投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


感想と評 5/3~5/6 ご投稿分

 投稿者:三浦志郎メール  投稿日:2019年 5月 9日(木)16時26分47秒
編集済
  @すみっこさん「春の雨」 5/3

詩の始まりとしてはちょっとした意外性がありいいですね。まず、空間というか、隔たりを置いてみせます。僕はこの初連を大切に思いたいわけです。次に続く春の雨描写。春と親密な物を連想ゲームのようにピックアップすると…たとえば、花、風、空、晴れ、みたいな感じで、雨はやや疎遠か?まして、桜真っ盛りの雨はあまり歓迎されませんが、ここでは雨を非常に好意的に捉えているのが微笑ましくも魅力的です。とりわけ「田舎の風景」「幼い頃の帰り道」「遠くを眺めて」など、@すみっこさんの中で、遠いイメージ、遥かな世界が育っていくようです。読んでいて、心懐かしく、しっとりと癒される詩であることがわかります。「です・ます」調の柔らかさも影響しているでしょう。これで充分良いのですが、僕の場合、もうワンポイント欲しくなる。冒頭書いた初連の件です。ここだけ何処にも繋がっていかないのは、いかにも惜しい。仮想追加部分を設けてみます。

そんな春の雨も悪くはないですか

そちらも
雨が降っていますか

そしてわたしは願うのです
あなたも
同じ想いで雨を見ていることを

こうすると、単に雨の情景に留まらず、隔たった二人の情も込められそうです。一粒で二度おいしくなるかな? まあ、好みの範囲ではありますが、参考までに。
甘め佳作と致しましょう。


司 龍之介さん「暁の朧月」 5/3

後述する三点の不思議部分を除くと、総体として、古格で端正な味わいがあります。加えて暁という時間帯、朧な月という対象が幻想的雰囲気を醸していていいですね。「夜を駆け飛ぶ夜鳥たち」は「夜」がダブリ気味なので、かわしておきたい。たとえば「夜を駆け飛ぶ怪鳥たち」とか「闇を駆け飛ぶ夜鳥たち」など。4連「長きかろう」とは言わないですね。打ちミスでしょうか?「長かろう」で。
次に冒頭書いた不思議部分です。、まず「御手洗」。トイレ?それとも御手洗さん、人の名前?おそらくこれは神社などに良くある、参拝前に手や口を清める水場のこと?転じて、その行為そのもののことでしょう。俸禄は宝禄とも書くと、外れくじの供養所だそうです。そして最後の不思議、いきなりの令和時代への言及。これらを総合して推測すると作者は一夜明けて令和となった暁の時間、ひとり神社に参拝したものと推測されます。(けっこう元号替わりで神社に行った人はいたようです。僕も行きました)こうすると僕の中でようやく繋がるような気がします。これらの単語はもう少し伝わりやすく表現するか、列外に注釈を付けたほうがいいかもしれないです。佳作一歩前で。


キャベツさん「見えない宮殿」 5/4

キャベツさんの中では、文体・モチーフ表出が比較的正統的なものに属するでしょう。
この文意は平文感覚で読むと全くナンセンスなんです。しかし詩の世界ではこのように成立してしまう。詩に組み込まれた時の言葉の魔術性のようなものをキャベツさんは知っていて、それを巧妙に味方に引き込む。鮮やかに操ってみせる。結果、これもひとつの“キャベツワールド”でございます。ところで、この詩の焦点はタイトルが何を隠喩しているかに尽きるでしょう。謎を仕掛けてきましたねえ。たとえば実在を重んじる自然科学では手に負えないんです。むしろ人文科学の領域に入っていると思う。たとえば思想・哲学・宗教。宗教で言うならば、神や仏に深く帰依する者は、それらの主がおわす領域に自分もいることを意識し―言ってしまえば―ギリギリのところで、そんな者は現在存在しないと知りつつ、すがるように思う(=この詩で言うところの「としか思えない」)。たとえば僧侶は会ったことはないけれど「阿弥陀さまは、これこれ○○□□で、みなさんに…」と、あたかもいるような法話をなさいます。そんなニュアンスに近いような気がします。
そもそも、ここに多用されている「~としか思えない」は「そんなものは存在しない。見えない、わからない、掴めない、そんなことはわかっているんだが、それでもなお信じたい」といった願い・祈りがほの見えるかのようです。この詩には皮肉等はなく、あくまで真理を探究するような生まじめさを感じるのです。佳作を。

