新着順:24/18995 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

君はうさぎ

 投稿者:タルコンティ  投稿日:2021年 1月13日(水)23時27分34秒
  通報
  僕が初めて小学校に登校し
足早に四季が巡った
また新たな妹や弟たちが元気に登校した
大きなランドセルが揺れている

国語の授業だった
まだ平仮名の多い教科書だ
載っている話の寸劇を教室で行なった
登場人物はうさぎさんと熊さん

うさぎさんは君だった
つぶらな瞳をした茶屋の看板娘
役が君を呼んだのか
君が役を呼んだのか

熊さんは僕だった
大きな図体の食いしん坊な茶屋の御常連
役が僕を呼んだのか
と言ってもあまり嬉しくなかった

まだまだ恥とか見栄はわからない
演じるなんてできやしない
地丸出しで一生懸命頑張った
だが何故か皆に腹を抱えて笑われた

何がなんだかわからない
僕は戸惑い引きつり立ち尽くす

そのとき背中に感じたのは君の視線
振り向くと君は優しく微笑んだ
つぶらな瞳が温かく包んでくれた

他愛ない幼い子供の寸劇だろう
だが見つめ合う僕らは男と女

君は間もなく転校なのか去っていった
今も時間のドアに隠れているだろうか
あのときの君と僕がそっと

初 恋
 
》記事一覧表示

新着順:24/18995 《前のページ | 次のページ》
/18995