投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本八幡の夏

 投稿者:小林大鬼  投稿日:2018年 8月 3日(金)02時39分39秒
  八百屋の軒先で
擦り寄って来て
僕の足元を
回る三毛猫

自転車のおっちゃんが
話しかけて来る
 

島さんへ 2品

 投稿者:KIKI-TA  投稿日:2018年 8月 2日(木)20時55分0秒
  以前にお世話になっていたKIKI-TAです。覚えていらっしゃいますか?
とっても久しぶりに島さんのお声を聴きたくなった、公共のまな板の上にあげて眺めてみたい、などの思いが、この暑さのせいでしょうね、ふとよぎり、この半年の間に書いた2品ほど掲載します。ご負担なくご意見賜れれば嬉しく思います。この2年あまり、60歳を前にしてのリストラ、転職、全く違う環境、コミュニケーション、親の認知症や糖尿病など、心の平衡を保つのも大変な毎日になってしまいました。何とか哀楽哀楽でやっています。MY DEARの皆さまの、其々の願いが叶いますよう願いながら。KIKI-TA。


ある力学Ⅶ

折り紙を折って 青い紙ひこうきを作って
机の窓からその紙ひこうきを空に投げる

紙ひこうきは
空のなかの一点となって 真っ直ぐ直線で
飛んでいくはずだったが
青い背をみせて 左に旋回して戻って来て
しまった

紙ひこうきを旋回させたものはカゼ?
流れてきた何億という カゼの粒子?

紙ひこうきはそれからずっと
机の上で空を見つめている

日々窓ガラスを通過して降ってくる
何億という光りの粒子
打たれ続けていくことは
粒子に打たれ続けていくことは
辛くないこと?
少しずつ赤くなっていく紙ひこうき
打たれ続けていくことは再生出来ないもの
にとっては辛いこと
青色は紫に変色し始めている

裏面も少しずつ黄ばみ始めていて パサパ
サになっている

みずみずしいうちに空の彼方に飛んでいく
紙ひこうき
せめて青いピンで止めてあげて
永遠の壁いっぱいに飛翔させてあげる


ある力学Ⅱ

おい待ってくれそっちへ行くな 見えなくな
ってしまうだろう そこに隠れるな 境がな
くなる 見分けがつかないじゃないか

あなたは何を見ているの わたしはここにい
るわ 目が悪いのかしら ご病気かしら 笑
ってしまうわ わたしを目で追いかけること
自体が無駄なのよ 僅かな周波数しかとらえ
られないことがまだわからないの

あなたが欲しい わたしには必要なんだ 行
かないでくれ 癒されたい あなたの存在で
ひかりで 生まれ続けてきたいのちの要求を
受け止めてくれないか

そうではないわ わたしはいつもあなたの周
りにいる あなたの根源を支えている あな
たは 見えるもの 触れるもの 聞こえるも
の 振動するものしかわかってくれないけれ
ど あなたを通り抜けることもできるわたし
にあなたは気が付かない

なあ 世のなかは曲線ですべて出来ていると
教えてくれたのはあなただったよな 直線と
いうのは幻想で 目で見て 耳で聞いて そ
れはわたしたちの幻想にすぎないと でも
わたしたちは正確に曲線を引くことすらでき
ないんだ

いいじゃないの わたしはいつもあなたのそ
ばにいて あなたのなかも通過して あなた
を支えるわ あなたがこれから 見ようと見
まいと それはわたしの等しい母性なんだわ





 

月と火星と

 投稿者:耀子メール  投稿日:2018年 8月 2日(木)18時10分26秒
  昨夜は
地球と火星が大接近
最後まで見届けようと思い
寝室の窓のカーテンを開けて寝た
しかし
いつのまにか眠っていた

今夜は
夜空に白く輝く月と
赤く浮かんでいる火星とを
双眼鏡でみた
天体望遠鏡を欲しいという
熱が冷めた訳ではないが
取り敢えず 双眼鏡だ

肉眼で見ている
真夜中の空
それも美しいが
双眼鏡で見た
月と火星にも感激した
宇宙に広がっている
神秘的な世界
そしてその中の星の一つとしての
私達の地球

人類初有人宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンは言った
「地球は青かった」
私にはたった1つのこの青い美しい星が
平和であってほしい
いつも いつも いつも
平和であってほしい
ガガーリンにはこんな言葉もあるという
ジョークの中の1つのようだが
「しかし、どこを見回しても神はいなかった」