キャベツさん「宇宙お悩み相談船」 5/5

まずキャベツさんというかたは、小型~中型サイズ内で一瞬差し込むような言葉・フレーズの斬新・珍奇・異相、軽み、愉快といったイメージだったんですが、こういうスタイルはちょっとズレる気がするんですがねえ。しかし、first timeとは誰しも難しいもの、評価の分かれるもの、バリエーションとして定着するには時間も積み重ねも必要でしょう。長い目で様子を見ましょう。ハイ、硬いことはここまでで。こちらは前作と違い、全篇ユーモアの中でやり取りされます。このあたりは充分キャベツさんらしさを感じることができます。肩こりをきっかけに話は意外な方向へ。すなわち、お金。「お金=物質」と捉えると、&&%\#gなるものはその対極にあるもの。生命体?(ああ、これも究極には物質か!)、だとすると、心や魂といったものでしょうか?このあたり、硬軟書き分けてはいますが、両作品が示唆するものには類似点もあるような気もしてきました。どちらも禅問答のようではありますが。ところで終わり方はこれでいいんですかね?こちらは佳作二歩前で。


ひらさかさん「贅沢な午後」 5/5

大変失礼な言い方なんですが、何の変哲もない午後なんです。こういうのを書くのは、かえって難しい。ところが、なかなか読ませます。3連なんて素晴らしいですよね!表現の妙があり、うっとりしてきます。このありふれた午後に変調をもたらすのは4連以降の突然の雨、そして雷。暗い部屋を映像と音が襲って来ます。そこの描写ですね。そして主人公は独り。前半は単調な、後半は珍しい午後のひととき。そんな時間を「贅沢な」としたところが僕は最も気に入りました。これはひらさかさんのセンスです。この落差の中に詩が潜んでいることは明らかでしょう。佳作一歩前で。


K2さん「無題」 5/5

初めてのかたです。よろしくお願いします。初回は評価抜きの感想です。
海に立つ蜃気楼というのは見たことがあります。確か新聞紙上の写真コンクールで。そこに見えたものが「見知らぬ町か山々~古里を思い出す」としたのは、この作品に見る最大の詩情と思われます。海を見やる時のある心模様の3連、今までの総括として書かれたような4連も素晴らしいです。僕が意外と重要視したいのは6連の「手帳に目を移す」なんです。ここに気持ちの振り切りが存在しています。今まで綴られて来たひとつの感傷。時には旅情。主人公は「そんなものに溺れてはいけないのだ」とばかりに投げ捨てようとする。努めて理性的なもの、客観的なものに気持ちを切り替えようとしたのかもしれない。そのいじらしさにも詩性は降りてくるかのようです。近い終着。主人公は都市を迎え入れる用意をするかのようです。この詩にタイトルがないのは残念ですね。後付けで構いません。飾ってあげましょう。また書いてみてください。


ケイさん「終わらない」 5/6

おもしろいタイトルです。ユーモアで包んだ自嘲とでも申しましょうか。今回、話題になった10連休が入っているのもタイムリーですね。これを読むと、人々はそれぞれの10連休(あるいは○日連休)を振り返ることでしょう。人の多さにうんざりしたのか、行列を作ったのか、怠けていたのか、有意義な休息だったのか?
もう一連、初連・2連と同じスタイルで「キミ」について触れてもおもしろそうです。そうすると終連へのブリッジになるかも。即興で、参考までに…。

全く終わりが見えないな
キミへの思いが終わらない
もっともこれは終わってほしくないんだな
怠けずキミのことを想い続ける
僕が好きなんだけどさ

読みどころはもちろん終連で、「こうあってほしい」という願いで締めくくられています。この考え、諒としたい。「怠けずに努めてきた~きっと報われるはず」。まさにその通りです。そうでない場合、どうなるか?ある小説のセリフを借ります。「世の姿は崩れ、人はけじめを失う」。 佳作二歩前で。


