投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


合い鍵

 投稿者:夕月 知李  投稿日:2020年 2月25日(火)08時09分13秒
編集済
    おかえり

  ただいま

子供の頃からの習慣

嬉しいことがあった日
悲しいことがあった日
朝喧嘩して気まづくなった日

めまぐるしい日々の中でも
その日の終わりに
つい言ってしまう言葉

あのね  でもね  それがね
お互いの
どんな心の扉も
カチャリ
開いてしまう

秘密の合い鍵

なんかいいね
くすぐったいね
嬉しいね

秘密で秘伝の言葉

   おかえり

   そして

   ただいま

 

言葉に対する

 投稿者:あさぎメール  投稿日:2020年 2月25日(火)05時18分30秒
  相手から私に向けられた言葉

異質な感じ、その温度

その言葉に対して
絶妙な距離感がほしい
離れ過ぎず、近づき過ぎず

手を伸ばせば指先が触れる距離

相手の意思を感じられる立ち位置で
反応して相手を見たい

これは遠くに輝く理想論
かもしれない

往々にして
距離を誤ってしまう

離れ過ぎて、近づき過ぎて
よく見えない

見えない分を私の中で補おうと試みる
それはある種の浸食

私の中で私の思考で触れるごとに
言葉が私に侵されていく

言葉から相手の意思が薄まっていき
私に上書きされる

火が消えてしまうように

本来の意味が
手に入らなくなってしまう

異質な感じ、その温度がどこにもない

そして、相手を見失う
 

空飛ぶ自転車

 投稿者:山の雫メール  投稿日:2020年 2月25日(火)03時10分27秒
  自転車がとても好きで
自転車に乗る最初の天使になった人がいる

絵が好きで自由を信じる宗教画を描いた
歌と共に生きて天使になっても皆会いに来る

ヒドイノリ方をしたけど素敵な夜には
上手くノリ切ったのだろう

猫の様な顔をして自転車に乗る天使
白昼夢を信じ過ぎてまだ明るい内に行ってしまった

だけど彼の白昼夢を
まだ信じている人達がたくさんいる

彼に
自転車と絵と歌と
一夜を過ごす灯りを貰った人達がいる


クレイジーエンジェルよありがとう!
 

ある無名兵士の詩を訳してみた

 投稿者:山の雫メール  投稿日:2020年 2月25日(火)02時57分13秒
  ある無名兵士の詩
と言う詩を自分なりに訳してみました。


導きの試練
無名兵士の願い

自分の力で成し遂げる強さを欲しがると
謙虚に従うように何一つ上手く行かなくなった

大きな事に挑戦する健全さを欲しがると
人助けをするようにイカれた人間になった

幸せになる為には金が必要だと思うと
バカになるなともっと貧乏になった

ほめられる様なすぐれた人になりたいと思うと
神の助けを求めろと努力が仇になった

せめて人生を楽しみたいと何でも良いから欲しがると
人生だけをただそのまま差し出された


欲しかった物は何も手に入らなかった
でもそれは全て自分がずっと望んでいた事だった

自分の事さえわからない こんな俺だけど
本当の願いに対して答えを教えてくれた

俺を世界で一番豊かな気持ちにしてくれて

ありがとう
 

春の嵐

 投稿者:山茱萸  投稿日:2020年 2月24日(月)18時40分31秒
  風に飛ばされた帽子を
追いかける
あ あ あ~

側溝の端っこにつまずき
前のめり
水泳の飛び込みさながら
道端に放り出した
この か ら だ
あ あ あ~

バスが通る
学生の自転車が通る
ウォーキングの
おじさんがふり返る
おばさんがふり返る
あ あ あ~

ポケットのスマートフォンが飛んだ
画面に花が咲いた
ジーンズの膝小僧に血が滲んだ
あの帽子
どこへ飛んでったの

春の嵐に
身ぐるみ飛ばされて
丸裸
あ あ あ~
 

くれさん、Kazu.さん、青島江里さん、皆さん

 投稿者:島 秀生メール  投稿日:2020年 2月24日(月)00時54分3秒
編集済
  くれさん、Kazu.さん、青島江里さん

MY DEAR20周年へのお祝い、ありがとうございました。

ていうか、くれさんも、Kazu.さんも、青島江里さんも、
MY DEARに力を貸して下さったことによる20周年達成ですから、
共に、おめでとう!と、ありがとう!を言いたいです。

