<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


静かの海のほとりで

 投稿者:水無川 渉  投稿日:2020年 8月14日(金)16時24分43秒
  静かの海のほとりに座って
乾いた波の音に耳を傾けながら
もの思いに耽って過ごすのが
ぼくの日課だ

燦々と降り注ぐ宇宙線
頬を撫でる太陽風 そして
漆黒の空にかかる
巨大な瑠璃色の宝石

目を上げたぼくは
天の蒼玉へ思いを馳せる
あそこには何があるのか
そして 生命(いのち)は?

あの美しい世界に
もしも住人がいるのなら
きっと彼らは優しく善良で
平和に暮らしているのだろう

あんなに綺麗な星だもの
飢えや涙や苦しみとは
そしてもちろん憎しみとは
きっと無縁にちがいない

そこには清浄な水と空気が満ち
生きとし生けるものすべてが
霊妙なる調和のもと
無二の楽園を作り上げているだろう

ああ もしあの遥かな世界に行けたなら
生命の奏でる交響楽に耳を傾け
その住人から 徳と叡智と愛を学べたら
どんなに素晴らしいことだろう

ぼくは思わず微笑んで
冷たい虚空の彼方から
瞬きもせず じっと見つめる
つぶらな青い瞳を見上げた

静かの海のほとりで過ごす
満ち足りた午後
 

離見の見

 投稿者:八くん  投稿日:2020年 8月14日(金)07時58分41秒
  お前はどうなんだと問いかけている
高いところからこっちを見てる奴が

ここには何でもあるのに掴めないものがある
何故なら何処にあるかも考えたこともない
目の前にある事すらわからない
近くなのに遠くしているのは自分だとも分からず
他人のせいにしている

最終的に責任は自分なのに
他人の言われた事に左右され生きている
常識もルールも誰かが決めた事
それに従うことが秩序と言う
正しく生きるのと自由に生きる
分からなくなる

生き方人それぞれ自由に生きよう
そんなことは軽くは言えない
みんな知らない間に蜘蛛の巣の中で生きている
飼い慣らされているとも分からずに

でもそれでも満足して生きている
自分のコンフォートゾーンにいることが心地良い
それが現実幾らコンフォートゾーンの階級が上がっても
答えは見つからないままなのか
いつか答えは見つかるのか

見つかるはずがない

掴めない夢を追い求めているから
幾ら経っても掴めやしない
夢は掴めないから夢
夢が目標に変わった時から始まる


お前は何故生きている
高い所から問いかけている
自分には聞こえない
 

たんぽぽ

 投稿者:じじいじじいメール  投稿日:2020年 8月14日(金)07時38分18秒
  たんぽぽを巣立った綿毛達
新しい命を生むために
花や大地や自然のかなたへ
羽ばたいていく
風にのってどこまでも

大地に根づいたたんぽぽは
綿毛から生まれた新しい命を
笑顔で見守る
黄色い微笑みは母のよう

ずっとずっと
微笑んでいて
幸せずっとつづくから
 

みんなとおなじ

 投稿者:じじいじじいメール  投稿日:2020年 8月14日(金)07時36分36秒
  みんなでね
おひさまのえを
かいたんだ

あかいおひさま
きいろいおひさま
オレンジいろに
みんなちがう
おひさまのいろ
なんでかな

せんせいいった
おひさまだって
ニコニコ
プンプン
エンエンするよ
みんなのかおと
みんなのこころと
おんなじだから
 

立ち?み

 投稿者:ANSE  投稿日:2020年 8月13日(木)22時27分56秒
  精一杯 顔を上げ
貴方の言葉を刻みたいと

優しぃ笑顔に まるで私は
アイスクリーム。


扉を開けたら 曇り顔
逢えた奇跡に 雨粒ひとつ

たった5°
左肘から感じる 拒絶感。
 

金星

 投稿者:ピロットメール  投稿日:2020年 8月13日(木)14時59分24秒
編集済
  疲れ果てて
辛くて 悲しくて
どうにもならず
左手にすっぽり収まった
冷たく薄い板を
ひしと抱きしめる