草香さん「足の声」 5/6

草香さんらしさ全開で佳作。(足の裏の)カユイ処に手が届きそうなモチーフであります。取り上げられた部位がなんともユニークです。UNSUNG HEROと言う言葉があり、直訳で歌われない英雄、意訳で縁の下の力持ち。まさに、足裏、文字通り縁の下の力持ちでしょう。そのパワー、矜持が示され、その報われなさ、甘んじ具合も語られています。その意味において2連の役割は大きく、ほぼ見事に言い尽されています。このあたりのポイントのつかみ方はうまいし、このサイズで無駄なくコンパクト化できてます。
「下からわたしを見ているのだ」―このフレーズは、もう「カッコイイ!」と表現するにふさわしい。


評のおわりに。

連休中に、久し振りに羽田空港に行って来ました。(搭乗ではなく見物)
第一ターミナルと第二ターミナルを“はしご”したんですが、同じ機種が多くてちょっと残念。写真も撮ったけどピンボケもあってちょっと残念。
その分、いっぱい食ったから、ま、いっか! では、また。
 

島秀生さま

 投稿者:レノン  投稿日:2019年 5月 9日(木)08時19分46秒
  いつも同じiPhoneからの投稿なので、投稿履歴が消えたのはブラウザを閉じたときにcookieが削除されたのかもしれません。教えて頂きありがとうございました。以後気をつけます。  

空がコバルトブルーだった日

 投稿者:@すみっこ  投稿日:2019年 5月 9日(木)01時25分32秒
  私は階段を駆け上がり
ワクワクしていた
なんて綺麗な色をしているんだろう

パレットに出された
絵の具を
そのまま塗ったような鮮やかさ
色ムラなんて勿論ない

朝から出来上がった
完璧な空に
心は吸い込まれそうになる

こんな空を見たら
聞きたくなってしまう

あなたの空は
今どんな青空をしていますか?
空っていつも同じじゃないですよね

吸い込んだ空気は
あの空に繋がっている
私自身がどんどん澄んでいく

コバルトブルーがどこまでも離れない
 

ともりん様、レノン様

 投稿者:島 秀生メール  投稿日:2019年 5月 8日(水)22時52分25秒
編集済
  ともりん様

作品修正の件、了解致しました。


レノン様

アスタリスク * * は、フツウに打つ分には入るはずなんですが、

他にも原因があるのかもしれません。

「??」は、2ヵ所ありますが、2ヵ所とも無視で読むように致します。


なお、「投稿編集」の機能はクッキーに依存してますので、スキャンとかでクッキーを削除してしまうと、
「投稿編集」が使えなくなります。
もしもコントロールがきくようでしたら、投稿後は1日、2日はスキャンはかけないで置かれたほうが
ベターではあります。

また「投稿編集」はMACアドレス(IPアドレスもかも)を読んでいるようなので、
投稿時と同じパソコン・スマホでないと、その記事の「投稿編集」は出ません。

いい機会ですから、ついでにお伝えをしておきます。


 

島秀生さま

 投稿者:レノン  投稿日:2019年 5月 8日(水)20時56分2秒
  5/7投稿の「息子の入院」ですが、5と6の間に アスタリスクマークをいれて「あかず ながむ」を挟んだつもりでしたが、うまく変換されず??となってしまいました。申し訳ありません。??は無視してください。 今 投稿編集が出来ませんのでこちらから失礼いたします。よろしくお願い致します。
 

島さまへ

 投稿者:ともりん  投稿日:2019年 5月 8日(水)20時42分43秒
  すみません。
先程投稿した「星は目映く」に一行付け足して、勝手に編集しました。もしよろしければこちらでの評価をお願いいたします。申し訳ありません。
 

贅沢三昧

 投稿者:ともりん  投稿日:2019年 5月 8日(水)20時12分8秒
  うぐいす餅、よもぎ餅…
新緑の山を見ると「美味しそう」と私は言う
みんなは笑う

清々しい5月の風
爽やかで優しくて
こんな季節に生まれたかったなぁ
欲張りな私はそんなことさえ思う

出勤の朝
緑の山を見ながら
私は私なりに贅沢をしているようだ
青空と緑のコントラスト
最高に気持ちのいい風
永遠には続かない
この短いしなやかな時間に
いつまでも身を寄せたくなる

生きているとこんな感動にまた出会いたくなる
そんな心もち…うぐいすもち…よもぎもち

景色も食べ物も美味じゃなきゃ!
うん!
5月は私にとってのスペシャルコースだ!
 

