投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


くれ 様 おめでとうございます。

 投稿者:中也  投稿日:2019年 1月16日(水)21時37分24秒
  くれ  様
この度は誠におめでとうございます。
海外で自分の作品を朗読していただけるということは、中也からしたら、夢のまた夢のような話です。自分の身近にそんな詩人がいると思うと、うれしくて仕方ありません。また、そのような功績の大きい方に自分の作品を批評してもらっていると思うと大変光栄です。
いろいろと目まぐるしい日常に忙殺されそうでしたが、このような嬉しいビッグニュースで、嫌なこともすべて吹き飛びました。
どうか益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
このたびは本当におめでとうございました。
                           2019年1月16日         中也
 

齋藤 様

 投稿者:ゆき  投稿日:2019年 1月16日(水)20時25分45秒
  こんばんは。
「冬の後ろ姿」に評とご指摘をありがとうございました。改めて読み返してみると、仰る様に時間軸がおかしいと感じました。直して頂いた詩はとてもしっくりとしていて、時間軸の大切さがわかりました。気が付かない事が沢山ありますが、ご指摘のおかげでとても勉強になります。お礼が遅くなり申し訳ありません。今後もどうぞ宜しくお願い致します。
 

皆さんにお知らせ。

 投稿者:島 秀生メール  投稿日:2019年 1月16日(水)19時07分34秒
編集済
   くれさん(木村孝夫さん)のポケット詩集『 私は考える人でありたい』が、

 デンマーク・コペンハーゲンで朗読されます。


デンマークのオーケストラ、コペンハーゲンフィルでセカンドバイオリンの首席を務めている安井優子さんは、
これまで東日本大震災後10回ほど、海外でチャリティコンサートを開催しておられますが、
今年3月2日のデンマークで行われるチャリティコンサートで
くれさん(木村孝夫さん)のポケット詩集「私は考える人でありたい」を紹介して下さることになりました。
(何曲か演奏されるあとか、演奏と演奏の合間かはわかりませんが)

3月2日のチャリティコンサートは
教会(約100人ほどは入れる)で行うとのことです。
コンサートの中で、安井さんによる詩の朗読があり
他の方が同時通訳して下さる形のようです。

演奏者は無論、皆ボランティア参加です。
その入場料は、全て福島の方へと寄付されます。
詳しくは下記リンクをご覧下さい。
チケットも販売開始されておりますので、拡散希望です。


 「このような形で、海外でのチャリティコンサートに詩を紹介いただけることは、福島の今を少しでも
知っていただける事となりますので、嬉しく思っています」との、くれさんからのコメントでした。

http://pic.twitter.com/c3P8IglEul

 

「ともだち100人できるかな」神話

 投稿者:なおきち  投稿日:2019年 1月16日(水)17時02分29秒
  大勢の中でだまって立っている
みんな楽しそうなのに
私だけ楽しくない

楽しくない私はおかしい
話さない私がおかしいと思った
がんばって話そうとしたけれど
しんどかった

聞いていればいいと思いついた
聞くことに徹した
話してくれる子がいた
話し込まれることもあった
居場所を見つけた気がした

でも、どうして私は話すことがないのだろう
あの子みたいに話せる出来事がないのだろう
聞くこと優先が
苦しくなった

なんで話せないのかな? は
なんで聞いてくれないの? になった
どうして私ばかり聞かなくてはならないのだろう?
どうして私のことは聞いてもらえないのだろう?

実はたいして話したいことがない
やっと気づいた
だから話さなかった
自分で選んでいた

あの子の話したいことと
私の話したいことは
イコールではない

話すことも聞くことも
自分で選べる

今も聞いていることが多い
でも話したいことは話す
つたない話し方で

話せない は幻で
話したくなかっただけ
話さなくてもよかったのだ
 

お礼参り

 投稿者:レノン  投稿日:2019年 1月16日(水)08時01分11秒
  体調を崩しませんように
力を出しきれますように
合格しますように
どうかどうかお願いします
最後の追い込みに入った頃
高まる緊張と焦りを抱えて
寒風の天満宮を訪れてから一年

一礼して石造りの鳥居をくぐり
冷たく澄んだ手水で身を清める
頭を撫でられてツルツルになった
願掛け神牛を右に見て
参道の端をゆっくりと歩く
狛犬が守る本殿は
青銅の屋根に朱赤が鮮やかに映え
太く大きなしめ縄の向こうに
神聖な領域が凛と佇んでいる

