投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雪玉模様

 投稿者:かすみ じゅんメール  投稿日:2019年 2月 8日(金)10時00分12秒
  プレハブ小屋の出入り口
開き戸の
広い硝子窓から見える景色には

小さな羽毛
吹き散らしたように
真っ白な玉雪が宙に舞い踊る

あっち? こっち?
そっち? どっち?

戸惑うように
ふらりふわり回って跳ねて

面白いから眺めてた

硝子に一つ柔らかく
ぽんっ と当たって
崩れて溶けて
水になり

じわり滲んで膨らんで
しん
と零れて
ゆっくりと伝い

歪な流れ痕
少しだけ残した

白い山は
白い空に繋がり
陽の光はぼんやりと見え隠れしながら

雪の降る風景を
優しく
幻想的に照らし出す
 

パートナー

 投稿者:埼玉のさっちゃんメール  投稿日:2019年 2月 8日(金)05時27分49秒
  互いに信頼し合い、助け合い
これからも、二人三脚で歩んで行こう
皆に愛情たっぷりの歌声を届けて
そうなる事を夢見て

今は山程あるやるべき事が沢山あり
互いに時間が取れないけれど
いつでも並ぶ準備は出来ている

同じ歩幅、タイミング
以前と変わらないと思っている
今はそれが出来ないだけなんだ

離れていても心の中の景色は色褪せない
まだか、まだかとウズウズしている

僕は用意は出来ている
あとは、君が来るのをひたすら待っている
靴紐を直しながら
 

青島江里さんへ

 投稿者:キャベツ  投稿日:2019年 2月 8日(金)00時15分39秒
  「晴れてサイミギスに言いたし」なんとも妙なものを提出してしまってごめんなさい…笑
じつはこれ、すべての連が「いみにしはいされすぎていた」という言葉のアナグラム(入れ替え言葉)になっているはずです。
詩を書く際、一語一語のもたらす意味にばかり支配されて、肝心の音韻というものにいつまでも習熟しない自分を顧みる、という立派な意味に支配されたオートファジーな詩をめざしました。
要するに、書くことがないのかもしれません(うひゃー)。

 

ショウガイ永久苦悩

 投稿者:ケイメール  投稿日:2019年 2月 8日(金)00時10分12秒
  ああ、そうだ
僕は人間になりきれなかった
出来損ないの失敗作だったんだ

「まだ子どもだから仕方ないね」
そう言われるたびに
大人なら
大人になったら
何でもできるようになるんだ
そう思い込んでいた
そう思い込まされていた

僕も大人になったら
自然と挨拶や礼儀作法が
当然のように出来るようになると
思っていたのに
目の前に広がるのは
クレームの嵐と
解雇通知の一枚紙
汗と震えが止まらない

どうしてこうなった
時間が解決してくれるんじゃなかったのか
大人になったら
自然と出来るようになるんじゃなかったのか
地道な努力が必要だなんて
父さんも母さんも
先生も先輩も
誰一人
教えてくれなかったじゃないか

ああ、そうか
きっと本当の僕は
とっくの昔に死んでいた
 

青島江里さま

 投稿者:レノン  投稿日:2019年 2月 7日(木)23時30分44秒
  青島様
「黄色のコート」に評をありがとうございます。「新しいスタート」という素敵な言葉を頂けて感激しています。
またご指導をよろしくお願い致します。
 

辛い

 投稿者:シャネンメール  投稿日:2019年 2月 7日(木)22時16分34秒
編集済
  辛い
辛すぎる

山葵のように
鼻先が刺激されて
あまりもの辛さに
涙も出てくる

この辛さを耐えるべきか
この辛さにひれ伏すべきか

辛い
辛すぎる

目頭以外も熱くなる
他にも選択肢はあったのに
後悔が頭を巡る

いつかこの辛さも
甘い思い出になるのだろうか
もしくは苦い思い出か

辛い
辛すぎる


別れはいつだって
辛すぎる
 

青島江里様

 投稿者:シャネンメール  投稿日:2019年 2月 7日(木)22時15分45秒
編集済
  「だし巻き卵、ほか」に評をいただきありがとうございます。
今回はノンフィクションだったので、逆に詰めが甘く淡白に
感じさせてしまったような気がします。
油断でした。今後は身を引き締め直します。
 

青島江里さん

 投稿者:伊月あかね  投稿日:2019年 2月 7日(木)22時05分42秒
  「輪廻」に評と佳作半歩前を頂き、ありがとうございます。
「思いふけるのだろうな」です、誤字です、すいません。
”間”ですか!なるほど、季節の繰り返しを行を変えて表現するということは頭になかったです。
勉強になりました、ありがとうございます。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
 

青島江里 様

 投稿者:あさぎメール  投稿日:2019年 2月 7日(木)21時49分9秒
  評をありがとうございます。三連目、確かに急展開していますね。指摘されて初めて気づきました。こういう甘さをなくしていきたいです。今後もよろしくお願いします。  

青島江里 様

 投稿者:矢島  投稿日:2019年 2月 7日(木)21時18分12秒
編集済
  1月29日投稿「さけび」に御評下さり、ありがとうございます。
「まるで人生~」の点は、仰っていることに凄く納得しました、配慮が足りませんでした。比喩が思いつくのを待って、修正をしたいと思います。
また、包容力を感じて、ついついオチに平仮名を使ってしまいますが、必然性がないとただの誤字ですね(笑)、こちらも推敲の際に気をつけていきたいと思います。
今回も丁寧に読んでいただき、本当にありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
 

/1444