新着順:126/19435 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

指定喫煙場所

 投稿者:井嶋りゅう  投稿日:2021年 2月23日(火)19時27分39秒
  通報
  この街には黄色い電車が走っていた
停車する駅名もホームの風景も
私の知っている駅に似ていたが
文字がひとつ多かったり
ホームが少し短かったりして
まるで間違い探しをしているかのような
不思議な気持ちになりながら下車した

駅前には指定喫煙場所があって
そこに続くまでの道や
そこに備え付けられた灰皿のまわりには
吸殻が沢山落ちていた
二十時を示す時計台の下で
コートのフードを被ったまま
ヨガの動きを真似ている者がいるのを見て
思わずふっと笑うと
私の口元から白い煙が束になって溢れ出た

眼鏡屋、携帯屋、居酒屋のビル看板の横を
デパートのエレベーターが
最上階から降りてくるのが見える
その透明の無人箱の上部が赤く光っていたので
どのような仕組みになっているのだろうと思い
しばらく眺めていると
セクハラ、セクハラ、と
異国の者が発する独特の発音で
憤怒している声が背後から聴こえた

通りすがりか喫煙者か
セクハラ、と青文字の大きな見出しが書かれた新聞を
細く折り畳んだ状態のまま
街灯の下に落とした者がいて
それを指して異国の者が怒っているのだ
セクハラ、セクハラ
オトシタ、オトシタ
ヒロエ、ヒロエ

私こそ異国の者であるような気持ちになる
自国を汚している者のひとりであるような
油断の多い話を持ち寄り
笑いながら吐き出す者たちが集う場所で
芋虫みたいな吸殻を嫌悪するだけの私のほうこそ
異邦人ではないのかというような気持ちになる

憂鬱を隠しきれず夜空を仰ぎ見ると
指定喫煙場所の上には
ぼんやりと滲む三日月が出ていた
その朧な輪郭に
私は最もふさわしい者であるかのような
錯覚をおこした

 
》記事一覧表示

新着順:126/19435 《前のページ | 次のページ》
/19435