとう腕が毒蛾皮膚炎にやられてしまいました!

> 恒例の町田のニレをまわって やっぱカラシはもういないな~

あそこ、もうだめですか、残念。
隣接する市には普通にいるだろうに、なぜだろうか。

> そうそう こちらは例年になく キアシドクガが蛹も成虫もいっぱいでしたw。

キアシは無害だからいいですけど …
見た目も天使みたいだし。

> 結局 厚木で発生木を叩くも1頭も見ず。
> Tommyさんが撮影した小さなレストラン“空木”も咲いておらず やっぱ早過ぎ。

やっぱり温暖化の中休みで、「遅れてる」というより通常のカレンダーに戻ったのでしょうかね。
昨日、ドクガポイントで新鮮な♂一個体だけ見れましたよ。

「消滅したポイント」ですが、完全に引っこ抜かれたと思いこんでいたハルニレ、実は切り株が残っていて、ひこばえが力強く育っていました。
数年後には新たな「絶好ポイント」となる期待が持てます。

しかし今年はハルニレを叩くのは考え物です。
ドクガの雨が降る予報が出てます。

> カラアゲ クロア ナガサキ ジャコウ…アオスジを久々にまとまった頭数で見て やっとこさ来てくれたショボいタンノを1画像w。

そうそう、数年前知人が都区内の公園で「無尾型クロアゲハ」を目撃しています。
撮影はできなかったそうですが、決してナガサキではなかったとのこと。

> ↓萎れたキアシドクガ幼と何かの卵とジョウカイ 題名は不完全変態w。

卵はカメムシですかね?
 

Re: カラスの仲間を求めて

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 5月30日(火)22時07分53秒
返信・引用
  > No.739[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

林道から川に下るほとんど崖の斜面がジャングルになっていて、去年やっと発見した場所ですが、バンド状の 30m の間にコバノクロウメモドキが十数株生えています。
それがなぜかウンともスンとも。
こっちもタイミングの問題なのかな。


ベニカラは意外とポツンとショボいクロウメに多いから 条件が良さげに見え過ぎてるのかもですね。

その代わりイタドリの葉裏にドクガの幼虫がみっしり。
当たり年ですね。
ドクガ好きならたまらない年なんだろうけど(私は結構好きです)。


私も黒猫さんに触発され 今日は絶対毛呂山方面って感じの中 鞭打って厚木カラシに行ってきました。
温度が上がるっていうんで 昨日よりは更に条件が良いはず が チト早すぎるか? などと思いを巡らせながら 途中 朝一は絶滅アサイチでも引っ掛かんないかな~ ってイチモンジ またイチモンジ などと恒例の町田のニレをまわって やっぱカラシはもういないな~ Cタテはもう蛹で見っかんないだろうな~… などと独り言連発でした。
そうそう こちらは例年になく キアシドクガが蛹も成虫もいっぱいでしたw。
結局 厚木で発生木を叩くも1頭も見ず。
Tommyさんが撮影した小さなレストラン“空木”も咲いておらず やっぱ早過ぎ。
発生木に更に近い3倍はあろうかのウツギで 日がな一日 シャッターもほとんど押さずに来客を鑑賞していました。
カラアゲ クロア ナガサキ ジャコウ…アオスジを久々にまとまった頭数で見て やっとこさ来てくれたショボいタンノを1画像w。
あとはテング アカタ ヒメキマ イチモンジセ コミ モンシロ イチモンジ…あとは何だっけ?の中 ミスジにはカメラを向けるも証拠画像のみってとこでしたw。
↓萎れたキアシドクガ幼と何かの卵とジョウカイ 題名は不完全変態w。
 

カラスの仲間を求めて

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 5月30日(火)08時43分0秒
返信・引用
  昨日は静岡北部にカラスの仲間を探しに行ってきました。
食われた痕が都内のブヨか静岡のブヨか判らなくなってます。

15 年前には生息確認されているはずの地域なのですが …
林道から川に下るほとんど崖の斜面がジャングルになっていて、去年やっと発見した場所ですが、バンド状の 30m の間にコバノクロウメモドキが十数株生えています。
それがなぜかウンともスンとも。
こっちもタイミングの問題なのかな。

その代わりイタドリの葉裏にドクガの幼虫がみっしり。
当たり年ですね。
ドクガ好きならたまらない年なんだろうけど(私は結構好きです)。

カメラのキャップをどこかへ落としただけの結果でしたが、帰りのタクシー運転手さんが同情して端数のタクシー代おまけしてくれた上、自販機のお茶を買ってくれました。
 

Re: 今年

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 5月30日(火)08時41分36秒
返信・引用
  > No.737[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

返す返すも「愚かな自然破壊行為」による好ポイントの消失が悔やまれます。

> カラシは特に成績の良し悪しが分かれるポイントですよね。
> まあどの種もそうなんでしょうが 取り分けピークが顕著というか ♀が新鮮な時期に極端な日が来る感じがします。

観察好期というのは実にいろいろな変数に左右されるものですね。
ホストの芽出し時期、吸蜜植物の咲くタイミング、冬の積雪とその後の晴天日数 …

二年前は夏の蝶発生が総じて早く、カラスシジミも同じ日に羽化したばかりの♂♀を見ました。
「雌雄同時発生」というやつ。
こんな時は早い日から乱舞なのでしょう。

> それを含めて人の立ち入りを拒絶するポイントでした。

おまけに昨日になってあちこちブヨに食われていることが判りました。
後から痛がゆくなって何日も続き、化膿したりするのです。
ここまで徹底的に人を拒絶する土地だったとは …

