teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


おめでとうございます

 投稿者:みかん  投稿日:2019年 1月18日(金)13時51分19秒
  mamiさま、こんにちは。
今日はサイトの20才のお誕生日&ジョンご夫妻の結婚記念日とのこと、おめでとうございます!

映画鑑賞以来ずっとクイーンの音楽を聴いています。音楽を積極的に聴かなくなって久しく、CDを購入したのは何年ぶりでしょうか。若い頃には気にしなかった歌詞カードの文字の小ささがつらくなり、ノートに歌詞を書きうつし、mamiさまの訳を参考にしながら曲を聴いています。
この曲が作られた頃はジョンはインタビューでどんなことを答えていたのかな…と、こちらで記事を探したりするのも楽しいです。活動の後期のものはつらい部分もありますが…。
どうか今は望んだ穏やかな生活を送れていますようにと願わずにはいられません。

そして、改めてこちらのサイトを続けてくださったこと、新参のファンの私にも前回丁寧なお返事をいただけたこと、本当にありがとうございます。
 
 

フライングですが一言お祝いを。

 投稿者:M.Kassy  投稿日:2019年 1月17日(木)14時12分5秒
編集済
  mami さん、明日は、ベースの人サイトの20才のお誕生日&ジョンとヴェロニカさんの44回目のご結婚記念日ですね。おめでとうございます(*^^*)
一日早いですが、お祝い申し上げます。
世界で一番ジョンへの愛にあふれた、どこよりもジョンのことについて詳しい、このサイトを続けて下さっていて、ジョンファンが集える場所があることに心から感謝しております。
また、ジョンとヴェロニカさんの日々が、穏やかで喜びに満ちたものでありますようにと祈ります。
 

再燃

 投稿者:mugi  投稿日:2019年 1月13日(日)14時26分57秒
  管理人様ならびに皆様、こんにちは。

 皆様と同じく私も映画でクイーン熱が再燃しました。少なくないファンサイトが閉鎖されている中、此方が続いていることは嬉しい限りです。これからも管理人様のご健筆を心から願います。

 十年以上前と思いますが、ハンドル名は忘れましたが、別の名で書込みしたことがあります。ジョンの父の死因についての質問でしたが、未だに謎のようですね。ジョンがまだ11歳の時だったので、フレディより若くして亡くなったはず。

『フレディ・マーキュリー 孤独な道化』には、フレディの死後、ジョンが深刻なうつ状態に陥ったことが載っています(401頁)。父の死のトラウマが甦り、ラップダンスクラブに通い詰めたことがあったとは、ディスコディーコンに相応しい。その後のことはあえて書きませんが、奥様もさぞ大変だったと思います。
 
    (mami) ありがとうございます。今は便利な情報発信ツールが増え、ウェブサイトはもう
役目を終えたのかな、という感じがありますが、こうして皆さんと再会できただけでも、
続けていてよかったなあとしみじみ嬉しく思っています。
 

遅ればせながら

 投稿者:トミーやまざき  投稿日:2019年 1月12日(土)12時19分4秒
  やっと映画を見たんですよ、さすがに映画館で見る、聴く迫力は違いますよね。
大ブームになって今更感想を述べるのもなんですが、
ジョンがオチキャラになっていたのは
いいとして、いい人でマッチョなブライアンが
個人的にはツボですね。これ続編作る気満々な気がします。その為のラストのショウマストゴーオンじゃ
ないかな?

フレディの話のピークにライブエイドを持ってきたので非常に判りやすいストーリーとなりましたが、
クイーンの物語のピークはライブエイドの後のような
気がします。 フレディを守る為にメンバー集結、クイーンを続ける人とジョンのように離れてゆく人を描くとか。

でもトリビュートコンサートを映像化するにはアクターのハードルが相当高くなりそうですが。
 
    (mami) ご覧になりましたか~。
続編を目の当たりにするには当事者たちと我々の心の準備(?)がまだ出来ていない気がしますが、
そこまで描き切ってこそクイーンの物語、というのもうなずけますね。
 

83万ヒット、おめでとう!

 投稿者:M.Kassy  投稿日:2019年 1月11日(金)22時07分55秒
編集済
  こんにちは。今朝ほど掲示板をのぞいてみましたら、カウンターが『830033』でした。つい先日、ゴールデングローブ賞受賞の朗報を黒とかげすぴかさんが書き込まれていたころ、83万まであともう少しと思ってたのですが、あっという間に過ぎてました。『ボヘミアンラプソディ』主演男優賞、作品賞のダブル受賞は本当にうれしい知らせでした。ジョンもきっと家族と一緒にニコニコしながら映画を鑑賞したことだろうなあと思います。(ルーク君も出てるそうだし。)ともあれリタイヤ生活を平穏に楽しんでいただきたいですね。そして私は、ジョー・マゼロさんという似てるディーコンさんをはじめ、ボラプボーイズに注目していきたいです。
83万ヒット記念画像、つたないものですが、お納めくださいませ。それから、パズルも作ってみました。つれづれの慰みにどうぞ(^J^)

http://four.flash-gear.com/npuz/puz.php?c=v&id=4127656&k=38269239

 
    (mami) カウンターに気を配って頂いて恐縮です!
掲示板だけでなく、クイズも皆さんいまだに挑戦して下さっているようで、嬉しいやら有難いやら…
長髪のきれいどころを完成するパズルもありがとうございました(^^)
 

You and I

 投稿者:水城  投稿日:2019年 1月11日(金)00時08分51秒
  mamiさん、皆さん、こんばんは。
すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、すてきな動画を見つけたのでお知らせします。ジョンファンの皆さんの(おそらく)大好きなあの曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=91ceSk3WQi4
※ダイレクトにURLを貼りつけていますが、もし支障がありましたら削除なり修正なりお願いいたします、すみません<m(__)m>
ジョンファンけっこういるんだよなぁ、とうれしくなります(^o^)
 
    (mami) 雰囲気がジョンそのものといいますか、とても優しく素敵な動画の紹介を
ありがとうございました。初めて拝見してファンになっちゃいましたよ!
 

