<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おもち

 投稿者:じじいじじいメール  投稿日:2021年 1月 7日(木)12時33分38秒
  ママといっしょに
おもちをやいた

アミのうえで
ひっくりかえして
ひっくりかえして
たのしいな

プ~って
ふくらんで
できあがり

しろくて
おこげもついて
おいしいな

プ~ッてふくらんだ
おもちがね
ママのほっぺに
ソックリっていったら
ママのほっぺも
ふくらんだ
 

微笑み

 投稿者:じじいじじいメール  投稿日:2021年 1月 7日(木)12時31分19秒
  いつもの場所で
いつもの時を過ごしている
変わったことは
微笑みが一つ増えたこと

小さな微笑みは
輝く瞳を私に向ける
濁りのない瞳には
何が映っているだろう
これから何が映っていくだろう

小さな微笑みの
紅葉に指を添えてみた
私の指をそっと包んでくれた
紅葉は鼓動を打って
生命(いのち)の温もりを
私に教えてくれる

小さな微笑みに
僕らは何かを教わるだろう
星の数より教わるだろう
どんな時も輝き続ける小さな瞳
どんな時も温もり続ける小さな紅葉

あなたが微笑み続ける限り
あなたの瞳が輝く限り
僕らはあなたと歩み続ける
僕らが遠い彼方へ旅立ったあとも
あなたは微笑み忘れずに
あなたは瞳を輝かせ
前へ歩いていけばいい
僕らはあなたの温もりを
忘れないから
僕らはあなたの輝きを
忘れないから
ずっとずっと永遠に
 

kazu.様

 投稿者:エストリン  投稿日:2021年 1月 7日(木)11時13分18秒
  評をありがとうございます。
そうですね。
しょうがい者という表現でいいのでしょうか。
障碍者という表現もあります。
迷っています。
どうでもいいことではないのですが、
なかなか
表現を変えるのは勇気が
第一歩が難しい。

今度はこのどちらかにします。
ありがとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
またよろしくお願いいたします。
 

同時代人

 投稿者:キャベツ  投稿日:2021年 1月 7日(木)05時49分59秒
  あなたが何人もいる
ケラケラ笑う
どこかへ行ったと思ったら
ポケットから顔を出す
と思えば遺跡に
犯罪記録に
レセプションに
骨と皮膚の間に
ドアノブに
浴室に
レコードショップに
山頂に
カサカサの唇に
ごつごつした岩の苔に
暴走する風の中に

流れる

同じ時代に
存在する
息を吸って
吐いている
今も

 

ピロットさんへ。

 投稿者:三浦志郎メール  投稿日:2021年 1月 7日(木)05時15分54秒
  「厨子」で了解です。「逗子」だと地名ですね。  

「椿鈴」訂正

 投稿者:ピロットメール  投稿日:2021年 1月 6日(水)22時34分7秒
  ピロットです。
先日投稿した「椿鈴」内に誤字がありましたので訂正お願いします。
申し訳ありません。
13行目
逗子の中で→厨子の中で
 

途中のクライマックス

 投稿者:夏宝洛  投稿日:2021年 1月 6日(水)22時00分49秒
  地上が
中々
元気を出さないので
せめて夜空はどうかと
ポラリスに訊ねてみる

すると
こぐま座あたりから
そろりと降りてきて
銀河にまつわる
あれこれを語ったあと
悲しみが栄えた時代は
ないからと
元気をくれた

かつて
北極星は
船乗りの
指標だった

古代エジプト時代
りゅう座のトゥバンが
北極星として盛衰し
やがては
未来
こと座のベガに
引き継がれる

まさに
銀河は動いている

それなのに

宇宙には
時間の概念が
ないという

混雑した頭の中
物理学者の定義を
否定する


日が昇り
夕暮れが訪れる
仕方なく過去を振り返り
ハッピーニューイヤーと
はにかむ

それでも時間が
存在しないのなら
それは
それで
かまわない

だって
十日あまりの月が
途中のクライマックスを
楽しんでいるから
丸くなろうとする
月こそ
本当は
一番
美しいんだ

十三夜を
待ちあぐむ月

感動の途中に
時間の概念など
なくて
いい
 

《正偽》

 投稿者:星寂 海鳴メール  投稿日:2021年 1月 6日(水)20時50分34秒
編集済
  正しい事を
幾つ尽くしたら
貴方は満たされる?
笑えるような心を
持たずにいる人に
分けては増えてく
優しさの輪さえ
いつかくたびれて
いずれ廃れてく
誰かがか貴方に
「無駄だよ」って言ったて
挫けても貴方は
きっとやめない
割れていく優しさも
ほつれてく希望も
きっと貴方は
繋ぎ止めてくれる
私は貴方じゃない
そして”誰か“でも無い
偽りの正しさを
貴方は繋いでく
止めはしないけれども
助長もしない
違う存在を
否定はしない
 

箒星

 投稿者:よしおかさくらメール  投稿日:2021年 1月 6日(水)14時56分26秒
  小鳥の羽ばたきがやまないのを
そういうものだからと
重たい鍋蓋か何かで押さえ込んで
静かにさせてしまい
俺も同じ
などと間違っても言わない口に吸われ

赤い顔を
俯いて笑っただけの結果を大切に
大切にしている

暗く冷たい浜辺をとぼとぼ歩いて
もう冒険にはついていかない
波頭をただ眺める
遠く 離れて

斑鳩は君の寝息
風化した岩陰から離陸して
空撮は鳥の目
改めた大きな吐息に波動がぶれる

果てしなく落ちて行く箒星よ
 

ウォーターフォール

 投稿者:キャベツ  投稿日:2021年 1月 6日(水)03時24分52秒
  出会ってしまうのだ
一度も汚れたことのない
音楽に
眩しすぎて
吐き気を催すほどの
強烈な
誰かの日常
私はただ
滝を眺める
観光客のように
どうしたって
辿り着けない
現象を前に
涙を流したり
むせかえったり
しながら
この現象もまた
何かではあると
言い聞かせながら
 

/1900