<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


夏を聴く

 投稿者:鈴鳴すずしろ  投稿日:2020年 9月17日(木)02時07分58秒
編集済
  ひょんな事から思い出の名前を知った

BGMで流していたクラシックから
幼い日の恋慕が聴こえて
僕は思わず顔を上げた

YouTubeの動画を止めて
タイトルを慌てて確認する
ベートーヴェンのピアノソナタ
第八番『悲愴』第二楽章
そんな重々しいタイトルだったのか
思わず苦い笑みが零れた

幼い夏に想いを馳せる
彼女の家は小さな古着屋で
夏の日差しから逃げようと
古着の後ろに隠れるようにして
僕達は毎日遊んでいた

玩具のピアノを鳴らしながら
この曲だけ弾けるんだよ
なんて言って笑う
貴女の背中にもたれかかって

拙いピアノの音色
遠い蝉の声
微かな息遣い
少し高鳴った心臓の音

柔らかなその背中から
僕は夏を聴いていた

叶うことなく終わった恋慕を
僕は『悲愴』だなんて思わない
叶ってしまったら
手に入れてしまったら
そして
それを失ってしまったら
あの夏の貴女に
こんなに安らかに恋焦がれることなんて
きっと出来なかっただろうから

僕は窓を開けて
ベランダの手すりにもたれ掛かる
煙草のミントが妙に甘い
あの夏よりも
少し容赦の無い太陽が
変わらない蝉の声が
久しぶりに再会した旋律に乗って
ひとつ足りない体温を探しに
未だに色褪せない記憶の中へ
穏やかに溶けだしていった








齋藤純二様、お久しぶりです。
前回評をして頂いたのが2019年の2月ですから、およそ一年半ぶりということになります。
前作「台風少女」の際、大変良いご感想と共に続編が読みたい、と仰っていただけましたね。
長らくお待たせ致しました。本作がその続編に当たります。
楽しんで頂けますと幸いです。
 

ありがとうございます

 投稿者:九丸(ひさまる)  投稿日:2020年 9月16日(水)22時26分55秒
  雨音様
評をありがとうございます。
きゅうまるで構いません笑
九→ひさ じゃ変換できないですからね。
ちなみに、うちのキジトラの名前です。
九月に飲み帰りに拾ったので。
詩を書き始めて一年くらいが経ちました。
雨音様含め、評者の方々には大変感謝しています。
毎度のことながら、これって詩か? との疑問もありますが、
書き始めよりも変わってきたのは、読み返してみれば確かで。
また一年後、良い方に変われているよう頑張ります。
体現止は注意します。
いつの間にやら気づかぬうちに多用してました。
また、よろしくお願いします。
ありがとうございました。

青島 江里様
評をありがとうございます。
ゴクゴク飲んでいただけて、嬉しいです。
青島様の評終わりのお言葉にもありましたが、
今年は季節らしいイベントものきなみ中止で、
うちの県も海、川、山でおこなわれる三大花火大会見れず終い。なんか、区切りがつかずに勝手に秋だと言われたって……。
そんな気分です。
そんな感傷含めて、いろんな心情がシンクロして
この詩になりました。
いろいろ読み取っていただけて、とても嬉しいです。
また、よろしくお願いします。
ありがとうございました。
 

言葉、一つ

 投稿者:九丸(ひさまる)  投稿日:2020年 9月16日(水)22時01分54秒
編集済
  秋晴れを予感させる朝陽と
シャツの裾を揺らす
爽やかな風
公園を二人歩き

どうだい?
こんな日は気持ちいいだろ?
でもね
あなたが放ってくれた
とても短い言葉
それはね
こんな日よりも
はるかに気持ちいいんだよ
そうだなあ
だいぶ先にはなるだろうけれど
多分
走馬灯で思い返されるくらいにね

 悲しみに
 手繰り寄せられるように歩くよりも
 手探りでも
 幸せを手繰り寄せるように
 歩きたい

こんなあたりまえのことを
気づかせてくれたのだから

ほら、見て
池の鯉がざぱっと顔をのぞかせた
とても気持ち良さそうだ
ずっと水の中じゃあ
退屈だったんだろう
水面越しの景色に飽きたんだよ
見える世界なんて
簡単に変わる
たった一つ
言葉があれば

きっと
鯉もそれに
気づいたんだろうね
 

ともりん さんへ

 投稿者:齋藤純二メール  投稿日:2020年 9月16日(水)22時01分37秒
編集済
  了解です!
はい、こちらの方がいいですね!

https://mobile.twitter.com/mydear2000s

 

齋藤さまへ

 投稿者:ともりん  投稿日:2020年 9月16日(水)20時03分39秒
  すみません。
「アンドガール」を少し編集しました。
評と感想は、今表示されている方でお願いします。
 

アンドガール

 投稿者:ともりん  投稿日:2020年 9月16日(水)18時27分0秒
編集済
  お気に入りのファッション誌が休刊する
ショックだなぁ
見やすくて
あーこれ着てみたい!
っていう、ときめく服が
たくさん載っていたのに

職場に持っていって
休み時間に広げて
皆であーだこーだ言っていた
それほど前じゃないのに
なんだか懐かしい

大好きな片想いの彼が
指差した好みのモデルさんは
私と違うタイプだった
ハートが静かに切なく揺れた

でも、そんな時間も
かけがえのない思い出

お疲れさまでした
そして、ありがとう

読者(私)たちは永遠の“ガール”です
 

Kazu. 様へ

 投稿者:埼玉のさっちゃんメール  投稿日:2020年 9月16日(水)17時15分46秒
  評価の御礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
評価を有り難うございます。
ゴンドラを見ながら、思いつきで書いてしまった所が多々ありました。
次回作は、拘りを持ちながら詩を書いていこうと思います。
次回も、評価を宜しくお願い致します。
 

島秀生様へ

 投稿者:埼玉のさっちゃんメール  投稿日:2020年 9月16日(水)17時10分12秒
  評価の御礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
評価を有り難うございました。
歌手と、ファンについて詩を書かせて頂きました。
次回作は、共感をして頂けるように詩を書いていきたいと思います。
文体が良くなってきたと言って頂き有り難うございます。
 

青島江里様

 投稿者:鈴鳴すずしろ  投稿日:2020年 9月16日(水)08時51分40秒
  感想及び評の方、ありがとうございました。

私の世界は私の手の届く範囲にしかありません。
化石は世界中にいくつもありましょうが、私の手の中にあった化石はそれひとつだったのです。
それが私の世界にある化石の「実像」の全てだったのです。
私の世界に現れた潜水艦が既に沈没船では、悲しいではないですか。
私も一緒に泳いでみたくなりまして。

改めまして感想及び評の方、また沢山のものを汲み取って頂きありがとうございました。
今後とも、何卒宜しくお願い致します。
 

沢口リリキ様

 投稿者:@すみっこ  投稿日:2020年 9月16日(水)08時48分15秒
  投稿作に丁寧なご批評を下さりありがとうございます。
確かに平坦で感想で終わってしまいました。沢口さんが言うように間に入れられたら良かったと思います。
ただ、うーんそうですね、何もなくって。でも、私の記憶では初めて鬱陶しいと思ったのと、誰もいなく静けさを通り越して不気味さを感じました。私の内部からなのか、外だけなのか。沢口さんのアドバイスを参考に推敲してみます。
ありがとうございました、また書けましたら宜しくお願い致します。
 

/1825