ありがとう!!
おめでとう!!!
MY DEARの本当の力はね、いい仲間に恵まれてるってことですよ。

(Kazu.さん、お体、お大事に。)


夕月知李さん、九丸さんも、
お祝いのお言葉、ありがとうございました。


皆さん、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

祝  MY DEAR 20周年

 投稿者:青島江里  投稿日:2020年 2月23日(日)18時58分6秒
  MY DEAR 20周年、おめでとうございます。

20年と言えば、人に例えると成人式を迎えるくらいの、とてつもない時間に
なりますよね。ただ、ただ、凄いなと思うばかりです。

私は途中参加となります。振り返れば、掲示板に1回目の投稿を決心するまで、
恥ずかしくて勇気が出ず、相当悩んだことが思い出されます(笑)感想をもらえ
た時のドキドキ。昨日のことのようです。

詩を書きたいと思う人が、誰でも参加できる場所、MYDEAR。主宰の島さんの
あたたかいお人柄と熱意が、運営、評、投稿など、掲示板に関わる全ての人
に、共に通じる気持ちをくださったということがあっての継続だと、感じず
にはいられません。

MYDEARは、詩を書きたい人にとって、大きなこたつ。
このような場所に出会えたことを、改めて嬉しく思いました。

深く感謝を込めて、心よりお祝い申し上げます。
 

暴走族

 投稿者:エイジ  投稿日:2020年 2月23日(日)18時45分21秒
  君等は僕の家の周りを一日中
ぐるぐるバイクで走っているね
僕の何が気に入らないのか知らないけど
僕はただ淡々と平凡な日常を過ごしてるだけ

休みの日も正午から真夜中まで一日中
うるさい音を立てて走ってるね
せっかくの休みなのにどこにも出かけないのかい?
僕は今日、古書店で素敵な詩集を見つけたよ
君等は休日も一日中僕の家の周りを走る

気が付けばもう半年になるね
今年の夏が過ぎれば一年になるね
この一年君は何をしていたんだい?
僕は少しずつだけど前進してるよ

君等に言いたい
自分の人生を生きよと
僕が家にいるかいないか
僕が寝たか寝てないか
僕ばかり監視して
僕次第で君らの行動は決まっていること
気が付いてないのかい?

こう言ってもまだ君等は
僕を音で威圧しようと
轟音を立てて走り回る
僕はただ僕の家で
やるべきことやるだけ
したいことをするだけ

僕は大病を抱え
もう限られた人生だけど
家で仕事を始めたよ
これだけ言っても
君等は
毎日来るね

君等は
何歳だか知らないけど
将来どうするの?
僕はそんなこと本当は知らないよ
僕はただ自分の人生を楽しむだけ

君等は僕の事未だ何一つ知らない
君らがどうなろうが僕は知らない
ただ言いたいのは
僕の素晴らしいはずの
残りの人生に入ってこないでくれ

僕はただひとこと言う
「自分の人生を生きよ」と
 

おめでとうございます! そして、感想ありがとうございます

 投稿者:九丸(ひさまる)  投稿日:2020年 2月23日(日)17時23分30秒
編集済
  島 秀生様
二十年、おめでとうございます!
そんな年に参加できていること、大変嬉しく思います。
これからも、よろしくお願いいたします。

感想の労、ありがとうございます。
時系列、たしかに分かりづらいですね。
あやふやながら固まりつつある想いをその時に書き留めて、帰国したらすぐに渡す、なんて場面を思いながら書きました。エアメールでもなければ、直の手渡しです。
分かりやすいように考えます。
戯れた怒りは、違う言葉を考えます。
ありがとうございました。
 

MY DEAR20周年!

 投稿者:Kazu.メール  投稿日:2020年 2月23日(日)09時21分33秒
  MY DEAR20周年、おめでとうございます。

「継続は力なり」
この言葉は色んな意味がありますが、私は単純に、
「継続すると言うことは、並々ならぬ意志(力)がなくては出来ないこと」
と思っています。
それは偏に島さんの熱い想いがあったればこそと思います。
その熱意が、詩を愛する人々に発表する場を提供してくれました。
私はこんなに素敵な場に在籍できることを、誇りに思います。

(き、金曜日から胃腸炎で断食していました…
今朝久し振りに覗いたら、投稿欄、大変なことになっていました。)
 

/1662