teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/866 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

好酸球性副鼻腔炎・中耳炎・気管支喘息

 投稿者:転入者  投稿日:2021年 4月10日(土)06時04分31秒
  通報
  標記のとおり、副鼻腔炎が(おそらく)原因となって耳漏や喘息の発作が出たため
2019年末に順天堂で内視鏡下の手術をして鼻茸をとっていただきました

やはり難治性で、いくらか鼻茸もできてきてしまっているようですが
中耳炎は強めに鼻をかむことができない(ツンとする)ものの耳だれはなく、
また喘息もこのご時勢のマスク強制で少し息苦しいものの発作はありません

副鼻腔炎について難病の認定を受けているので医療費についてはとても助かっていますが
順天堂では呼吸器内科でも「原因が共通であることと、お薬の効果についても耳鼻科と
共通するので、医療費について助成を受けられるように、お薬は耳鼻科で出して
もらえるようにします」ということでとりはからっていただいていました

具体的には、飲み薬としてカルボシステイン・モンテルカスト・ビラノアに加えて
スプラタストトシル酸塩カプセル、鼻の吸入のアラミストに加えて喉のほうの
フルティーフォーム、その他症状に応じて抗菌薬等を出していただいていましたが、
無論どのようなお薬を出していただくかは診察してみてということになるとは存じますが
一般論としてそのように呼吸器内科の分もお薬を出していただくことは可能でしょうか?

持病はありつつも、長時間労働と資格試験の勉強のため、なかなか複数科を受診する
時間をとるのは厳しいのと、喘息もピークフローの数値がよほど悪くならない限りは
なるべくお一人の先生に診ていただいた方がよいのではないかと考えています

初診前から掲示板で失礼かとは存じますが、ご回答いただけましたら幸いです
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/866 《前のページ | 次のページ》
/866