新着順:482/14866 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

詩を書いています

 投稿者:切り子  投稿日:2019年 2月12日(火)09時57分19秒
  通報 編集済
  「なんだと
 もう一度言ってみろ!」
立ちあがったその人は
とっさに後ろを向いた母の髪を掴み
盆の窪を幾度も拳で突いた
束ねた髪のU字ピンが
パラパラと土間に散り
襟元は見る間に血で染まった
押し黙った母は拭いもせず
夜になっても
汚れた着物のままだった

原因がなんであったか
その後どうなったか
子どもには知る由もない
絶え間ない喧騒に泡立つ日々は
幾重にも重なって襞に刻まれ
大人になっても
夢の中まで追いかけてきた

まなじりを吊り上げ
支配することに終始する
その人

ただ
ひれ伏すばかり
転げまわって働いて
打っ倒れた母をも
許すことができなかった

しがみつく記憶を
跡形もなく捨てたいと
願い続けていた
はず・・・

未だ奥深く潜んでいる
こびりついた澱を
一枚ずつ剥ぎとるような
理不尽で 不可解な
わたしの「生きる」

今日も
わたしの「生きる」の
詩を書いています
 
》記事一覧表示

新着順:482/14866 《前のページ | 次のページ》
/14866