<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


百日紅

 投稿者:Liszt  投稿日:2021年 9月15日(水)18時05分54秒
  容赦ない日差しに、いささか音を上げている昼下がり。
その上品な薄紅の花を見ると、ひととき暑さを忘れる。
滑らかな樹の肌が涼しさを感じさせるところもよい。
「暑中に一服」という言葉がぴったりだ。

しばらく眺めていると、房のように集まって咲き誇っている花のまわりに
様々な色合いの揚羽蝶が甘やかな香りに誘われてやってくる
―黒、白、黄、みずいろ…軽やかに舞い、蜜を吸っている。
花と蝶が織り成す、一幅の絵にみとれているうちに
いつしか忘れてしまう―都会の小さな公園にいることを。
そればかりか、彼方に長江の雄大な流れを望む、中国の庭園にいるような気がしてくる。

そんな幻想に誘われるのは、ひと夏を通じて長く花を咲かせている様子が、
散り際のよさ、儚さの美学とは違った、おおらかな悠揚迫らぬ風情を感じさせるからだろう。
とりわけ夏の盛りに現れる虫たちには、ごく限られたいのちしか与えられていないことを思えば、
際立った対照ではないか?

それでも、コオロギの声がいっそうはっきりと聞こえ始め、秋雨が続くころになれば、
さすがに花数も減ってきて、この樹も季節の移り変わりと無縁ではないことを感じさせる。

ところが、まさにそうした時期こそ、視線を変えて木蔭をのぞいてみるとよい。
散った花びらが地面に降り積もって、あざやかな淡紅色の絨毯を織り上げているからだ
―悠然と別れを告げているかのように。中国、なかでも六朝の貴族に愛され、宮廷や庭園に多く
植えられたのも、この樹が最後のときまで失わない華やかさのゆえだろう。

ただひとつ、気をつけなければいけないことがある。切り花には向かないのだ。
手折って花瓶に差しても直ぐに萎れてしまう。樹ではあれだけ長い間花を咲かせているのに…
まるで「人の手に落ちることは決して許されない」と言わんばかりだ。
きっと、江南の貴族の誇り高い気風を受け継いだに違いない。
 

 投稿者:エイジメール  投稿日:2021年 9月15日(水)09時50分0秒
  今にも雨が降りそうな
曇り空だったのが
翻って
青も見えてきて
光も射してきた

不思議だね
空は

こんなにカラフルなのに
その下で
油絵一つも描けやしないけど

空が恋人だって
言っていいんだよね
こんなにカラフルに
感情を見せてくれるから

不思議だね
空は
 

鼓動の在処

 投稿者:村嵜千草  投稿日:2021年 9月15日(水)08時31分17秒
  ここに、
私の声を録音したものがある

その声は、
中学卒業の日に 思いを馳せて
大地震の記憶を辿っている


私はこれに時折、
自分自身で聴き入ってみる

目を閉じて、
泣いて耳を揺らす日もあれば
スッと瞼を持ち上げて再生を終える日もある



ここに、
過去の私のかなしみがある

その声は、
間をおいてゆっくりと喋っている
震えていたりなどもする


私はこれに時折、
相槌を打って聴いてみる

両の眼(まなこ)から、
しとりと零れるものがある
涙とも言う、またかなしみとも言うだろう



私の鼓動は、
ここに動いている

私は都度、
かなしみを知っているかと
確かめる

私はまだ、
震える声と この雫のあたたかさを 憶えている


だから私は、
おそらく今まだ生きている

かなしみを湛(たた)えているから、
生きていると知る
 

雨音様 評へのお礼

 投稿者:一条純之介メール  投稿日:2021年 9月14日(火)23時58分58秒
  雨音さま このたびは、お忙しい中、「詩」と言い切り難い投稿作を評していただき、まことにありがとうございました。句読点不要のご指摘、漢字を交える点などのご指摘が新鮮でした。どうもありがとうございました。書いたものについて、他の方から言葉をいただいたのは、初めての経験でした。それまでは、頭ごなしの否定的な意見や、無言というのが定番でした。それだけにおっかなびっくりの投稿でした。自身にいや応なく見えてくるイメージ、聞こえてくる音が文字によって定着できましたら、また投稿いたします。
一条純之介
 

