teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


公式!John氏の髪型変遷イラスト

 投稿者:Rika K Mattsuメール  投稿日:2020年11月26日(木)22時28分48秒
  ツイッターで見つけたものです。
ご本人公認で1998年にインターナショナル クイーン ファンクラブ マガジンに載せられたものだそうです笑
This was originally published in the Official International Queen Fan Club magazine's Winter 1998 issue. Artwork by Jen Waitt.
 
 

Mystery of John

 投稿者:GuyFawkes20メール  投稿日:2020年11月10日(火)04時47分51秒
  I have started to take a close interest in John Deacon since the release of Borhap film and I have come across lots of speculation on the internet. The following questions remain unanswered. Are you able to shed any light on these questions? 1. Why did John stop communicating with the Queen fan club in 1999? 2.Why does John no longer communicate with Roger and Brian, despite living so close by in London? Did they fall out? 3. Are Veronica and John legally separated? 4. Does John have a mental illness? Is that why Roger and Brian keep calling him 'fragile'? 5. What has John done with his life since leaving Queen? 6. Do John's children meet with Brian and Roger in his absence? I am very impressed by your website and I agree John is an enigma to be solved!  
    (mami (webmaster)) Thank you for finding my website & leaving message!
I am sorry to say that I have no answers for your questions...
There are lots of rumors about John, but we have no clue if they are truth or fake
because John himself has not left any words these days.
I think that all we DEACONIST (john's fan) can do is praying for his peace and quiet life!
 

John's Daughter in Law

 投稿者:CarlyDermotメール  投稿日:2020年11月 7日(土)04時50分45秒
編集済
  I note John's daughter in law Anna is a photographer and is currently promoting a book on trees she had co produced. She is married to Robert. According to her website she previously worked in the music industry.  
    (mami) Thank you for your valuable information.  That's news to me!
 

ラッティさんが

 投稿者:あやか  投稿日:2020年11月 4日(水)07時03分11秒
  みなさまこんにちは
ラッティさんがインタビューにてジョンとフレディの信頼と尊敬の関係性についてやら、ジョンの過小評価などを語ってらっしゃいました。
https://www.destinationqueen.org/post/interview-with-peter-hince-part-2
 
    (mami) ラッティさんの記事紹介、ありがとうございます。
フレディ本でのインタビューでも語っておられましたが、ジョンの身近にいた彼だからこその
発言が嬉しいですね。
 

お疲れ様でした

 投稿者:理杏  投稿日:2020年10月31日(土)09時37分54秒
  mami 様

弾丸プラネタリアツアーお疲れ様でした。
クッション席、押し倒されませんでしたか(ー ー;)
でもあの席よりは見易かったのではないかと。

あの席は最初は偶然だったのです。
チケット争奪戦が激しく販売5分で売り切れ状態が続いていた頃、販売開始時間にPCとスマホで格闘しながらようやく確保できたのが例の席でした。誰も選ばないような席を最初から選べばチケット取り易いだろうと考えた苦肉の策です。

ですがこの席、思わぬ効用があり、ジョンが私に微笑みかけてくれるではありませんか。
でもその時はどこに座っても押し倒されるのかなと思っていました。
その後中央や後方で観たりもしましたが、全く押し倒される事も無く、あの席の前(最前列です)でもダメだったのです。
あのドームと言う特殊なスクリーンだと、本当に微妙な角度で見え方が変わってしまうのですね。

でも色んな席でそれぞれの楽しみ方ができるって、とても素敵ですよね。
私はクッション席はトライした事が無かったのですが、Radio GA GAを寝そべって観たらきっと圧巻だと思います。
ドームの醍醐味味わうならクッション席ですね!
それに、そんなPVを30年以上前に作ったQueen ってやっぱり凄いです。

もうすぐ終わってしまう「QUEEN - HEAVEN」もう一度は行きたいです。
今度は押し倒されるか、もしくはクッション席でドームの醍醐味味わうか、悩むところとです。