    天神さま
    遅くなりましたが
    祈願成就のお礼に参りました
    インフルエンザに怯えた直前の日々
    精一杯の強気で臨んだ試験本番
    結果を待つ数日間の気ぜわしさ
    合格発表で咲いた満開の笑顔
    毎日 憧れの制服を着て
    笑って 怒って 泣いて また笑って
    この一年で娘はずいぶん成長しました
    おかげさまで
    良い新年が迎えられました
    本当にありがとうございます

一月半ば 冬晴れの境内
去年の私たちと同じ思いで
絵馬を書く人たち
志望校合格
資格試験合格
子供の合格
恋人の合格
たくさんの絵馬から
どうかどうかお願いします
と聞こえてくる

みんな受かるといいね
そう言って娘は
感謝と決意を記した絵馬を
絵馬所の隅の方に
そっと掛け下げた
 

ふける

 投稿者:マスタードメール  投稿日:2019年 1月16日(水)00時42分13秒
  つもりつもる
僕は僕が
わかるかな

すがりすがる
誰とならば
わかるかな

めぐりめぐる
明日になれば
わかるかな
 

僕空同盟

 投稿者:たゆたえども  投稿日:2019年 1月15日(火)23時34分10秒
  ある日
僕は空と同盟を結んだ
その名も僕空同盟
約束はたった一つ
感情を共有すること

雨降る夜に
僕は悲しみにくれながら
傘をさして夜道を歩いていた
ザーッと傘を叩く音の中
空のささやきが耳元でかすかに聞こえた

私があなたの悲しみを共に背負いましょう
その代わり
あなたも私の気持ちを受け止めてくれませんか

小さく弱々しいが 心に刺さる強さを持った声だった

私は無言のまま
橋の上に立ち止まり
おもむろに傘を閉じた

じっと空を眺める
雲のすきまから
ひょこっと顔を出す三日月
大きな空の 額の深く小さな傷跡を
僕はそっと撫でた

僕は広げた右手を高く上げ
空と固い握手を交わした
同じ悲しみを背負った僕らは
盟約を結んだ
 

せいちょう剤(評はなしでお願いします)

 投稿者:@すみっこ  投稿日:2019年 1月15日(火)22時48分37秒
  これも一つ飲むんだよ
せいちょう剤だよ
知らないのせいちょう剤
漢字教えてって
まさかでしょ

整えるに小腸の腸だよ
習ってるでしょ
整えるって
整理整頓の整だよ

そっちかぁって
なんだと思ったの
嘘でしょ
もう一つの方ってあり得ないから

医者が風邪で成長剤出すなんて
聞いた事ないから
あんたさ成長したいからって
そこまで悩んでるとは知らなかったよ

もう一回漢字教えてって
だから成人の成に長いでしょ
違うそっちじゃないって
言われる前に

あんまり成長し過ぎてもしょうがないから
一粒で大丈夫だよって教えたら
可笑しくてしょうがない
ゲラゲラ笑っちゃう

整腸し過ぎってあるのなんて
真面目に聞いてくるし
さぁねぇ
どうでしょう一粒だけ飲んでおけば

良かったね一つ成長したね
何そっちの成長には
興味が無いだって
そうかぁ身長が欲しいのよね

あんたはさては
前々から成長剤が欲しかったんだな
 

嘘をつく私を

 投稿者:もくメール  投稿日:2019年 1月15日(火)20時54分46秒
  愛のない私をお許しください

情のない私をお許しください

心のない私をお許しください

信じない私をお許しください

涙のない私をお許しください

嘘をつく私をお許しください

与えることのない私を

どうか 神さま お許しください


言葉を振りかざす私を

憎悪に縛られる私を

楽しむことのない私を

食べつづける私を

逃げつづける私を

認められない私を

あなたをなくしてしまった私を

どうか 神さま お許しください
 

偽る

 投稿者:あさぎメール  投稿日:2019年 1月15日(火)20時17分40秒
  花が咲いた
でも、気づいていないことにする
気づいたと知られたら
あなたは散り始めてしまう

私に
一番きれいな姿を
見せようとしてくれるから
私に
気づいたら
あなたは安心して力尽きてしまう
私は
きれいなあなたを見ていたいの
儚くて優しい中に
全てを込めたあなたを

ごめんね
 

/1421