神秘的な宇宙の下には
厳然として人間の世界がある
この祈りが空しく響く現実
国と国との不協和音
地球全体を侵し続ける異常気象
「神はいなかった」の言葉が
ジョークでないかも知れないと
ふと思った


 

(無題)

 投稿者:万年店長  投稿日:2018年 8月 1日(水)23時11分53秒
  恋は人を狂わす
喜び・怒り
哀しみ・楽しみ
そこには
下心があるから

だから人は
恋に溺れる

溺れた先に
何があるか
誰もわからない

だから人は
恋をする
 

おにぎりの詩

 投稿者:ゆき  投稿日:2018年 8月 1日(水)22時20分36秒
編集済
  家ではおにぎりを男が握る

今年から兄の手慣れた形の他に
甥の握る少しぶ格好なものが加わった

小さい頃は何処でもそうだと思っていた

シャケや梅干しにおかかの
具を入れてはち切れんばかりの
沢山のおにぎりは
いつも楽しい思い出に変わる


 

そっとしておく

 投稿者:中里紺鉄メール  投稿日:2018年 8月 1日(水)08時09分23秒
  そっとしておくをしてくれてありがとう
なかなかげんきがでないとき
ぼーっとしてしまうんだ
まだきもちがざわついて
うまくはなせないとき
そっとしておくをしてくれたんだね

そんなときは
空気に若葉が満ちて
春のような暖かさで
さりげなくさりげなく
芽がでるのを待ってくれてるんだね

僕が種に戻っている時は
固くて小さくて
ころころ転がるけど
また花が咲くのを
知っていてくれてるんだね

そっとしておくをしてくれてありがとう
なかなか今お礼を言うのは恥ずかしいから
ごはんを食べてからにしよう
そっとしておくをしてくれたんだね
 

一服の幸せ

 投稿者:耀子メール  投稿日:2018年 8月 1日(水)06時53分11秒
編集済
  今日は七月最後の日だ
まだ明るいデッキで
風呂上りの風に吹かれながら
夕食をとる
缶ビールを飲む
350ミリグラムの缶ビールも
飲みきれないな

おかずは野菜たっぷりだよ
だってお隣さんから新鮮な野菜を
たっぷりいただくんだ
ご夫婦で家庭菜園をやっている
100坪もの菜園を借りている
定年を迎えたその家の主も張り切って
作業に励んでいると

なんといっても家庭菜園は
一時勝負だ
一気勝負だ
採れた 採れたよ
今日も 採れたよ と
キュウリにトマトそれにナスにゴーヤが
我が家に運ばれてくる

私は 食べるよ 食べる
野菜を 食べる
食べるよ 食べる
体にいいよね
いいね いいね
お隣さん
どうも有難う

早朝の作業の後の
お風呂上り
隣家の主の
煙草タイムは
いつも玄関の外
部屋の中では吸えないんだね
ときどき
顔があって にやり

家庭菜園ご苦労様
極上の癒しタイムの 一服は
極上の幸せの 一つに違いない

 

斎藤さんへ

 投稿者:こたきひろしメール  投稿日:2018年 8月 1日(水)05時26分23秒
  感想ありがとうございました。  

斎藤純二様

 投稿者:中里紺鉄メール  投稿日:2018年 7月31日(火)21時06分55秒
  こんばんは、はじめまして。詩の感想をいただけてとっても嬉しかったです。
丁寧によんでくださってとても幸せです。
初の投稿でとてもドキドキしましたが、すごく楽しくて感謝の気持ちでいっぱいです。
ぜひまた投稿させていただきたいです。
よろしくお願い申し上げます。
 

テープ

 投稿者:あさぎメール  投稿日:2018年 7月31日(火)20時12分37秒
  傷口に貼ったうさぎ柄の絆創膏
痛いままだけど
ちょっぴり安心

お刺身のパック
側面に貼られたセロテープ
死を封じておいしそう

プレゼント包装紙
留めるテープ
募る焦燥感”邪魔だコイツ”

貼り間違えたテープ
テープでなくなる
誕生の瞬間だ
 

/1288