他者

 投稿者:高山京子  投稿日:2021年 9月14日(火)16時02分0秒
  ある日
突然
目の前に立ち現れた
深くて
暗い
断層

底が見えることはなく
交わることもなく
手さえ届かない
得体の知れない
しかし
確かに存在している
ひとつの実体

あなたは
変わってしまった
私も
変わってしまった
そういうときに
立ち現れる
他者――TASHA――others

もちろん
真実は最初から
他人だったわけだけれど

ある瞬間にふと
他者は顔を覗かせる
それは冷たく
埋めようのない溝
深く
暗く
底知れないもの
 

雨音様

 投稿者:まるまる  投稿日:2021年 9月14日(火)14時21分55秒
  「ポヤッとテレビ観るだけでも」に遠くイギリスから評をありがとうございました。
「日常の切り取り」と認めていただけたのた嬉しくてうれしくて、危うく後半の課題が入らないところでした。声に出して読む......読んで読んで、ヨシッと思って出したのですが、まだまだ及ばなかったようですね。変な先入観があったのかもしれません。テンポを考えやってみます。ありがとうございました。
 

雨音様、御礼

 投稿者:秋冬  投稿日:2021年 9月14日(火)12時44分29秒
  はじめまして、こんにちは。
この度は温かな言葉を頂き、ありがとうございます。

なんでこんなとこに? と思う場所でアオサギと出会うと、それだけで幸せになります。
あの晩は、気分良くビールを飲みました。

書き始めたばかりで、正直言うと自分が書いているのは「詩」なのだろうか? と思いながら投稿させて頂いております。
たぶん考えても分からないと思うので、あまり難しく考えずに、また書きます。
 

沢口リリキ様へ 8/24投稿分感想への御礼です

 投稿者:村嵜千草  投稿日:2021年 9月14日(火)10時18分57秒
  始めに、頂いたご感想への御礼が大変遅れてしまいまして、本当に申し訳ございません。
体調不良により投稿の出来ない日が続いてしまいました。


ご感想にいただいたことを踏まえて「わたしのうた」を読み返しましたが、
表したいことを削りすぎたか、と反省です。
実のところ、「かなしい」という印象のまま終わらせたい詩ではありませんでした。
細かく書き込みすぎると日記になってしまうと思い省いたのですが、今度はやりすぎました…。
一連ごとの背景を少しずつ書き足してまた書いてみようと思います。

ご感想ならびに詩の構成等についてご教授くださりありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

村嵜千草
 

藍音ななを様へ 8/17投稿分感想の御礼です

 投稿者:村嵜千草  投稿日:2021年 9月14日(火)10時06分50秒
  まず始めに、御礼を申し上げるのが大変遅くなってしまい申し訳ございません。
体調不良によりしばらく臥せっておりました。

「無題」へのご感想、ご教授ありがとうございます。

仰る通り、一人問答をそのまま文字に起こしたので
「答えの出ないもどかしさ」「何とも言い難い不安」などもやもやと掴めない自身の頭の内を素直にタイトルにしたいと考えた末の無題でした。
ご感想を拝読するに、書き手としての意図はむしろ空回りしてしまったようで悔しく思います。
考えすぎたのか、読み手へ投げすぎたのか、苦心してつくった詩であっただけにタイトルで台無しにしてしまうのは反省です。
ご感想にいただいた「一人問答」などをタイトルに持ってくると良いでしょうか。

8連目の「得体」は書きミスではなく、字面をストレートに受け取っていただければと思います。


改めましてご感想ならびにタイトル等に関するご指摘・ご教授をありがとうございました。
今後とも詩作を続けながら学んでゆけたらと思っております。
何卒よろしくお願いいたします。

村嵜千草
 

坂道ノート

 投稿者:妻咲邦香メール  投稿日:2021年 9月14日(火)09時39分42秒
  図書館の窓にヤモリが張り付いて
飛行機の影を跨いだ
空色のシャツを着てても坂道は坂道だった

苔生した桜の木に昼寝を教わる
読んで聞かせた詩の一篇
手水の音が聞き耳を立て
狛犬は頁を押さえてくれた

子供の頃から知っている石が
もう私を覚えていない
学び過ぎたことしか最近は持ち歩いてないから
レモン味のキャンディとか
期待してたなら

消せない記憶はお喋りばかり
静かになるまで待てなかった
そうやって人はいつも
去っていくのに
もうこれだけしかないよ
残り少ない夢を振ってみせて
読み飛ばした箇所は後から読み返せないって
わかっていたけど次を捲った

何度指切りを破っても見逃してくれた鳥居が
初めて通せんぼをしてみせる
両手を大きく広げて
でもその間をすり抜けて踏み締める玉砂利
小さな尻尾の影が追い越していく
負けずに私も後を追う

薄紅のカーディガンがはだけても
坂道は坂道だった
 

/2108