星は目映く

 投稿者:ともりん  投稿日:2019年 5月 8日(水)19時55分9秒
編集済
  今日は先生のお誕生日
三日前に届いた本はとってもきれいな装丁
年齢を重ねても活躍される先生は眩しい
少しずつ先生の思いを辿るように読む
私が同じ年になったら追いつけるだろうか
いや、無理だなぁ
そんな私の呟きを聞いたら仰るだろう

「人生、これからですぞ!」

その一言が、私の生きる希望です
 

タンポポの綿毛

 投稿者:耀子メール  投稿日:2019年 5月 8日(水)05時37分31秒
  セイタカタンポポの
群れ咲いている 散歩道
黄色い花が咲き終わり
白い綿毛が美しい

綺麗な球形の綿毛が
茎の先に花のような生まれている
綺麗だな タンポポ

その綿毛は
そっと手で触れただけなのに
風に乗って 空に飛んで行った

地面に張り付くように
咲いている蒲公英には
おなじみだったのに
今 目の前にあるタンポポは
高い 高い 背が高い
初めて意識した

いつも通っている道なのに
今日初めて意識した
「タンポポ」と「蒲公英」ぐらいに違うなと

身を屈めなくても
白くまあるいタンポポの綿毛に
触れることができる

黄色い花の後に咲いた
花のような白い綿毛に
次から次へと触れた
白い球が崩れるのが面白くて
次から次へと触れた

そっと触れただけなのに
白い球は崩れて
次から次へと
空に飛んで行った

タンポポの花は
この新緑の季節に旅に出たんだ
白い綿毛となって
風に乗って浮き浮きと
旅に出たんだ
楽しい旅だと良いね

私はもう旅に出ることもなく
いつもの道を歩き続けている
タンポポの綿毛に触れて歩くだけで
ほっこりしながら

 

息子の入院

 投稿者:レノン  投稿日:2019年 5月 7日(火)23時40分19秒
  1

襲い来る下腹部の痛みに
歩くこともままならず
病院入口で借りた車椅子
ぐったりと体を預け
乾ききった唇は色を失う
眉間に 鼻筋にシワを寄せ
それでも決して声を出さずに
歯を食いしばって耐え続ける

イタイノ イタイノ トンデイケ
飛び出した小さなイタイを捕まえて
丸めておだんごにして食べた
イタタタターとおどける私に
声を立てて笑った

もうこの手に
そんな力はないと分かっている
けれど
下肢をさすって願い続けた
触れた手から
こっちに移って来い
どんな痛みでも食べてやる
私が全部食べてやる

お願い!早く!早く!
声にならない叫びが
頭の中でこだまする
時間外受付の冷たい廊下


2

今日は雨が降りそうです と
天気図の説明でもするように
エコー画面を見ながら医師は告げる
「虫垂が破裂してしまってますね
この状態で手術すると良くないので
薬でやっていきます
入院は長くなりますね」

一方的に切られた電話
耳の奥に響く ツー ツー ツー
診察台の上
仰向けで天井を映す目は
そんな音を聞いているよう

ようやく板についた
レギュラーとしての役割
仲間とともに手に入れた
県大会への春切符
目前に迫ったその日のために
一日も休みたくはなかった
だから無理をした
我慢した

マニアイマセン
ツー ツー ツー

症状を伝えることすら難しい
掠れる声で
診察を終えた医師に君は言った
「ありがとうございます…」
無効になった
見えない切符を握りしめて


3

熱が上がる
薬はまだ来ない
苦痛に歪み続ける顔は
限界点に達したのか
何もないはずの天井に
怯えた視線を泳がせると
虚ろに焦点を無くす

痛みが右側でないからと軽視しなければ
夜中に痛み止めを飲ませなければ
朝の「大丈夫」を鵜呑みにして
学校へ行かせなければ
仕事を休んで
無理にでも病院に連れて行っていれば
どうしてあの時…
どうして どうして…
やり直せない残酷な事実が
何度も何度も心臓を抉ぐる

