投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


葉月 祐 様

 投稿者:山下 一歩  投稿日:2018年10月20日(土)14時03分55秒
  お久しぶりです
この度は「あきたの文芸」詩部門入選おめでとうございます
この会へ参加されている方が賞をとられる事は本当に嬉しい限りです
前にどなたかが賞はひとつの勲章になりますと言われた事を思い出しました
これからもさらに高みを目指されて良い作品を作られて下さい
末席から応援させて頂きます
これからも宜しくお願い致します
 

お言葉をありがとうございます!

 投稿者:葉月 祐メール  投稿日:2018年10月20日(土)14時01分40秒
  澤 一織さまへ。
お祝いのお言葉、ありがとうございます!
むしろこちらが、いつも新作からエネルギーをもらっています。。毎月ありがとうございますううう(感謝!)
実は未だに「これは夢ではないだろうか?」と心配になるんですが、やっぱり現実のようです。
自信を持ち、胸を張れるような作品を、これからも書き続けていけるよう、励みますね!
澤さんが描く、メッセージ性の強い作品を目指して。自分の強みを活かせるように、言葉と向き合っていきますね!
これからもどうぞよろしくお願いします!ありがとうございました!

くれさまへ。
お祝いのお言葉を、ありがとうございます!
くれさんから一番多くいただいたアドバイスは、「推敲について」です。
投稿作を書きながら、終わりが無い作業であると、改めて感じていました。
今回こうして結果を残せましたが、推敲は永遠の課題として、
詩だけではなく人生にも通じるものとして、
これからも向き合っていきますので、どうぞ、よろしくお願いします!
(なかなかくれさんへの投稿がかないませんが、評は欠かさず読ませてもらっています!ありがとうございます!)

三浦 志郎さまへ。
あたたかい言葉を、ありがとうございます。
はじめてここに来てから、一番多くの作品を投稿し、三浦さんに評していただき、
また、感じていただきました。初投稿も、三浦さんでした。。評なしとして感じていただいた「ノンフィクション」は、今も宝物です。
今回の挑戦、思い入れのある木について感じたものを書きたかったこと、
そして、「ここにも詩を書く人はいます」という事を伝える為の投稿でした。まさか受賞に至るとは思わずで、……やはり嬉しいのです。
来年は、もう一段上へ、を目標としています。これからもこのレールを歩んでいきますので、
どうぞ、よろしくお願いします!ありがとうございました!

沢口 リリキさまへ。
リリキさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!
三浦さんへのコメントにも書いた夢はもうひとつあって、リリキさんにこんな報告をする事でした。ようやく叶えましたよ!
仰るように、秋田には詩人会はあるし、たとえばH氏賞を受賞された十田撓子さんなど、詩人の方はおられますが、関東や関西、他県と比べると、そのような詩に関するアナウンスはなかなかありません。今回チャレンジして本当に良かったです。
詩を書き始めてから、「夢は叶えるもの」に変わりつつあります。
これからも、なりたい、やりたい、叶えたいと思ったら、トライしていきますね、
お互いの道を頑張りましょうね!これからもどうぞよろしくです!ありがとうございました!
 

島 秀生さまへ。

 投稿者:葉月 祐メール  投稿日:2018年10月20日(土)13時20分20秒
編集済
  島さん、

この度は「あきたの文芸」詩部門入選への、あたたかいお言葉をいただきまして、
誠にありがとうございました。

はじめての公募は非常にハードルが高いものでした。
「60行」の中に、言いたい事、見せたいものを詰め込まなければなりませんでした。
また、ギリギリまでやるかやらないかでも迷ったので、
「今でもやらなければ一生やらない」と考えて挑戦し、今回の結果となりました。
このような報告ができて、わたし自身、とても嬉しく思っています。

また、初投稿からお世話になってきた評者の皆さま、共に投稿をしてきた皆さま、
新作でご一緒させてもらっている皆さまからも、常に学ばせていただき、
自分ひとりではたどり着けなかったとも思います。
また、いつもサイトや掲示板を管理・運営し、評者としてもお世話になっている島さん、
本当にありがとうございます。皆さまも、これからもどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

全受賞作は、毎年ダウンロード型の電子書籍として、後に閲覧が可能となるようです。
他の皆さんの作品を読めるのがとても楽しみです!


普段立ち寄る公園に、「シロヤナギ」という木があり、今回はその木をモチーフに
「二百年分のねじれ」という作を投稿しました。
国内で二番目に大きな、樹齢二百年以上の巨木です。今日も撮影してみました。
 

葉月 祐さまへ

 投稿者:沢口リリキメール  投稿日:2018年10月20日(土)10時40分0秒
編集済
  この度は、あきた県民文化芸術祭2018「あきたの文芸」詩部門入賞おめでとうございます。
秋田県には沖縄県同様、詩人会的な活動の場、交流などが中々無いかと思います。
このような文芸の場があることは喜ばしいですね。
そして何よりも挑戦し、本領発揮し、実証したことに、お祝いを申し上げます。
祐さん、さらなるご活躍を!
 

葉月 祐様

 投稿者:三浦志郎メール  投稿日:2018年10月20日(土)06時30分37秒
編集済
  この度は「あきたの文芸詩部門」受賞、おめでとうございます。
ここに登場されて以来、ずっと注目してきました。
あなたは詩を書くのみならず、他の多くの詩も読み、自らの栄養とされてきました。
その背景には日頃の努力と深い探求心があったと推察されます。
今回は、こういった姿勢はいつか必ず報われる事を証明したことになるでしょう。
他の多くの人々へ勇気を与えるものになるでしょう。
今まで読ませて頂いた者として、今、大変うれしく思っております。
どうぞ、これからもご活躍、ご発展されますように。本当におめでとうございました。
 

葉月 祐 さんへ

 投稿者:くれ  投稿日:2018年10月20日(土)06時11分1秒
  あきた県民文化芸術祭2018
「あきたの文芸」詩部門で入賞、おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。
 力量あるところに日頃のご努力の結果だと思います。
引き続き書き続けて下さい。
 

葉月 祐 様

 投稿者:澤 一織  投稿日:2018年10月20日(土)02時15分26秒
  この度は、あきた県民文化芸術祭2018「あきたの文芸」詩部門の入賞、おめでとうございます!
すごいです!掲示板を開いたら島さんのお知らせが書いてあり、思わず書かせてもらいました!
今後とも色々学ばせてください!おめでとうございます!!!!!
 

あぁ、

 投稿者:色鳥々  投稿日:2018年10月20日(土)00時07分20秒
  あぁ、
あぁ、またか
また待つのか

キミからの便りを待ち
アナタからの便りを待ち

わたしは一体
誰に必要とされているのだろう
 

皆さんにお知らせ。

 投稿者:島 秀生メール  投稿日:2018年10月19日(金)23時21分41秒
編集済
  葉月 祐 さんが

あきた県民文化芸術祭2018
「あきたの文芸」詩部門で入賞されました(上位6位以内)。

葉月 祐 さん、おめでとうございます。


凄い!!!


 

さくらんぼ

 投稿者:森山桃子メール  投稿日:2018年10月19日(金)22時58分10秒
  2つでひと房さくらんぼ
1つ頬張り膨らんで
甘い蜜に赤らむ頬。

も1つはあなたにあげましょ
さくらんぼ
種は食べては嫌なのよ。

甘いお蜜に隠された
少しの酸っぱい
苦労の証

お日様浴びて
真っ赤に焼けた
2つでひと房さくらんぼ。

私とあなたもさくらんぼ
真っ赤に染まって
まん丸実る。
 

/1339