\(^o^)/ヤッター!

 投稿者:黒とかげすぴか  投稿日:2019年 1月 7日(月)14時26分5秒
編集済
  明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
すっかりご無沙汰してすみません<(_ _)>
天の邪鬼であんまり流行っちゃうと逆に聴かなくなるタイプなものですから(汗)

それで、、、やったぁ~♪
ラミ・マレックが、第76回ゴールデングローブ賞 主演男優賞を受賞
ボヘミアン・ラプソディも作品賞とったとのことです。
嬉し泣きしてしまいました(泣)
良かった良かった~♪

ますますQueen流行りそうですね^^
ファンの人が増えてくれると良いなあ^^

私、初日の一番最初の回で観たんです。
キスシーン多い。ジム・ハットンの出会いも違う。時列も違う、、、。
でも最後のライブエイドを見れただけでも良しと観て思いました。
でも、ここまでビックになるとは、、、(汗)
予想もしてなかったです<(_ _)>

ジョンはなんて思ってるでしょうね?
静かな生活を望むのならそれもまた人生だと思います。
多分放っておいてくれないとは思いますがw

何はともあれ、お知らせでした<(_ _)>
 
    (mami) ゴールデングローブ賞の受賞、私もビックリしました!
こうなるとオスカーも期待しちゃいますね。
 

嫁と姑

 投稿者:M.Kassy  投稿日:2019年 1月 6日(日)09時03分47秒
編集済
  mamiさん、皆さん。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
私にとって、特別な年越し、新年になりました。
昨年、ボヘミアン・ラプソディを鑑賞したお嫁ちゃんが、「ジョン・ディーコンさんがかっこいいです、帰省時にPV見せてください」と言いまして。
行く年来る年の終わった後からDVD鑑賞会。グレイテストビデオヒッツⅠ Ⅱ、ライブエイド、ウェンブリー86と2日間かけて観賞。ライブエイドとウェンブリーではセガレを含め応援上映さながらに。途中寝たり食べたり外出したりしながらですけど。
「ジョンはもう、出てこないんですか?」 「なんで、ジョンだけ フレディもちょっとと思うけど、あんな(半パンTシャツ)子どもみたいなステージ衣装なんですか(ウェンブリー)」とか。

嫁シュウトメ2代に渡るディーコニスト誕生です。
 
    (mami) 新年早々、家族円満の素敵なお話をありがとうございます。
お嫁さんの心もがしっと鷲掴んだディーコンさん(と先輩ディーコニストM.Kassyさんの念力)流石です!
 

お久しぶりです

 投稿者:西塔星夏  投稿日:2018年12月31日(月)19時42分30秒
  というより覚えてますか?といった感じですが、御多分に漏れず映画に触発されて戻ってきました(笑) 映画に関してはストーリー部分は(心の中で)いやいや(笑)と突っ込みを入れながら見てましたが、役者の皆さんは頑張って寄せてらしたし、歴史ドキュメントでなくて大河ドラマと思えばなかなか楽しめました。最後のウェンブリーはやはり大画面で見ると素晴らしく、家に帰ってDVDを取り出して見直しを。ジョンに関しては(特に若い頃)逞しい身体つきだなぁとか、役者さんは声とか顔とか頑張ってたけどベースplayはちょっと?な感じ(だから上半身UPが多かった?!)とか突っ込みつつも、ああ、こんな場面がホントにあったならという場面も幾つかあって楽しめました。お正月はちょっとQUEENのライブに浸る予定です(時間があれば.....)  
    (mami) お返事が年をまたいでしまいましたが、ありがとうございます&お帰りなさい~★
「こんな場面がホントにあったなら」、まさにそういうこちらのツボをうまいこと突いてくれる
シーンが多かったように思います(そして脳内であの顔と声と身体で再生)
 

Bass magazine

 投稿者:すずらん  投稿日:2018年12月29日(土)10時20分8秒
  mamiさん、みなさん、こんばんは、いかがですか?
NHKの独占インタビューで日本との絆。初来日でいきなり武道館でした。私は二回目の1976に友達に誘われて、いきました。ディーレイマシーンを駆使したすごい演奏でした。Brighton rock,Now I'm hereの後からエコーのように聞こえるはじめてのLiveでした。
アンコールの'In the lap of GODでは、総立ちで魔法にかかったように手を舞台に向けて歌っていました。
手を取り合って―は、長野のスペシャルオリンピックのテーマになりました。この事は全然知られてません。東日本大震災のチャリティにはいっていた日本語の歌です。
FMから流れたこの曲で3.11の後、帰宅難民になった私は涙が出ました。
ケンさん、名古屋のファンクラブコンベンションで仮装大会に出た方ですか?
ありがとうございます。Bass magazineの洋書を紀伊國屋書店で買えませんでした。
よいお年をお迎えください。皆さんに良いことがたくさんありますよに!
 
    (mami) それはまた大迫力のライヴを堪能されたのですね!
「手を取り合って」の件は私も知りませんでした。2005年の長野大会でしょうか。
あの曲はフレディの伸びやかで優しい声と日本語が素敵にマッチしている名曲だと思います。
 

レンタル掲示板
/92