大丈夫 大丈夫だから
もう 目を瞑ろう と
開いたままの瞼を手のひらで覆う

いったい何を大丈夫と言うのか
この手は あまりにも非力だ


4

入れ替わり立ち替わり
医師たちは繰り返す
遅かった受診のタイミング
縮まらない入院期間
その度に
無音の悔しさを滲ませた目が
宙を見据える

一番痛い時が十なら
今は?
痛み止めを入れる前は九
今は七
八になり六になり
繰り返される質問と
徐々に小さくなっていく数字

投薬 検査 精密な数値の確認
少しずつ 少しずつ

熱をみようと額に手を置くと
拒むように頭を振った

「触んなよ!」

こんなにも嬉しい憎まれ口があることを
初めて知った


5

昨日の担当 今日の担当
朝の担当 夜の担当
看護師達は笑顔で話す
ポジションはどこなの?
かっこいいね
夏の大会には出られるからね
誇らしいのか 十四歳の処世術か
その度に
満点の笑顔で応じる

出口が見えたと思った矢先
十を超える苦しみは
前触れもなくやってくる
突然の嘔吐
途切れることのない激しい吐き気
朦朧とし
眠れたかと思うと
すぐに同じ苦痛に目が醒める
延々と続く
醒めない悪夢のような時間

辛さも 悔しさも
口に出さなかった君が
力なく横たわったまま
一筋の涙と一緒に絞り出した声
変声期のさなか
親とはぐれた幼児のように
か細く 切なく
一言だけ
「喉 が 渇いた…」

水を飲むことさえ禁じられた
長い長い夜


              ??

「あかず ながむ」

一台のベッド
一脚の椅子

遠くに聞こえる話し声
パタパタと通り過ぎる足音
鳥の子色のカーテンに囲まれて
白いシーツに横たわり
すぅ すぅ すぅ

枕に頰を押し付けて
握らず開かずの手の形
瞑ったまぶたの裏側が
時おり キョロ キョロ
夢の中は 忙しい?

眉根にきゅうぅとシワが寄る
きゅうぅ もう一回
泣きだしそうに見える
また 痛いの?
腰を浮かしてそっと覗く
三回目はなくて
ホッと背もたれに沈み込む

薄っすらと目が開き
小さく動いた唇が
水を求める
ストローで
ひとくち ふたくち
また 静かにまぶたが降りてゆく

髪を撫で
頰に触れたいけれど
今は眺めるだけ

体ごとゆっくりと向こうに向き
布団を引き上げ頭を隠す
百六十三センチの白い山脈は
同じリズムで高くなり 低くなり
穏やかに息づいて
すぅ すぅ すぅ

ゆっくり おやすみ

                      ??


6

その瞬間はいつ訪れるのだろう
君はどんな顔をするのだろう
私は何を思うのだろう

四人部屋に響く食器の音
食べ物の匂い
絶食中の身にも容赦はない
苛立つ君を誘って廊下に出る

点滴台を押して歩くのは
筋肉が削げ膝の皿ばかりが目立つ脚
ふたり夕闇の室内散歩
ロビーの全面ガラスが姿見になる

「あっ」
(あっ)
「母さんより でかくなった!」
わずかに口角をあげ
ふふんと
当然の時が来たとでも言うように
痩せて一回り小さくなった顔が輝く

ああ
君の細胞は
一秒も無駄にはしていない

ずっと待ち焦がれていたその瞬間
心に満ちたのは
ただ “ありがとう”だった


7

食べられるようになれば後は早い
医師の言葉どおり
みるみる回復する身体
同時に戻ってきたのは
つっけんどんな態度と物言い

うずくまる君を後部座席に乗せ
前のめりになって
ハンドルを握りしめて走った道
泣かない君を病室に残し
泣きながら何度も往復した道

やっとやっと
君を乗せてこの道を家へと向かう

あの日の痛みが十ならば
思い出す度に
胸のメーターは
グッと十の方へ傾く
根拠のない楽観と
身勝手な判断が招いた
悔やみきれない過ち
絶対に忘れてはいけない

後部座席には
半袖に着替えた君がいる

開け放った窓から
病室には届かなかった
初夏の匂い
日差しを浴びてキラキラと揺れる
若葉の青を溶かして
澄んだ風が
生意気坊主の頬を
やさしく撫でていく
 

/1506