話は全く変わりますが
最近ジョンの近影が出て思う事

ジョンって青いチェックのシャツ好きなのでしょうか。
毎回同じシャツ?って思うぐらい青いチェック。しかも生地はネルっぽい。
若い頃からチェックのシャツはよく写真で見かけていましたが。
Boxerconanさんご紹介のビデオ見て、あら又青いチェックだわ(笑)
そんないつも同じような服着てるジョン様、やっぱり大好きです。


 
    (mami) クッション席は意外とクッションが小さめだから自前で何か持っていくとよい、という話をききつけ
下に敷けるミニ毛布を持参したんですが、少し腰にきたのは確かです。
(たぶんトシのせいと、新幹線での往復がたたったんだと思います^^;)
再度訪問されたときはまた感想などお聞かせ下さいね!


 

プラネタリアTOKYO行ってきました

 投稿者:mami@webmasterメール  投稿日:2020年10月30日(金)21時57分47秒
  「QUEEN - HEAVEN -」が来月で終わるというので、今週火曜日、急遽大阪から日帰り鑑賞を敢行してきました。
少し早めに到着して、ランタンに願いを込めて(まだ誰もいなかったので好き放題書いて)流れ星で飛ばしてから
ロビーをうろついていると、見慣れた顔が隅からこっそりこちらを伺ってるではないですか(画像1)!
まだこんなの置いてくれてるんだなあと感動しながら写真に収めていると、実は常連ファンの方の持ち物。
良かったらどうぞ、と正面を向けてフレディ人形まで配置して下さいました(画像2:ヘタな撮り方でほんとすみません)。

理杏さんお勧めの「ジョンに押し倒される席」と、プラネタリアのサイトで見て面白そうだなあと思っていた「クッション席」で
ずいぶん悩んだ挙句、「押し倒される席に一番近いクッション席」を選択したのですが、結論から言いますと、押し倒されはしなかったような…
(っていうかもうすでに押し倒された状態で見てたわけですけどね^^;)
ただ、肉声が聴けたのと、ラストのあの曲(とPV)でじわっときました。むろん、Bohemian Rhapsodyでフレディの側から睨まれるのも快感でしたよ。

モノ自体は2001年に制作されているので、PVの映像を使用しているところなどは画質の悪さが勿体ない感じでしたが、
(いまならデジタルリマスターで高画質のPV映像に出来るんじゃないでしょうかね)寝そべってクイーンの曲を聴きながら、
空中を漂ったり宇宙に飛び出したりするというのはとても楽しい経験でした(Radio GA GA の映像が意外と面白かったです)

毎週火曜、11月24日まで上映されているので(21~24日は追加上映もあるようです)まだの方もぜひ。

*しかしMade In HeavenとかMother Loveを聴くといまだにゲーム「the eYe」が脳裏によみがえるのはなんとかしてほしいです←煮詰まってた思い出(^^;)

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium1/summer_19_3/

 

秋の似合うディーコンソング

 投稿者:にくきゅう(299改め)  投稿日:2020年10月20日(火)20時28分22秒
  mamiさま、皆さま
いつもサイトを楽しませていただきありがとうございます。
先日のmamiさまのコメントで、秋の似合うディーコンソングは?というお話がありましたので、ちょっと思ったことを。
最近長距離運転をすることが多く、Queenのオリジナルアルバム15枚一気聴きをやってみての結果です。日本の秋の景色を見ながら爆走していて、ススキの穂や色づき始めた稲穂、秋色の空に、ピタリとはまったのは“One Year Of Love”でした。続く“Pain Is So Close To Pleasure”“Friends Will Be Friends”も、共作ではありますが相手がマーキュリーさんなので可としましょう。この3曲の流れはオールシーズンではありますが、特に秋が似合うと感じました。あと、ディーコンさん作ではありませんが、“My Melancholy Blues”のベースの音色とマーキュリーさんの色っぽいブレスを堪能するのは、秋の夜が実に似合うと思います(ちょっと変態チックかもしれませんが…)。如何でしょうか?
今回も新しい知見もなく、語るだけで申し訳ないです。
昨日、ネットをうろうろしていたら、ブライアン博士が「ジョンは今もQueenの一員で、何も言わなければ承諾ということだが、たまに反対と言ってくることもある」と語ったという記事を読みました。最近の記事のようですが、あっという間にどこかに行ってしまって、再発見できませんでした。ソースも覚えてなくてすみません。このサイトとして価値があるものかどうかも私にはわからないのですが、ちょっとぐらいはご報告したくて。
お目汚し失礼いたしました。
一雨ごとに気温が下がってゆく季節、mamiさまも皆さまも、お元気でお過ごし下さいますよう。
 
