投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


くれ 様

 投稿者:ゆき  投稿日:2018年 9月19日(水)23時18分29秒
  こんばんは。
「夢破れて」に評とご指摘をありがとうございました。説明文的な部分はもっと推敲しながら、気をつけたいと思います。いつも丁寧なご指導も感謝しております。どうもありがとうございました。
 

島様お許しください メルト様への返信

 投稿者:中也  投稿日:2018年 9月19日(水)21時55分53秒
編集済
  島様、一言メルト様への返信お許しください。

メルト様へ

中也を覚えていて下さり本当にありがとうございます。
いろいろなことが中也の周りで起こってしまって、正直とても精神が弱っていました。詩を書いても、米1粒にもならないと考える人もいるでしょうが、お金では変えられない優しさと思いやりの価値を生じることがうれしくて、詩を書いています。本当にありがとうございます。
これからもメルト様の詩のファンとして、読ませてもらっていいですか。どうか無理をなさらずに。
メルト様の詩を楽しみに私も頑張ります。
うれしくて、うれしくて、ありがとうございます。
うまく言葉にできませんが、今後ともよろしくお願い
します。
 

ウルトラ省電力モード

 投稿者:キャベツ  投稿日:2018年 9月19日(水)21時54分53秒
  こんな時間から
横たわる
明日のための塊
風邪じゃない
恋じゃない
鉄分不足じゃない

SOS をばらまいて
救助隊をば拒絶する

助けないでください
疲れるので
そっとしておいて

精神的な国道を発見
突き進む内部へと
必ず待っている
同じ顔のひと

わたしはあなたに愛されたい
それをがんばりたい

いつもありがとう
宇宙の株主よ
 

くれ様へ ありがとうございました。

 投稿者:中也  投稿日:2018年 9月19日(水)21時43分55秒
  今回、大変温かい心のこもった批評をしていただき本当にありがとうございました。
どこまで頑張れるか分かりませんが、生きていることの喜びを詩に書いていきたいと思ってます。
これからもご指導よろしくお願い致します。
 

島 秀生 様

 投稿者:中也  投稿日:2018年 9月19日(水)21時34分52秒
編集済
  本当に私のようなわがままな投稿者に温かい言葉をかけていただき、ありがとうございました。
また投稿することを快く迎えていただきありがとうございます。
しっかり詩と向き合っていきますので、これからもよろしくお願いします。

 

119

 投稿者:伊月あかね  投稿日:2018年 9月19日(水)21時28分8秒
編集済
  あの日、夢で見た絞首台
のどが渇くほど生々しい夢
不気味な朝が憂鬱を踊らせる
通勤ラッシュの満員電車はまるで絞首刑
暗闇を這う蜘蛛が糸をはく
そんな眩暈も夢か現実か覚めてしまえばわかること
遮断機が織りなす不協和音
事故現場とは死刑台
晒される悲惨が飛散し
やがて夜になり
夢を見る
絞首台が見える
覚めてくれと思いながらも執行
苦しさと渇きがのどを滑り込み
たすけてよ
赤く汚れた液晶画面
映し出されてるのは
すでに手遅れの119
 

くれさんへ

 投稿者:伊月あかね  投稿日:2018年 9月19日(水)21時19分53秒
  ”ヨルガオ”に評をつけて頂いてありがとうございます。
ありがたいお言葉を頂いて大変うれしいです!
この詩は深く考えす”ヨルガオ”の花言葉である”夕暮れの思い出”を汲み取った詩にしたいと思いましたが
深く考えずに書いた反面拙い部分が露呈してしまったようです・・精進します。
 

くれ様へ

 投稿者:氷魚メール  投稿日:2018年 9月19日(水)21時07分12秒
  わわ、これは申し訳ないです(*・ω・)*_ _)私の好きな文体でしかも、私の好きなスタイルで突っ走ってしまいました。零時、でしたね、そうでした汗シンデレラの魔法が溶ける、時間…なのですが…もう少し分かりやすくする事が課題ですね。このまま、突っ走ってしまうかもしれませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m  

くれ様

 投稿者:鈴鳴すずしろ  投稿日:2018年 9月19日(水)14時28分45秒
  くれ様、感想及び評の方、ありがとうございます。

ご指摘の点、今一度推敲させて頂きます。
北風、のところは育ちが北の方ですので、稲が実っている頃には少し乾いた肌寒い風が吹いていたという記憶からでしたが、北風という表現は性急過ぎたかもしれません。
最後の2行は考え過ぎで逆に嵌ったような気がします……。もう少し、簡潔に書くべきだったかと感じます。

お褒めの言葉とご指摘、改めてありがとうございました。
ぜひ次回以降の詩に活かさせて頂きたいと思います。
 

くれ様

 投稿者:草香メール  投稿日:2018年 9月19日(水)13時25分45秒
  ご多忙の中、9月14日投稿の<乾かす>に
丁寧な評をありがとうございます。
短めだけでなく、時にはもっと書き込むことも、
必要なのですね。お年寄りを観察してみます。
参考になりました。足踏み状態で、
詩作は難しいです。またお願い致します。
 

/1312