新着順:39/16926 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

たたたん、たんたたたん

 投稿者:井嶋りゅう  投稿日:2020年 3月26日(木)23時28分28秒
  通報
  部屋で本を読んでいると
軽やかな音を積んだ車が
窓の外を通った
知ったメロディなのだが
大きくアレンジがほどこされていて
記憶から原曲を探し出せない
ピアノのような楽器で
実に楽しげな雰囲気を醸しだしているが
実際は寂しい印象だったような気がする
音楽の授業だったろうか
テレビで聴いた童謡だったろうか
歌詞が不明なので携帯で調べることが出来ない
口ずさんでも良いのだが
「たたたん、たんたたたん」などと言っても
何の鼻歌やら分からないし
その前後のメロディがまた曖昧なので
結局何のヒントにもならず
知る手立てがない
そもそも何の車なのだろうか
起き上がってカーテンを引けばいいのだが面倒だ
たたたん、たんたたたん、が遠ざかっていく
読みかけの本を投げ出して
目を瞑って遡っていく記憶を追いかける
「たたたん、たんたたたん、たたたん、たんたたたん、たたたん、たんた」
市の案内する行方不明者のアナウンスが流れ始め
ウインドブレイカーを着ているという特徴に
意識が遮られてしまい
のまれてしまい
まるで口ずさんだメロディなど無かったかのように
あっという間に
記憶から抜け落ちてしまう
早春の午後


*****

瀬未さんこんばんは。
今回、瀬未さんが評者さんということで、急いで書きました。何とか間に合いました。
さらっとご感想をいただけたら嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします!








 
》記事一覧表示

新着順:39/16926 《前のページ | 次のページ》
/16926