    (mami) 秋のディーコンソングのお勧めをありがとうございます。
One Year Of Loveの優しいスローバラード、確かに秋の空に似合いますね!
それから畳みかけるフレディとの共作、気持ちまで広くおおらかになりますもんね。

ブライアンの発言の「たまには反対と言ってくることもある」がとても黒幕らしくて(←違います)
思わずニヤニヤしてしまいました。
 

プラネタリア

 投稿者:理杏  投稿日:2020年10月19日(月)23時46分27秒
  mami様、皆さまこんばんは。

昨年プラネタリアの事を少し書かせて頂いた者です。その際ジョンに押し倒されると。
実はその後何回か行きまして、その押し倒される座席が限定される事がわかりました。
画面前方向かって左側前方2列目です。通路側かその隣。
予約の際の座席表では右側に位置します。1番壁際ではダメでした。

押し倒される場面は最後の方で、These Are The Days Of Our Livesでの時です。しかも一瞬です。

かなり主観が入っていますし、全体を観るのなら他の座席の方が観易かったので、一瞬のお楽しみを求めるならば是非お試し下さい。

コロナ騒ぎが始まってから、私も一度も行けて無くて。そんなこんなしている間に間もなく終了とか。
終わる前にもう一度押し倒されたい思います。
座席表の画像貼り付けてみますのでご参考になさって下さい。






 
    (mami) 詳細なアドバイスありがとうございます! とても参考になりました。
押し倒されるのと全体を堪能するのと…大いに迷いつつ無事に予約もとれましたので、
駆け込みでのプラネタリアを楽しんでこようと思います。


 

プラネタリア

 投稿者:mami@webmasterメール  投稿日:2020年10月18日(日)22時53分16秒
  月末にプラネタリア東京のQueen Heavenを見に行こうかなと思ってます。
「ここは見逃すな」というお勧めなどありましたら教えていただけると嬉しいです
(その前にチケットちゃんと予約できるかが心配ですが^^;)
ついでにここも行っとけ、という情報も大歓迎ですのでよろしくお願いします!
 

ハイドパーク

 投稿者:ひとみ  投稿日:2020年10月12日(月)08時06分14秒
  mami様とジョンファンの皆様へ

急に秋めいてきましたね。
ジョン生誕祭から、約2ケ月とは早いものです。
初めてバースデーメッセージを送らせていただきました。こうしてジョンと繋がった気持ちになるのは、このサイトのおかげです。ありがとうございます。

さてさてジョンの近況は、あかんやん!と思いつつ見ずにはいられない。ルーク君のベースにジョンを思いながら疲れた時には、what a nightを聞かせてもらってにやける。皆様本当にありがとうございます。

ハイドパークの1時間半ものを、YouTubeで見たのですが、しっかりど真ん中。ロジに被って、ロジファンから怒られるよ、とヒヤヒヤもの。ギターの音が変だったり、コーラスがハモッてなかったり、楽しさ満載でした。
サロペットの後ろ姿も可愛い。長々とごめんなさい。
 
    (mami) メッセージご参加ありがとうございました。ほんとに、ついこの前の暑さがうそのようですね。
秋が似合うディーコンソング、というと何でしょう(秋の物悲しさのような雰囲気があまりないから思いつかないような…)
ジョンはさりげなくドラムセットのど真ん中に移動したりするので、ただでさえ見えにくいロジャーが
隠れてしまいますね。仲良しリズム隊★(でもロジャーファンごめんなさい)
 

レンタル掲示板
/123