新着順:83/13911 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

失意

 投稿者:りょう  投稿日:2018年12月 8日(土)22時23分1秒
  通報
  その日、僕は君との恋を失った。
溜まる感情に耐えきれず、本棚の隙間を覗いてみた。
狭く暗いその隙間、向こう側から君が覗いてくれているかもしれないと思った。
以前の僕らは、そうして目が合ったら笑いあって手を繋いでいたんだ。
もっとも今は、触れる体温も無い。隙間の奥には何も見えない。至極当然な話だ。
そこに君の笑顔が見えていたら、まだ僕は失わずに済んだのだろうか。
本棚の隙間には何も見えない。だから僕は咲き乱れる惡の華を飲み込んで吐き出す
 
》記事一覧表示

新着順:83/13911 《前のページ | 次のページ》
/13911