ドクガは風下にいただけで顔中ぼこぼこにされるのに、そいつが足を這っていたのに被害はほとんど0。
ベテラン植木屋さんはチャドクガが大丈夫になるというように、我が家にやたらチャドクガが飛んできて悩まされていたのが禍い転じて福となっていたのかも。

> いいですねーっ!。
> いい画像や採集数を求めて 情報を漁り つながり 徒党を組み 何のフロンティアも無い輩が多い中 賞賛できる好きなスタイルです。

いやあ … 誰か情報くれる人がいたらしっぽ振ってついてっちゃうんですけど。
蝶の生態の知識はないけど、変な能力が備わっているようで、バス停の名前からポイントと判るとか。
今回は川の対岸から眺めてふと感じたという場所でした。
 

Re: 今年

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 5月29日(月)22時29分57秒
返信・引用
  > No.736[元記事へ]

黒猫さんへのお返事です。

今年は全般的に季節の進み方がのろいのでしょうか?

そこなんでしょうね。
カラシは特に成績の良し悪しが分かれるポイントですよね。
まあどの種もそうなんでしょうが 取り分けピークが顕著というか ♀が新鮮な時期に極端な日が来る感じがします。
♀がテリを張らないからという事もそうなんですが 明らかに♂の活動するゾーンも下へと広がる感じがします。

消滅したポイントの代わりに去年♀の飛来を確認した場所です(だから「発生している」という確証もない)。
たどり着くまでに蜀の桟道もかくやという危険な路を歩き、背の高い草と密に茂る低木をかき分けていかねばなりません。
そこは崖崩れの危険にさらされているし、近くの増水すれば飲み込まれてしまうようなところです。

それを含めて人の立ち入りを拒絶するポイントでした。


いいですねーっ!。
いい画像や採集数を求めて 情報を漁り つながり 徒党を組み 何のフロンティアも無い輩が多い中 賞賛できる好きなスタイルです。

肝心のカラスシジミは、正午頃それらしい本気の飛び方をする蝶が一頭のみ樹幹に見えただけでした。

場所にもよりますが 今日は条件は良かったでしょうね。
私は相模原~町田~八王子~日高~毛呂山~越生のフロントラインは流石に飽きてきて 最近のカラシといえば Tommyさんが吸蜜の画像を抑え 私が発生木を特定した厚木なんですが 前回も“樹幹に見えただけ” そんな感じです。
スモモ発生なんですが 相模原のスモモ発生ポイント同様 ニレ発生に比べると発生数が少ない感じがします。
思うにここいらのスモモの萌芽と孵化がビミョーにズレてる気がしてます。

↓去年の今日
 

今年

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 5月29日(月)03時47分38秒
返信・引用
  今年は全般的に季節の進み方がのろいのでしょうか?

昨日都内のカラスシジミを観に行きました。
消滅したポイントの代わりに去年♀の飛来を確認した場所です(だから「発生している」という確証もない)。
たどり着くまでに蜀の桟道もかくやという危険な路を歩き、背の高い草と密に茂る低木をかき分けていかねばなりません。
そこは崖崩れの危険にさらされているし、近くの増水すれば飲み込まれてしまうようなところです。

羽化した手の個体が出てるかと期待しましたが、全く姿が見えません。
ハルニレを叩きましたが …
蝶は飛び出さず、代わりに足を毛虫が這っています。
ドクガの幼虫!!
被害は最低限ですんだものの。
あわてて払いのけましたが、視るとハルニレにまだ数匹。

ドクガの発生木なのは確かです。
それを含めて人の立ち入りを拒絶するポイントでした。

肝心のカラスシジミは、正午頃それらしい本気の飛び方をする蝶が一頭のみ樹幹に見えただけでした。
 

草からとんぼがつるみとんぼで 山頭火

 投稿者:辺蟲憐  投稿日:2017年 5月12日(金)18時00分5秒
返信・引用
  昨日 2年越しで やっと国分寺ヒゲブトの まあまあの画像をおさえたんで 今度は何としても♀ッ!。
恥ずかしながら見たことがないので 個体数の見込める町田を歩いた というか 狭い範囲なので ずっとルッキング。
♂の飛翔で目が回りそうだった。w
新しいポイントで何と4♀(内1♀死骸)。
場所を変えたのが良かったのか 見れる時には見れるもんだな~。
 

Re: 牛もながなが小便してゐる草も春 山頭火

 投稿者:黒猫  投稿日:2017年 4月24日(月)21時53分13秒
返信・引用
  > No.733[元記事へ]

辺蟲憐さんへのお返事です。

> 確かに寄りますね~。(画像はゲットできませんでしたが…。)
> まだ綿毛のタンポポはほとんど無かったから その少なさも影響しているんじゃ?とは思いました。

紙か何か白い物置いて、寄ってくるか試してみても面白いですね。

> それとウラゴマダラシジミ♂の「とりあえず白いものには近寄って確認する」という行動が頭にあったのでしょう。
>
> あーそんな事もありましたね~。
> ご一緒したのが懐かしいですね。

あれからもう三年も経ちましたか。

不思議なことにあいつらイボタの花には吸蜜以外近寄らないのですよね。
鳥の糞でもギンツバメでも紙切れでもとりあえず飛んできて確認するのに。
ヒトの目には同じ白でも蝶からは違って見える、というのが普通の解釈なんでしょうが、もう一つ仮説を考えています。
 

レンタル掲示板
/16