ボタン一つで
あなたに会える

驚いた顔で
私を見つめるあなた
胸の奥の 混沌たる鉄球は
私の身体を抜けて
地の奥深くまで
ゆっくりと
音もなく
落ちて行く

 どうしたの?
あなたに囁かれ
私は目を伏せる
 大丈夫
 大丈夫よ
懸命に 微笑んでみせる
ひきつった笑顔
無理矢理下げた眦に
堪えきれない 涙が溜まる

受け止め切れない 愛しさの
雫は頬を伝わって
不安と焦燥を飲み込んで
胸元に 落ちて行く

 あなたを愛しています
火を灯した心の言葉の源に
湧き出す恋しさの果てに
寄る辺ない思いを掻き消して
信頼を 如何に寄せれば良いのでしょう

温もりも 言葉もなく
幻のあなたを包む掌だけが熱い
 信じます
 信じるわ
あなたにそっと呟いて
瞼を閉じ
漆黒の彼方に あなたを放つ

見上げた窓
月影が ぼんやり浮かび
あなたの面影 映し出す
太陽の光が冷たい窓を暖めるまで
さやかに 秘かに
私を照らす

遠く遠く
空には金星が輝いている
 

ありがとうございます

 投稿者:九丸(ひさまる)  投稿日:2020年 8月13日(木)14時35分9秒
  kazu.様
おかえりなさいませ。
3ヶ月間、お疲れ様でした。
さっそくの評、ありがとうございます。
毎度思うことも変わらず、これって詩なのか?
と日々自問しながら投稿しております。
肝心の自分の想いを込めた言葉を、いかにはめ込めるかは
いつもながら上手くいきません。
言いたいことはなんとなくはかけてはいるとは
思いたいのですが、それが芯をくって読み手につたわっているかといえば……。
なんにせよ、もがきながら書き続けてみます。
NPUの説明は、確かに注釈入れておけばと反省です。
ちなみに、NPUは大好きなお酒の名前でもあります。
久しぶりご指摘をいただけて、嬉しく思います。
また、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。
 

私の今

 投稿者:エストリン  投稿日:2020年 8月13日(木)13時55分22秒
  女友達が次々に入院
まだまだ退院しない
この暑さだ
退院するのは暑さが一段落してからか

入院しても
状態が良ければ
心の病気とはいえ
外出範囲が広がるものだが
コロナのご時世で
第二派の影響か
外出は厳しく
院内に限られる

家族さえ面会できない

差し入れは看護師経由だ

先日入院中の友人から手紙が届いた
内容は短いが
頑張っているのがうかがえる
一人暮らしが寂しく
入院したと本人は言っていた

私も今寂しい

かまってくれるのが
男友達に限られる

女友達もいるが
遠距離なので
メールや電話に限られる

かまってくれるだけありがたい
こんな事情もあり
スマホゲームにはまった
とか事情もあるわけで

返信の手紙を書き終え
早く渡したくて
病院へと向かう

看護師経由で渡す
翌日も渡した

私も本当寂しいんだな
とか感じた

心配しないでね
何とかなってるから



 

詩の投稿

 投稿者:エストリン  投稿日:2020年 8月13日(木)13時51分26秒
  心の病気で入院すると
スマホは病棟預かり
院内に出るときは持てるが
病棟では持てない

スマホ依存の傾向のある現代
それはそれは困る

連絡がつかない

スマホの充電に至っては
親族に持ち帰ってもらってしてもらうとか
充電器とかだ

充電器を充電してもらうとか

頼りになる親族が忙しいと
スマホがなかなか充電出来ず
困ることになる

病棟は撮影禁止で
スマホにカメラがあるから
持ち込めないのだ

ゲーム機に至っても
カメラが付いているのは持ち込めない
パソコンも無理

それで病棟で何をするか

トランプ
将棋
ぬり絵
編み物
折り紙
クロスワードパズル
そんなものになってしまう

スマホから脱却して
将棋を新たに覚えたとか

私は入院するメリットがわかるような
わからないような
はっきりしたことは言わないでおく

趣味が増えることは良いことだけど

それで趣味が
編み物
将棋
クロスワードパズル
そんなこんな人を
なんとも言えない気持ちになる

はっきり言うと
入院なんてしたくない

趣味の詩の投稿はスマホ
出来なくなる
怖い





 

雨音様

 投稿者:エストリン  投稿日:2020年 8月13日(木)13時46分5秒
  評をありがとうございます。
いろいろと考えます。
また、よろしくお願いいたします。
 

/1791