<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


島さんへ

 投稿者:れもりあっと  投稿日:2021年 4月18日(日)17時58分46秒
  感想を、ありがとうございます。

たしかに、「救われていく」と言ったら、コロナの話に入っていった方がいいですよね。
焦点がぼやけてしまいました。反省です。

この詩はやり直したいところですが、
諸事情により、やめておきます。
その代わりに、さらなる精進を求め、
いい詩を作っていけるよう励みたいと思います。

次回ももし、機会がありましたら、
よろしくお願いいたします。
 

蜘蛛

 投稿者:はるきよ  投稿日:2021年 4月18日(日)14時41分32秒
  蜘蛛は私に何思う
蜘蛛にとっての私など
ただの大きな怪物で
さぞかし怖いことだろう

蜘蛛は私になに思う
いつか大きくなったなら
食べてやろうと思うのか
いつか大きくなったなら
仲間にしようと思うのか

私は蜘蛛に何思う
私にとっての蜘蛛などは
ただの小さな虫けらで
潰して捨てるも簡単だ

私は蜘蛛に何思う
私が小さくなったなら
蜘蛛は敵だと思うのか
私が小さくなったなら
仲間になれると思うのか

お逃げなさいな蜘蛛さんや
蜘蛛が大きくなったなら
私が小さくなったなら
二人で酒を酌み交わし
世界について語ろうぞ
 

硝子の日々

 投稿者:ゆうひ  投稿日:2021年 4月18日(日)14時27分38秒
  パリン

触れたらいまにも割れてしまいそうな、
繊細で心細い日々を過ごしている。

キラリ

振り返れば遠いあの日の思い出が光るような、
無色の日々を過ごしている。

それでも幾重の硝子の日々は
どれだけ破っても、破っても、
遠いあの日に近づけるわけではない。

それでも幾重の硝子の日々は
その体を通すたび、通すたび、
遠いあの日を密かにくもらせてゆく。

わたしは紛らわすように
硝子の日々に仮初の色を塗りたくる。

この硝子の日々に
取り繕うように意味を持たせようとする。

そうして気づいたときには
出鱈目なアートだけが過去を彩る。

きっとこの無色の日々は
遠い昔の夕陽をのぞむために
遠い未来の満月をながめるために
今はそっと、息を潜めて、準備をしているのだ。

嗚呼、願わくはこのままで。
これ以上、硝子のヒビを増やさぬままで。
 

三浦様へ

 投稿者:ゆうひ  投稿日:2021年 4月18日(日)14時22分24秒
  詩を書こう。感想をどうもありがとうございます。
句読点は見返してみると、確かに多すぎるような気がしました笑
今後はその点にも留意して、精進したいと思います。
仰られましたように、わたしは殆ど衝動的に詩を書いておりますが、
この衝動は大切にしたいと思います。
よりこの心を美しく表現できるように、今後とも努めますので、
よろしくお願いします。
 

沢口様

 投稿者:ゆうひ  投稿日:2021年 4月18日(日)14時16分49秒
  ぶらんこ、感想をどうもありがとうございます。
情景や心情を読み解いて頂き、とても嬉しいです。
今後もよろしくお願いいたします。
 

島 秀生 様

 投稿者:藤代望  投稿日:2021年 4月18日(日)11時31分38秒
  評をありがとうございます。
少し実験的に書いた詩なので秀作をいただけてホッとしています。
荒い部分、もっと推敲を重ねようと思います

今後ともよろしくおねがいします
 

三浦志郎 様

 投稿者:蓮見 丈メール  投稿日:2021年 4月18日(日)10時54分54秒
  評をありがとうございます。
大真面目が一番のユーモアや毒となることは、
チャップリンの映画が教えてくれました。
 

島 秀生様

 投稿者:まるまる  投稿日:2021年 4月18日(日)10時14分17秒
編集済
  「カタチにしたら終わっちゃうけど」に評をありがとうございました。
愚痴っぽい面白味のない詩を出してしまったかとソワソワしながら評を読み始めましたが、島さんに「好き」といただける連の書けたこと、秀作をいただけたこと、とても嬉しいです。これからの人生も良くなりそうです。
「終わる」については、はい、「戻りたくても…」に続けるなら、誤解を生んでしまうのですね。価値観との決別により、「戻らなくても生きていける(少しおおげさですが)」という思いを表現できてたらな…と、思いました。
漢字間違い、すみません!ご指摘ありがとうございました。
 

三浦志郎様

 投稿者:小林大鬼  投稿日:2021年 4月18日(日)08時40分20秒
  「北の国から」に感想をありがとうございます。今思えば北の国からは本当に家族のドラマでしたね。当時の再放送を見ながら、しみじみ過ぎ去りし時代を思いました。  

桜川慕情

 投稿者:小林大鬼  投稿日:2021年 4月18日(日)08時33分59秒
  春が来た春が来た
古き土浦に春が来た

流れゆく桜川
桜並木は花盛り

春が来た春が来た
桜川堤に春が来た

懐かしき面影を
探し行き交う人々よ

春が来た春が来た
昔の夢を噛み締めて
桜川よ続く道よ
 

/1980